この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

英語耳 発音ができるとリスニングができる(CD付き) 単行本 – 2004/9/22

5つ星のうち 3.8 93件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 10

この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • TOEFL| 文法、英単語、リスニングなどTOEFL問題集など、幅広いジャンルの本をラインアップ。TOEFLの本ページへ。


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

◆編集者担当者が身をもって英語力をアップさせた“英語耳”とは?
…………………………………………………………………
熱中しやすいタイプの編集担当者の加藤さんは、昨年の秋頃、英語の勉強に夢中になっていました。学習方法に関する情報を収集していると、この本の著者、松澤さんのウェブサイト「英語・発音・語彙」
http://www.scn-net.ne.jp/~language/
に巡り会いました。このサイトでは「発音ができるとリスニングができる」という考えから、発音の大切さを詳しく解説しています。すでに100万ヒットを超えた、人気サイトでもあります。
まず、英語に43種類の音がある中、日本語に似た音は5~6種類しかありません。9割近くは日本人の知らない音であり、発音することができません。発音できない音だから聞き取れない。逆に、発音できれば聞き取れるというのが松澤さんの考え方。
実際、英語の上級者の中でさえも、映画(英語)を日本語を聞くのと同様にリラックスした状態で、疲れることなく100%聞き取れる人は、とても少ないのが現状だと言わています。そんな中、自信を持って「映画の音声を100%聞き取れる」と言い切っているのが、松澤さんでもありました。
早速加藤さんは筆記の勉強に加え、“英語耳”を養うべく毎日1時間程度、発音練習や聞き取る練習に励むことに。そして、いざTOIECの試験を受けてみました。すると250点もの得点アップに成功!TOIECで半分の点数配分を占めるリスニング力の向上を実感したのでした。
そして加藤さんは、身を持って体感したこの“英語耳”を鍛える重要性を、より多くの方に伝えていきたいと思い、本書の刊行にいたったのでした。

◆繰り返し発音する、繰り返し聴く、これが“英語耳”を鍛える
…………………………………………………………………
本書は最初に“英語耳”の基本である発音の重要性についてご紹介し、“英語耳”を鍛える訓練方法を解説します。その訓練方法は、まず付属の音楽CDとともに取り組む基本的な発音の反復練習。発音にある程度慣れたら、次は英語のメロディーを学びます。好みの歌や会話を繰り返し聴くことで、英語の音を英語のみで理解しているネイティブスピーカーと同じ状態を脳の中に作り、リスニング力アップを図ります。また発音(リスニング)力の向上に合わせて、語彙や読解力をつける英語の読書についてご紹介いたします。
中学1年生以上の英語力と英語力をアップさせたいというやる気をお持ちの方、ぜひ本書をご覧いただき、挑戦してみてください。映画(英語)を楽々と見れる日もそう遠くありません!

著者からのコメント

英語を日本語のように楽に読み、書き、聞き、話せるようになり
たい! これは、多くのみなさんの目標ではないでしょうか。
私の運営している「英語・発音・語彙」というウェブサイトでは、
この4大技能をマスターするための方法を紹介しています。

本書は、ウェブの内容をもとに、英語学習で一番はじめに取り
組むべき「発音」と「リスニング」の解説をまとめたものです。
副題にあるように「発音ができればリスニングができる」という
経験から、そのための練習方法を提案しています。

よくわからない英語をひたすら聞いても、なかなかリスニングは
上達しません。しかし、発音は集中して練習すれば1カ月程度で
かなりの上達が可能です。発音が身につくと、英語をそのまま聞
き取る力「英語耳」も自然にできてきます。そして「英語耳」が
できると、その後の英語学習の効率が飛躍的に向上して英語を
マスターするために必要な労力を大幅に減らすことができます。

自分が経験したことのあるスポーツを観戦すると、細かいところ
までよくわかるのと同じように、発音が上達すると、英語を聞い
たときに話者の口の形が思い浮かぶようになります。本書では
「発音バイエル」という章で発音のやりかたを詳しく解説し、
付録CDで徹底的に練習します。

発音の練習は、「勉強」というよりも「運動」に近いものと考え
てください。無意識にできるようになるには、ある程度の回数を
繰り返して体にしみこませる必要があります。何度も練習して
ほしいので、付録CDは30分に凝縮しました。

また、学習者のレベルも問いません。まったくの初心者から、
リスニングに壁を感じている中・上級者まですべての人が同じ
ように学習できます。

英語を習得するためのコツをひとことで言うと「壮大な慣れ」
です。地道に続けてさえいれば誰にでもできます。ぜひみなさん
に英語耳に至る道を完走してほしいと願っています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 175ページ
  • 出版社: アスキー (2004/9/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4756145272
  • ISBN-13: 978-4756145277
  • 発売日: 2004/9/22
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 93件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 31,237位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
私はもう60近いオババですが、聞き取れなかったドラマが少し聞き取れるようになっているのに感激しました。まだページはTHで止まっていますが、ここでRの発音に疑問を持ち、ネット動画で調べそちらの発音を練習しています。 他はこの本で頑張っていますが、Rは舌を巻舌にした方が私には発音しやすいみたいです。 30年も前に2年半アメリカで日本人との接触がほぼ壊滅的な状態で暮らしていた時は文法ダメ人間でも発音だけはなんとかなっていたようです、が、その頃の連れ合いにBirdを発音してもらって全然音が出せない。。指まで突っ込まれて直してくれようとしていたのにきちんとした発音ができない、唯一「Trainer 」だけR発音ができ周りから驚かれましたが、他のR、L、Fできませんでした。それでも暮らしていけるもので、発音=まねすれば良い、と思い続けた古い記憶ですが、 発音は大事です。 何年いても出来ないものは出来ない、でもきちんと学べば出来るようになる、出来るようになれば聞き取りも徐々に出来るようになる、さすがに初見で冒頭からOKはないですが、好きなドラマ/映画を3−4回見ていると「あっ聞き取れた」という所が随分出てきます。昔の体験が脳の何処かに未だにあるのかもしれませんが嬉しい限りです。
私は一つのトラックを本をみながらx100やっていますが、覚えるものだなーと感心しました。今の時点で舌の筋肉が無
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ひとまず二回読んだ時点での感想ですが、比喩とメソッドが卓越しているように感じました。
発音練習の重要性をスポーツの素振りにたとえて、何度も練習して体で覚えることが大切だといったり、オウムに最初の単語を覚えるには2000回繰り返す必要があるが、学習効果で次の単語は200回で覚えることができるなどなど、直観的で分かりやすく、それだけに説得力のある比喩を使っています。
メソッドとしても、単調な発音練習を繰り返すために、CDの収録を30分弱に短縮したり、Parot's Lawという楽しみながら発音をできる方法を提唱したりしています。これなら暫く続けてみてもいいという気になります。
発音の解説自体も簡潔に行われていますが、これでけであれば、類似の本もありそうです。比喩の巧みさとメソッドが、この本の売りであると感じました。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
イギリスに四年間住んでいました。1年半経った頃には、アメリカ人やオーストラリア人に、君は英国訛りで喋るんだね、と言われました。TOEFLで留学前は82点、留学後は106点(120点満点)です。

日本にいる間はこれでも英語力の高い方で通用していましたが、留学当初は多国籍の職場でダントツのどん底の英語力で辛い思いをしました。作文はできるし、文章も(遅いとはいえ)読めるが、聞き取りと話すのが出来ない、という典型的な日本人の英語でした。イギリス人の会話の先生について、まず指摘されたのは発音。ともかく発音が違うと言われる。そんなわけないだろうと抵抗を試みるが、向こうは本物のイギリス人、家に帰ってから辞書で発音記号を調べたり、本書や、類書の「イギリス英語でしゃべりたい! UK発音パーフェクトガイド」で調べると、やはり指摘された通りで、20年間思い込んできた英語の音はまったく似ても似つかないものだったということを痛感したのでした。

SとSHの発音の違い、というのが最初に出てきますが、これほとんどの日本人が出来ていません。この区別ができているかどうかだけでほとんどその人の英語力を推し量れるくらいです。

1年半ほどかけて、本書と「「イギリス英語でしゃべりたい!」を頼りに、すべての発音記号についてその発音と聞き取りを身につけました。イギ
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
使いはじめて3ヶ月ほどたっての感想です。
発音バイエルの部分ですが、100回以上繰り返すようにということですが、全部を繰り返すのは大変なので、聞き取りにくい箇所のみ選択して13分程度に短縮して、週末に繰り返して聞いています(選択繰り返しにはWMPで再生リストを使ってます)。
こちらはいいのですが、Parrot's Lawの部分は、なかなか実践が難しいです。音楽の発音は難しいとこれまで敬遠していたのですが、好きな曲の歌詞を聞き取るという方法は、こういう意味の歌だったのかという発見がありますので、結構有益な方法です。しかし、100回繰り返して聞いたり、発音記号を全て書き出すというのは結構面倒で挫折してしまいます。繰り返して聞くと聞こえてくるというのも疑問で、違う風に聞こえる音は何度聞いても違う音に聞こえます。
音楽を聞いて分かったのは、個々の音の発音の聞き取り以上に、音声変化(この本でいうと第5章の部分)の聞き取りが難しいということです。音声変化で歌詞が聞き取れないのが、7割位占めているような感じがします。この音声変化に絞った解説をした本がほしいところです。筆者に言わせれば、音声変化は音声バイエルの延長にあるということでしょうが・・・
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー