通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 恵夢ネット
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯なし】表紙、中身共に多少のスレ・ヤケがある場合があります。中身は、折れ・書き込み等は見当たりませんでした。状態は概ね良好です。商品はOPP透明パックに包装して、迅速に発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書) 新書 – 2015/4/17

5つ星のうち 4.6 95件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 3
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書)
  • +
  • マンガの描き方―似顔絵から長編まで (知恵の森文庫)
総額: ¥1,382
ポイントの合計: 43pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

全く人気が衰えることなく長期連載が続く『ジョジョの奇妙な冒険』の作者、荒木飛呂彦。
「漫画は最強の『総合芸術』」と言い切る彼が、これまで明かすことの無かった漫画の描き方、
その秘密を、作品を題材にしながら披瀝する!
絵を描く際に必要な「美の黄金比」やキャラクター造型に必須の「身上調査書」、
ヘミングウェイに学んだストーリー作りなど、具体的な方法論からその漫画術を明らかに! 
本書は、現役の漫画家である著者が自ら手の内を明かす、最初で最後の本である。


【目次】
はじめに
第一章 導入の描き方
第二章 押さえておきたい漫画の「基本四大構造」
第三章 キャラクターの作り方
第四章 ストーリーの作り方
第五章 絵がすべてを表現する
第六章 漫画の「世界観」とは何か
第七章 全ての要素は「テーマ」につながる
実践編その1 漫画が出来るまで
実践編その2 短編の描き方
おわりに


【著者プロフィール】
荒木飛呂彦(あらき ひろひこ)】
1960年、宮城県仙台市生まれ。東北学院榴ヶ岡高等学校卒業後、仙台デザイン専門学校卒業。
80年に『武装ポーカー』で「少年ジャンプ」デビュー。代表作は『ジョジョの奇妙な冒険』。
他に『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』『荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟』『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』など著書多数。
近年は海外有名ブランドとのコラボレーション企画など、さらに幅を広げて精力的な活動を展開している。

内容(「BOOK」データベースより)

全く人気が衰えることなく長期連載が続く『ジョジョの奇妙な冒険』の作者、荒木飛呂彦。絵を描く際に必要な「美の黄金比」やキャラクター造型に必須の「身上調査書」、ヘミングウェイに学んだストーリー作りなど、具体的な方法論からその漫画術を明らかに!本書は、現役の漫画家である著者が自ら手の内を明かす、最初で最後の本である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 288ページ
  • 出版社: 集英社 (2015/4/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087207803
  • ISBN-13: 978-4087207804
  • 発売日: 2015/4/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.3 x 10.6 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 95件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,428位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
内容としては、有名なクリエイターの作品、あるいは荒木先生自身の作品(ジョジョ等)をサンプルとして、
オーソドックスな内容を一つ一つ丁寧に解説する本でした。

言い換えると、荒木先生の経験の裏付けによって解説されるということで、説得力が非常にありました。

個人的には、ストーリー作成で悩んでいたので、先生の「秘伝のたれ」である、キャラの身上調査書や、
キャラ(+設定)と状況が揃えばストーリーは自然と生まれるよ、という話が非常に参考になりました。

内容としては、老若男女関係なく、また、漫画に関わる仕事かどうか関係なく、クリエイター全般の方に参考になる本だと思います。
もちろん、一ファンとして、先生の頭の中を覗いてみる感じで読んでも楽しめる本となっていると思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
この本は素晴らしい。

私は熱狂的なファンではないが、小学生時代に荒木氏のジャンプでの連載が始まり、最新作に至るまでなんとなく全ての作品を読んでいる。

その中で、きっと作者は天才肌で、ノリと勢いで作品を創出しているのだろうと勘違いしていた。ところがこの本を読んで、全く違うと理解できた。

荒木氏は、とてつもない努力を積み重ね、研究に研究を重ね、試行錯誤を繰り返して、結果を出して来た人なのだ。

創造性の要求されるアートに近いマンガの世界でも、考え抜いて地道な努力をし、ひたすら積み重ねることだけが黄金の道で王道なんだよ、という著者のメッセージは、すべての仕事人に通じるものだ。

社会人なら時間に遅れないのは当たり前、など、およそマンガ家らしからぬ真面目な言葉が散見され、一方、自分がずっと情熱を注げるテーマで描くべきだ、という思いの部分にも言及されている。

すべての仕事人に通じる心構えと考え方が凝縮された書籍。これを読んでジョジョを今まで以上に楽しめるようになり、自分も頑張ろうと爽やかな気持ちになれた。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
自分のプロ意識の甘さ、至らなさを痛感します。
物事の徹底具合が完成品のクオリティに通じるのだと感じ、
自分の仕事のやり方を考え直す必要性に思い至りました。

子どもの頃、オラオラ言って遊んでいたのに、
大人になってもお世話になりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
荒木飛呂彦先生の哲学や、絵のこだわりなど
漫画を描かなくても、ためになる一冊でした。

とても面白くて3度読みしましたん。
これは間違いなくおススメです(⋈◍>◡<◍)。✧♡
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2017/5/5
形式: Kindle版 Amazonで購入
昔漫画家になりたくて藤子不二雄先生や鳥山明先生の漫画の書き方を読んだことを思い出しました。
今は全く違う業界で仕事をしてますが、私自身は40歳をむかえ業界の若い人たちに私達が若い頃に学んだことを(私達世代がしていただいたように)恩送りのつもりで返して行きたいと思っています。
この本は荒木先生なりの業界への激励、恩返しに思えてなりませんでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
ここの所、月1冊以上はシナリオや漫画創作関連の本、漫画を読んでいますが、
結構どの本を読んでも良い意味で同じような事が書いてあり、なるほど、やはり大事なんだ
と 勉強になっているのですが、

この本に関して言えば、ほかの本と内容が違っていて、
かつちょっと独特すぎて腑に落ちない、そうだと思えないような事も書かれています

例えば 主人公は負けない方が良い みたいな
かの有名なあしたのジョーとかでも、一時期スランプで負けまくった時期ありましたよね?
ワンピースでもその昔ゾロがミホークに負けたはずです

でも 漫画とかシナリオって、それがあってそこから次回のリベンジって展開も熱いですよね
悟空もタオパイパイに一度負けてカリン塔に上りました。

という事で、若干ジョジョ本編同様独特な印象を受けました。
自分の趣味だけで話させてもらうと、ジョジョ本編も嫌いじゃないですが、
3期の予定調和路線や5期の話がいまいち弾けなかったのとか、ちょっと惜しいと思います。
荒木さん流のやり方ではOKなのでしょうが

それと、この手の本はある程度読み手にやる気を起こさせるのも役割として持っていてほしい部分があり
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー