苺ましまろ 6 [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,810
通常配送無料 詳細
発売元: 松竹梅センター
カートに入れる
¥ 3,380
通常配送無料 詳細
発売元: E-ZOON
カートに入れる
¥ 3,480
通常配送無料 詳細
発売元: falo-media
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

苺ましまろ 6 [DVD]

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,400
価格: ¥ 2,810 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,590 (48%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ラック雑貨店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 2,810より 中古品の出品:10¥ 1より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサル アニメ】 - NBCユニバーサルの新作アニメ情報や、初ブルーレイ化アニメ、セール情報などはこちらからチェック。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 苺ましまろ 6 [DVD]
  • +
  • 苺ましまろ 5 [DVD]
  • +
  • 苺ましまろ 2 [DVD]
総額: ¥5,790
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 生天目仁美, 千葉紗子, 折笠富美子, 川澄綾子, 能登麻美子
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2006/02/24
  • 時間: 50 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000DZV70O
  • JAN: 4988102394028
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 163,925位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

ばらスィー原作コミックスをTVアニメ化。20歳の短大生の女の子と4人の小学生の女の子が繰り広げる日常をコミカルに描いた作品。声の出演は生天目仁美、千葉紗子ほか。第11、12話収録。

レビュー

監督・ライター・構成: 佐藤卓哉 原作: ばらスィー ライター: 花田十輝/横手美智子/平見瞠 キャラクターデザイン・総作画監督: 坂井久太 音響監督: 明田川仁 音楽: 渡辺剛 声の出演: 生天目仁美/千葉紗子/折笠富美子/川澄綾子/能登麻美子
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
桜の季節に始まり、また、桜の季節に幕を閉じる。

かわいいかわいい妹達の、たわいない一年間の物語。全6巻。

郷愁のようなものを感じるのはどうしてだろう。

遠い昔のような、実はもう誰もいないような、

誰かの懐かしい記憶を見せてもらっているような感覚がする。

淡く霞みがっかた背景はつねに優しい。

原作まんがほどアクが強くなく、短いエピソードを上手く繋げて

よくここまできれいにまとめたと思う。

最終話の後半だけをテレビ放送で見て、DVDを全巻購入、

原作まんが購入と、順番が逆、を私が久々にした作品。

作画監督による、場面抜き出しセル画風パッケージが

なぜかあまりかわいくないので極力、

1巻・4巻の収納BOX付き限定版を手に入れるべき。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 どんなアニメシリーズだろうと、最終回に求められる物はそのアニメシリーズで訴えかけたい物の本質を全て叩きつける事。

 それが出来ていれば、最終回と言うものはその時点で100点です。

 このアニメシリーズが訴えかけたかった物は何だったのか?

 小さな女の子達のかわいらしさか?そのかわいい日常か?

 違う。

 それは、「極めて重要な付属要素」に過ぎません。

 本質はずばり、「純粋な真心」だったと判断しています。

 最終話第12話のサブタイトルが「プレゼント」ですが、茉莉に送ろうとした本に込められた物。そして、最後に出てきた「物達」に込められた物。(ネタバレだから当然、書きません)

 その最後の部分だけ、コミックスに無いオリジナルストーリーで終わる訳ですが、そこが見事にその「本質」を演出しきれていました。

 実に良かった・・・
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
5巻までのジャケットにあまり可愛というか、インパクトを感じなかったのですが、今巻はとてもいい雰囲気です。
あまりに屈託なく笑っているので、何時間見てても見飽きません。ブックレット内のイラストも秀逸。
ここにきて私の中で坂井九太氏の評価が急上昇した感じです。
本編は、春になっても千佳美羽が小学生なのには強い違和感が残りますが、
いつも通りのたわいのない日常風景を描いてくれたのには好感が持てます。
ラスト辺りの演出にある種の感動を覚えたのは、私だけではないはず。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
すばらしい笑顔だが何故か白々しく見えるね。

「自分たちさえ幸せならそれでいい」って感じ。

正直これからこのメーカーの人が「愛」とか「正義」とかいっても、

「嘘」とか「偽り」としか思えないよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す