通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
荻窪風土記 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。m3586_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

荻窪風土記 (新潮文庫) 文庫 – 1987/4/28

5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 529
¥ 529 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 荻窪風土記 (新潮文庫)
  • +
  • 駅前旅館 (新潮文庫)
  • +
  • 珍品堂主人 (中公文庫)
総額: ¥1,507
ポイントの合計: 46pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

時世の大きなうねりの中に、荻窪の風土と市井の変遷を捉え、土地っ子や文学仲間との交遊を綴る。半生の思いをこめた自伝的長編。

内容(「BOOK」データベースより)

満州事変、2・26事件、太平洋戦争…時世の大きなうねりの中に、荻窪の風土と市井の変遷を捉え、親交を結んだ土地っ子や隣人、文学青年〓れした知友たちの人生を軽妙な筆で描き出す。名匠が半生の思いをこめた自伝的長編。


登録情報

  • 文庫: 267ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1987/4/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101034087
  • ISBN-13: 978-4101034089
  • 発売日: 1987/4/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 239,160位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 いせむし トップ1000レビュアー 投稿日 2007/12/16
形式: 文庫
大作家が晩年に自分の作家人生を振り返りながら、
自宅の近所について、思うところを書き綴る。
まとまりがある訳でもなく、
何かを鋭く批評してこともない。
淡々として、穏やか。
昭和の都下ののんびりした風土や、
文学史に登場する作家たちとの交流が描写されていて、
何とも味わい深い。
佳作です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 久し振りに文庫本で読み返してみましたが、この作家特有の淡々とした記述が不思議に活字を追わせます。傑作の「黒い雨」の描写もこの調子でした。決して作者の思い入れとか思想を入れようとはしない。「あとがき」で著者自身が述べているように、昭和初期に御自分が移転した時の荻窪界隈の様子とその変転の様を淡々と記録しています。不思議なのは、地方の読者、いや関東・東京の在住者でも、東京の西、高円寺から吉祥寺辺りまでの中央線沿線に住んだことがなければ、この作品の大きな背景である土地勘というものが無く、その背後に潜む土地の感触がピンとこないのではと危惧します。
 確かに太宰治・外村繁・小山清等々の人物に関しての描写は秀逸ですが、それも肩に力が入っているわけではなく、作者の口調はやはり淡々としています。まるで、どんな個性のある人間でも、所詮は住環境という自然の中に取り込まれていると著者は言いたいようです。こんな作品はやはり文庫本ではなく、雰囲気を味わうためにも、大きな活字がやわらかい紙に印刷され、函に入った単行本で読むべきなのではと感じます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
荻窪近辺の地名がたくさん出てくる。土地勘のあるので面白かった。
太宰治や横光利一の名前がちょこちょこ出てくるので、
その時代の文学界に詳しくて好きなひとは、
文学に携わった人々の日常が分かるので面白いだろう。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック