中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装またはエアクッション包装でお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

荻野文子の超基礎国語塾マドンナ古文―すらすら読むための文法講座 新装版 単行本 – 2001/4

5つ星のうち 3.5 50件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

主語を補う/逆説と仮定/疑問と反語/推量の助動詞(1)/推量の助動詞(2)/確述用法と「なむ」の識別/接続のいろいろ/願望の助動詞・助詞と「いかで」/「なり」の識別/「に」の識別/「る・らる」の訳し分け/敬語の初歩(1)/敬語の初歩(2)/「だに」の構文と「まし」の構文/演習問題


登録情報

  • 単行本: 245ページ
  • 出版社: 学研; 改訂版 (2001/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4053011035
  • ISBN-13: 978-4053011039
  • 発売日: 2001/04
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 50件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 161,935位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 久利生 投稿日 2006/4/29
形式: 単行本
私は、古典がある程度できますから、「超基礎国語塾マドンナ古文―すらすら読むための文法講座」自体は否定しませんが、あまり古典が出来ない方、もしくは独学で古典を学ぶ方には少し辛い。理由はこの本にはかなりのテクニックが必要で、東進生の方で荻野さんに授業を受けてる方にはわかると思いますが、実際に受けてない方には厳しいです。主に、助動詞の活用を取り上げておりますので、1冊で終わらせたい方は、東進ブックスの富井先生の本か、河合塾スッテプアップノートが最適です。現役生はよくマドンナ系統の本にたよりますが、大きな穴です。ただ、かいてあることは間違ってないので、偏差値でいうと50〜位から使用はいいとおもいます。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
高3です。4月になるまで文系なのに
古文が偏差値40も
ありませんでした(笑)
他の古文文法の参考書を試しても
全然理解出来なかったのに、
この本に出会ってから
180度変わりました。どうして
こうなるのかを説明してくれたり、
たとえ話や語呂合わせなど
(下ネタもありますが)
本当に分かり易かったです。
そして3ヶ月で偏差値65に。
古文が苦手な方。センターしか
国語を使わない理系の方にも
是非お勧めです!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
冒頭には、古文を読んでも数行読むうちにわけがわからなくなる人向けに書いたとあるが、実相は一通り古典文法をマスターした学生向きの上級者用参考書である。書店ではこの最初のあたりを読んで買う読者が多いはずである。しかし、数行読むうちにわけがわからなくなるようなレベルの、文法が全然わからない、もしくは、学習していない学生が、いきなりこの書物の説明を読んで理解できるであろうか。本書の説明はある程度の文法的基礎知識があることを前提としている。

上級者にとっての本書の有用性については否定するものではないが、全く古典文法がわかっていない学生が購読しても途中からさっぱりわからくなるであろう。装丁や冒頭は初心者向きなのに、その後の内容は上級者向けとなっている。もっとも筆者にとっての「初心者」とはある程度文法は理解したが実際の古文が読めない人と認識しているのだろう。

「読むための文法」とのサブタイトルに合致しているのは、最初の2章程度であり、それ以降は、品詞分解と識別のルールを述べるに終始している。筆者の述べる「野性的な文法」は小西甚一先生の「太っ腹文法」のミミックであるかもしれないが、内容的には全く関係がない。ルールについて丁寧に述べられているのはわかるが、必ずしもわかりやすいとは言い難く、論理的に整理する必要がある。種々記憶法も記載されているが、高校生や浪
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
一言で言うと中途半端。

区別系の問題をわかりやすく説明してくれるだけの参考書って感じなんで
初級者向けじゃないし、読むための講座でもない。

ただ助動詞の接続が覚えられないって方にはオススメ。覚えやすい語呂合わせが乗ってる。

河合のステップアップノートみたいなドリル形式の方が断然覚えやすい気がした。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/2/21
形式: 単行本
 浪人したとき(理系)に使ってました。
当時,古文が死ぬほど嫌いでしたが,友達に勧められて読むと,あまりの分かり易さに驚きました。
 学校の授業の分かりにくくて困っている人はすぐ読むべきです。
古文は外国語として勉強しましょう。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
これは賛否両論分かれるタイプの参考書だと思われます。
まず、横書きの本故「古文なのに〜」と毛嫌いする人も中に入るでしょう。
そして、中身を見ても分かりにくいと思う人と分かりやすいと思う人両方いるかと思います。
ちらほら、誤りも見受けられますがそもそも受験用の参考書とは大学の教授とかが書いた論文とかと違って完全に正しい物でなくてもいいのです。
そりゃ、正しい方が良いのは当たり前ですが正しいより理解しやすいの方が受験生には優先される点です。
だから、ある程度固定的なパターンも提示しなくてはいけませんし例外があるのも仕方がないのです。

だから、例えば年齢をとってから古文でも教養のために復習してみようか、とかの目的で利用するのは絶対勧められません。
まあ、受験用のコーナーにありますので正確性を求めている人は当然見向きもしないと思いますが。

結局、どの参考書にも言えることですが実際に手にとって中身を見て自分に合っているかどうかを確認してください。
この本は超基礎と銘打っているだけあって、古文が嫌いな人に勧められます。
他の参考書に手を出すなら、望月系か富井系でしょうか。
どちらもこの本同様受験生なら気にする必要がないレベルでの誤りはあります。(というか、誤りのない参考書って逆にあるんでしょうか?)
こちらもまた、好みでお選びください。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック