中古品
¥ 840
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー・表紙・天・小口・地の傷みあり。80091956小
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

茶味空間。 茶で読み解くニッポン (CASA BOOKS) 単行本(ソフトカバー) – 2012/7/9

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2012/7/9
"もう一度試してください。"
¥ 7,475 ¥ 840
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「見立て」って何? 「松花堂弁当」の由来とは?
「曼荼羅(まんだら)」には何が描かれている? 「千 利休」ってどうしてスゴいの?
2007年から4年間にわたり雑誌『Casa BRUTUS』にて連載された千 宗屋氏の「茶味空間(ちゃみくうかん)。」
毎号、あるひとつのテーマを掲げながら、日本文化の森羅万象を茶の湯の視線をとおして分かりやすく解説しました。
この人気連載をまとめ、加筆し、一部新規原稿を加えたこの単行本。
茶道具はもちろんのこと、日本美術史、骨董、現代アートに至るまで幅広い知識をもち、
現代の茶の湯を牽引する若き異能茶人、千 宗屋氏による解説はまさに“目からうろこ"もの。
日本人でも深くは理解していなかったさまざまな事象が、分かりやすく読み解かれます。
それぞれの話題に添えられた美しいビジュアルも見どころのひとつ。
さらに書籍だけの特典として、利休の創案とされる、通常一般には入る事が許されない国宝茶室「待庵」で行われた
現代美術家・杉本博司氏との刺激的対談「利休とマルセル・デュシャン」も収録。 お茶を知らない人、デザインやアートに興味のある人、日本を深く知りたい人、必読の本です。

内容(「BOOK」データベースより)

雑誌『カーサ ブルータス』の人気連載が待望の書籍化。利休の末裔、現代茶の湯の若き牽引者による、目からうろこの日本文化解説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 187ページ
  • 出版社: マガジンハウス (2012/7/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4838724497
  • ISBN-13: 978-4838724499
  • 発売日: 2012/7/9
  • 梱包サイズ: 18.8 x 14 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 106,553位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

ベスト100レビュアー2014年6月7日
Amazonで購入
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月11日
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

関連商品を探す