茄子 アンダルシアの夏 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【Amazon配送センターより配送・お急ぎ便対応】中古品のため使用感はありますが、非常に良い状態で、再生に問題がなく大切に扱われている商品です。※破れ・シミはなく良好です。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、不良があった場合はご返金(Amazon.co.jpが扱う新品商品と同等の手順に順じます)にて対応致します。領収書の発行には対応いたしておりませんので予めご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

茄子 アンダルシアの夏 [DVD]

5つ星のうち 3.9 55件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 5,980 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Cutting Edge Recordsが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
中古品の出品:13¥ 1,313より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 茄子 アンダルシアの夏 [DVD]
  • +
  • 茄子 スーツケースの渡り鳥 [DVD]
総額: ¥8,852
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 大泉洋, 小池栄子, 筧利夫
  • 監督: 高坂希太郎
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バップ
  • 発売日 2003/12/21
  • 時間: 47 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 55件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0000B09YI
  • JAN: 4988021118729
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 91,559位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

「プロって言うのは仕事以上のことをやっちまうやつだって!」。名セリフが心地よい。ペダルのひと漕ぎは、人生を変える、ネジのひと巻。スペインのアンダルシア地方を駆け抜ける自転車ロードレース「ブエルタ・ア・エスパーニャ」を見事に描いた、大傑作。自転車レースは決してひとりだけで走るものじゃない。チームメイトと協力し、ライバルと駆け引きをしながら、人々の想いと願いを背負って走るのだ。生まれ育った土地から抜け出したいと思っている、地元のロードレーサーのぺぺ。彼はレースの駆け引きの中で、いつの間にか集団の先頭を単独で走ることになる。はたしてゴールまで実力あるベテラン勢から逃げ切ることができるのか。彼はアンダルシアから逃げるように、実力以上の速度で駆ける、駆ける、駆ける。先頭をはたしてたったひとりで走る彼をつなぎとめるものは……? スペインに暮らす地元の人々の生活を丹念に描くからこそ、彼の想いが痛いほど伝わってくる。クライマックスとなるゴール直前のスプリントシーンのド迫力は、アニメーションならではの興奮にあふれる。一瞬もまばたきを許さない、実力派アニメーターたちの競演となる47分。監督はスタジオジブリ作品でも大活躍し、自転車マニアとしても知られる高坂希太郎。(志田英邦)

内容(「Oricon」データベースより)

黒田硫黄原作のコミック「茄子」の中からスペインの自転車レース“ブエルタ・ア・エスパーニャ”を題材にした短編「アンダルシアの夏」を高坂希太郎監督が忠実に再現したアニメーション作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
私はこの作品がきっかけで、本物の自転車レースを見始めました。

最初なんの知識もない状態で見た時は、「ふーん」という感じだったのですが、

中に入っていたブックレットの解説がおもしろすぎて!

「へー自転車のレースってそうなんだー!」と、ある程度の知識を入れてから見ると、楽しい楽しい!

50分弱という程よい長さのせいもあって、何度も何度も見ました。

本物のレースも見るようになって、

それからまたこのアニメを見ると、細かいディティールにニヤニヤしながらまた楽しめました。

最近またこのアニメのリアルな部分を発見してしまいました。

レースで優勝した選手が表彰台にあがり、「いやー男前やあー」なんて見てると、

帽子を脱いだら見事なM字ハゲ…なんて事が結構多くて、

ペペの頭を見て、「ああ…ここめっちゃリアルや!」

考えすぎかもしれませんが(笑)
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 warasibe 投稿日 2005/7/23
 色々なことを言う人がいますが私としては楽しく見ることができました。ストーリーも欧州の厳しいビジネスライクな選手扱いなどがきちんと描かれていて良かったです。サラリーマン諸兄の参考になるような感じは受けませんでした。日本人に受けない部分があるとすれば、このアニメが国際映画祭の出品作品であるため、「浪花節」を取り入れていないところにあるのでしょう。
 ストーリーに文句を言う人はいても、私が文句なく良いと思ったのは映像の美しさにあります。迫力はそこそこあります。特に市街地に入って自転車がコーナリングするところでは思わず身体に力が入ってしまいました。CGを駆使しての作画と思われますが、大変処理が上手で自然な感じがします。結構楽しめました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
僕は自転車をやっていてこれをみたのでなく、これを見て自転車を買い、ロードレースを始めた。

それほど素晴らしい作品であった。

何処までも深く青い空

何処までも続く地平線

あんな所を、レースでなくとも走ってみたい。

バイクや車でなく、己の力で走ってみたい。

そんなロマンを感じさせてくれる映画だ。

色んな事いうヤツがいるけど、こころの狭いヤツになんか分からない

トトロやハウルのように老若男女誰でも楽しめる作品じゃない。

だから一世風靡にはならない映画。

だけど、

男には感じる物が多い作品だ。

情熱・反感・恋愛・失恋、そして友情・・・・

「俺は、遠くへ行きたいんだ・・・」

ありきたりな事だけれど、

それでも短い時間にうまくドラマがまとめられ、素晴らしい

今のジメジメした日本人にはない

スッキリサッパリした男の物語。

絶対お勧め!

星4つにしたのは、あまりに素晴らしい作品であっただけに

もう少し長い時間のものにして欲しかった。

ただそれだけ。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
これは爽快なる作品。自転車レース(?)の話し。無駄が全くない。
主人公は、自転車を走り続けるだけ。
しかし、見終わったときに、勇気がでてくる。さらに人を信用したいとおもうのだ。こんなシンプルな作品、初めて。

嫌な世にウンザリしている者は、このアニメを観ようよ。
「ヨイショ、生きようか」
きっと思う。
世の中にはいい人たちがいるのかもしれないと希望を持ってしまう。

「茄子(なす)」という言葉は、人間たちがまだ希望をもっていいのだという象徴的な言葉。一見キーワードだ。納得する。
一度、観ませんか。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この作品は、劇場の方で観ましたので、その感想を。
私は大泉洋さんのファンなものですから、
黒田硫黄さんの原作も読まず、自転車レースの知識もないままに、いきなり本編を観ました。
実際映像を観て驚きました。
ひねりも何もない言い方になってしまうのがなんですが、本当に綺麗です。
あらためて「アニメってすごい」と素直に感動。
何の前知識もない私でもわかりやすくて、すんなりと物語世界に入っていけました。
大泉さんの声が、すごくかっこよいんですよ。まさしく「ぺぺ」でした。
筧さんの台詞回しも、どこか声優さんとは違う感じがまたよし。
で、なんだかとても素敵だったのが小池栄子さんの声。すごくよかった。ちょっと惚れてしまいそうに。
登場人物全てに味がある、って感じ。
音楽とあの抜けたような青空がよく合ってました。
47分と短編ではありますが、手元に置いておきたいお話。
なんか疲れた時とか、あとはそうだなぁ、自分の中の何かが萎えそうな時にもう一度観たいなぁと思った記憶があります。
私は「さーて、明日もまたいっちょ頑張るかな!」と空を見上げるような気持ちになりました。
けして気張るのではなくて、ごく普通に目線が上がるような...。
ぜひご覧になってみて下さい。
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す