通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書) 新書 – 2011/6/17

5つ星のうち 4.2 60件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)
  • +
  • 荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟 (集英社新書)
  • +
  • 荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書)
総額: ¥2,462
ポイントの合計: 76pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『ジョジョ』の原点はホラー映画にあった!
『ジョジョの奇妙な冒険』の荒木飛呂彦が、自身の創作との関係を語りながら独自のホラー映画論を展開。描き下ろしイラスト多数!

<集英社新書創刊15周年フェア>
新しいものはホラー映画から始まるのです。――荒木 飛呂彦

内容(「BOOK」データベースより)

荒木飛呂彦がこよなく愛するホラー作品の数々は、『ジョジョの奇妙な冒険』をはじめ、自身が描いた漫画作品へも大きな影響を与えている。本書では、自身の創作との関係も交えながら、時には作家、そして時には絵描きの視点から作品を分析し、独自のホラー映画論を展開する。巻頭には「荒木飛呂彦が選ぶホラー映画Best20」も収録。ホラー映画には一家言ある著者の、一九七〇年代以降のモダンホラー映画を題材とした偏愛的映画論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: 集英社 (2011/6/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087205959
  • ISBN-13: 978-4087205954
  • 発売日: 2011/6/17
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 60件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 113,356位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
ゾンビ映画に和んでしまうのは私だけではなかったのね、と安心するとともに、大爆笑!
ホラー映画観てもみんなのように怖くない私は、映画代損したといつもぼやいているのですが、
同じ様な感覚の人がいて嬉しいです。
どうしても怖さよりも先に笑いがきちゃうんですよね。
この本はそんな意味で、世間一般とは怖さの基準と意味がちょっと違う映画論なので、
あたりまえの映画論に飽きたかたには一読の価値ありです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
荒木飛呂彦のホラー映画論ということですが、普通にホラー入門書として読んでも面白いです。
そのぶん、もっと荒木節全開な内容を期待されている方には物足りないかも。
登場する映画もそこまでマニアックな物はなく、わりと王道のホラー映画を網羅している感じです。

荒木飛呂彦の冠をつけるのなら、もう少し先生のイラストの数を多めに掲載して欲しかった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
ジョジョで有名な漫画家、荒木飛呂彦さんのホラー映画批評本ですが、ディープなファンには少々物足りなさを感じます。エクソシスト以降の、いわゆるモダンホラーと呼ばれる部類の作品に限定されていますし、国内の劇場公開作品を中心に感想を述べているスタイルです。独自の切り込み方で分析している作品もありますが、概ね感想どまりの作品も多く、中高生辺りを読者設定しているのかもしれません。入門書としてはお勧め出来ます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Info@biomio.jp 投稿日 2013/8/9
形式: 新書 Amazonで購入
すべて満足いく買い物でした。本の購入は、やはりAmazonに限る。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
あのジョジョの奇妙な冒険の作者さんですが映画大好きで
中でもホラー映画が最も、最も、最も、最も、ダイスキ~🎵
ということでまるまる一冊ガイド本を作ってしまいました。
誰もが知ってる傑作、名作もあれば、
初めて聞いたというようなマイナー作品、B級映画、カルト映画が
100本セレクトされています。
荒木先生独自の規準とジャンル分けにより紹介されてる映画は
きっと面白いのだろうけど、これをランキング順に全部見ていったら
さぞかし家族に顰蹙を買うだろうなぁ。
としみじみ思ってしまいました。ちなみにトップ3は
ゾンビ。ジョーズ。ミザリー。でした。(>ω<。)
ナゼ、ゾンビが第一位なのかはまるまる一章を使ってじっくりと
解説してくださってます。(つд⊂)(つд⊂)(つд⊂)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
人気マンガ家である著者の本だから、お気に入りの作品をただ羅列し、紹介する駄本であっても、売れたことだろう。しかし本書はそのようないい加減な本ではない。借り物でない、自前の見識・哲学に貫かれている。

映画にはさまざまなジャンルがあるが、今や劇場からほとんど姿を消したポルノは別として、ホラー映画、つまり恐怖映画ほど世間で低くみられているものもないだろう。小中学校の映画鑑賞会で『ゾンビ』や『悪魔のいけにえ』を観に行くことなど考えられないし、政府が「クールジャパン」の柱としてホラー映画の制作振興を打ち出すこともありえない。それどころか残酷な描写や精神疾患者などへの差別助長を理由に、上映・販売を規制されてしまうことさえあるだろう。

なにしろ著者荒木が書いているように、ホラー映画とはひたすら人を怖がらせるために作られる映画であり、「人間の在り方を問うための良心作だったり、深い感動へ誘うための感涙作だったりというのは、結果としてそれがどんなに怖い映画であっても……ホラー映画とは言えません」(14頁)。世間のお墨つきを得るための「良心」「感動」といった要素は、あるとしてもあくまでおまけであり、けっして主たるテーマになってはいけないのだ。

それではホラー映画はたんなるゲテモノで、観るに値しないものなのか。そうではないと荒木は言う。人間
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
本人が影響を受けたと書いている映画以外も、成程あれはこんな恐怖を参考にしたんだろうな、なんて思いながら読むのが凄く楽しい。
ゾンビ映画の癒しポイントを熱く語り、ソウやキューブやエスを褒めながらも、癒されないのであまりお勧めできないと評し、癒されるか否かを重要な評価のポイントにしているのも、とても面白かった。
「ゾンビの本質とは全員が平等で、群れて、しかも自由であることで、そのことによってゾンビ映画は癒されるホラー映画になりうるのです」
なんて書かれると、ゾンビ映画に癒された事のない私でも、何か妙に納得させられ共感してしまいました。
日本人でこんなに悪魔を恐がっている人ってあんまり居ないのではと思うくらい悪魔を恐がっていたり、ショッピングセンターに逃げ込んで生活するシチュにユートピア体験を感じていたり、シックスセンスをページを割いて大絶賛しているからランキングのさぞ上位に・・・と思ったらランキングに入ってなくて、ランキング映画がさらっと流されてたり。
何というか、普段からこの作者の作風に、古き良き時代のジャンプ作家の一部が持っていた、細かい事など気にせず勢いで押し切る天然の力量を感じていたのですが、そんな天然な所を存分に感じて、荒木先生の人柄に萌える目的でも、十分満足いく一冊かと思います。
見落としていた映画にも興味がわきま
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー