¥ 1,512
通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

茶の本 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ) 単行本(ソフトカバー) – 2014/4/17

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 6,743
単行本(ソフトカバー)
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 4
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 茶の本 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ)
  • +
  • 武士道 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ2)
  • +
  • 代表的日本人 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ4)
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 138pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

単なる茶道の本だと思って遠ざけている人も多いかもしれない。原題は「The Book Of Tea」、一九〇六(明治九)年に、岡倉天心が外国人に向けて日本文化を紹介するために英語で書いたものだったが、ニューヨークで出版されるや、世界的なベストセラーにもなった。 岡倉天心は幕末に福井藩の武士として横浜に生まれ、維新後は西洋文化を吸収しながら美術の専門家として名乗りを上げていく。しかし、西洋を深く知るほどにそれと対極にある東洋、そして日本の素晴らしさに気づいていく。その象徴として見たのが茶の世界だった。 本書は同じ「いつか読みたかった日本の名著」シリーズの『武士道』でも分かりやすい翻訳で好評だった夏川氏が訳を手がけているが、原文の格調高さを損なうことなく、中高生にも理解できる日本語に置き換えている。ともすれば、いま私たちが忘れがちな日本人の美徳を思い出させてくれる、必読の一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

日本人の心のふるさとを知るための書。全文をとことん読みやすくした101分で読める本。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 174ページ
  • 出版社: 致知出版社 (2014/4/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4800910374
  • ISBN-13: 978-4800910370
  • 発売日: 2014/4/17
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 270,508位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

5つ星のうち3.7
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

ベスト1000レビュアー2014年10月23日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年5月18日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月17日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。センサー