通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2015 4/22 第1刷 目立った外傷なく、概ねコンディション良好です。*used商品(中古品)につき、多少の使用感、経年変化はご容赦下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書) 新書 – 2015/4/17

5つ星のうち 4.6 93件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 309
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書)
  • +
  • 荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟 (集英社新書)
  • +
  • 荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)
総額: ¥2,462
ポイントの合計: 76pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

全く人気が衰えることなく長期連載が続く『ジョジョの奇妙な冒険』の作者、荒木飛呂彦。
「漫画は最強の『総合芸術』」と言い切る彼が、これまで明かすことの無かった漫画の描き方、
その秘密を、作品を題材にしながら披瀝する!
絵を描く際に必要な「美の黄金比」やキャラクター造型に必須の「身上調査書」、
ヘミングウェイに学んだストーリー作りなど、具体的な方法論からその漫画術を明らかに! 
本書は、現役の漫画家である著者が自ら手の内を明かす、最初で最後の本である。


【目次】
はじめに
第一章 導入の描き方
第二章 押さえておきたい漫画の「基本四大構造」
第三章 キャラクターの作り方
第四章 ストーリーの作り方
第五章 絵がすべてを表現する
第六章 漫画の「世界観」とは何か
第七章 全ての要素は「テーマ」につながる
実践編その1 漫画が出来るまで
実践編その2 短編の描き方
おわりに


【著者プロフィール】
荒木飛呂彦(あらき ひろひこ)】
1960年、宮城県仙台市生まれ。東北学院榴ヶ岡高等学校卒業後、仙台デザイン専門学校卒業。
80年に『武装ポーカー』で「少年ジャンプ」デビュー。代表作は『ジョジョの奇妙な冒険』。
他に『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』『荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟』『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』など著書多数。
近年は海外有名ブランドとのコラボレーション企画など、さらに幅を広げて精力的な活動を展開している。

内容(「BOOK」データベースより)

全く人気が衰えることなく長期連載が続く『ジョジョの奇妙な冒険』の作者、荒木飛呂彦。絵を描く際に必要な「美の黄金比」やキャラクター造型に必須の「身上調査書」、ヘミングウェイに学んだストーリー作りなど、具体的な方法論からその漫画術を明らかに!本書は、現役の漫画家である著者が自ら手の内を明かす、最初で最後の本である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 288ページ
  • 出版社: 集英社 (2015/4/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087207803
  • ISBN-13: 978-4087207804
  • 発売日: 2015/4/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.3 x 10.6 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 93件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,035位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
私は正直、荒木先生の熱狂的なファンということもなければ、代表作である「ジョジョ」シリーズも数冊しか読んだことがないのですが
「天才の塊」のような人だと漠然と認知していて、そういう人がどういう考えで漫画を描いているか気になったので購入しました。

荒木先生がこの本で仰られているのはひたすら「王道漫画はこうあるべき」という事のみです。
なので、普段から邪道っぽい漫画を描いている人には当てはまらない部分も多々あると思います。
私がこの本を読んだ一番の感想は、「この人は漫画家の王道である」ということでした。
「漫画家だったら、世界観を描くために取材する。しっかり調べる。テーマを確立する。セリフやコマに狙いがある。最後まで読ませる。」
こういった、漫画家として「普通」だけど、なかなかパーフェクトにこなせないことを、
荒木先生は「当然だ」と言わんばかりにこなしている所が素直に尊敬いたしました。
そういった「基本」な部分は、長く漫画を描く上でないがしろになる部分もありそうなのに、
先生は今も心がけているし、基本に忠実に、初心を忘れず漫画を描き続けているのは本当にすごいと思います。

個人的に面白かった所は、「基本」を説明しているのに、先生の「基本」の“表現の仕方”が凡人のそれと
...続きを読む ›
コメント 73人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
内容としては、有名なクリエイターの作品、あるいは荒木先生自身の作品(ジョジョ等)をサンプルとして、
オーソドックスな内容を一つ一つ丁寧に解説する本でした。

言い換えると、荒木先生の経験の裏付けによって解説されるということで、説得力が非常にありました。

個人的には、ストーリー作成で悩んでいたので、先生の「秘伝のたれ」である、キャラの身上調査書や、
キャラ(+設定)と状況が揃えばストーリーは自然と生まれるよ、という話が非常に参考になりました。

内容としては、老若男女関係なく、また、漫画に関わる仕事かどうか関係なく、クリエイター全般の方に参考になる本だと思います。
もちろん、一ファンとして、先生の頭の中を覗いてみる感じで読んでも楽しめる本となっていると思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2015/4/18
形式: 新書
「ジョジョの奇妙な冒険」で有名な漫画家の荒木飛呂彦氏が、漫画の描き方の王道について解説した本。著者が18歳のときに原稿を持ち込んだときに出会った初代の担当編集者が定年退職を迎え、感謝の気持ちを示すと同時に、今まで経験し学ばせてもらった王道を書いておく必要があると思ったことがきっかけだという。

とにかく、きわめて具体的に書かれてあるのが特徴である。マジシャンが手のうちの明かすようなことも含まれるが、それでもあえて伝えたいという思いがあったそうだ。「キャラクター」「ストーリー」「世界観」「テーマ」の基本4大構造を、「絵」という最強のツールで統括し、セリフという「言葉」で補う。特に、キャラクターは重要で、著者はキャラクターをつくるときには絵にする前に必ず身上調査書を作っているのだという。

ストーリー作りの鉄則。プラスとマイナスの法則。絵が上手いのに売れない人がいる一方で、絵が下手なのに売れる人がいるのはなぜか?相反する「リアル化」と「シンボル化」が両立している鳥山明先生の凄さ。同じ絵ばかり描いていると時代遅れになる。美の黄金比。リサーチの重要性。テーマには作者の哲学が出るから自分の人生に沿っているものを選ぶ。アイデアの生み出し方。シナリオ。人物の心の動きを追うテクニックに優れる日本の漫画のネーム。

実際の作品を使った解説が
...続きを読む ›
コメント 147人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
荒木先生の本ジョジョシリーズが大好きで、私自身漫画家志望です。
描いている漫画は主に少女漫画なので、自分の漫画の参考にと言うよりはとにかくどんなことが書いてあるのか読んでみたくて、ジャンプでこの本の紹介がされた時、発売日をカレンダーに書くくらい楽しみにしていました。

戦略的なコメントを挙げるなら、まず荒木先生が審査員をつとめる漫画新人賞への応募を考えている人は絶対に読んでおいた方がいい本だと思います。
彼自身が漫画の新人賞の審査員をするときの話が何度か出てきて、「こういうことが出来ていない作品はそれで嫌だなと思ってしまう」と述べられている点が数か所あります。
漫画新人賞の最終選考において審査員の漫画家の先生の評価や配点は結構高いし、その内容は単に彼の好みでなく漫画のリアリティとして重要なことだったりします。

下手でも売れる漫画とうまくても売れない漫画との違いや、調べた情報をどこまで使うか等、ためになるノウハウが根掘り葉掘り書かれています。葉は掘れませんが。
とはいえ、いずれの主張も断定的ではなく、この本すら盲信はしないことを薦めているという荒木先生が「絶対に」という言葉を使っているのはテーマに関する項目でした。

テーマを決める時に自分でたいして興味のないことを世間にあわせて設定
...続きを読む ›
コメント 174人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック