¥ 2,052
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
英語耳ボイトレ 発声術を学べば一発で通じる、聞き取... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

英語耳ボイトレ 発声術を学べば一発で通じる、聞き取れる 単行本(ソフトカバー) – 2008/10/29

5つ星のうち 3.5 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 359

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 英語耳ボイトレ 発声術を学べば一発で通じる、聞き取れる
  • +
  • 単語耳 英単語八千を一生忘れない「完全な英語耳」 実践編Lv.2
総額: ¥4,158
ポイントの合計: 126pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

英語が通じるか否かは声と息の出し方次第。腹式呼吸などのボイストレーニングにより、英米人並のよくひびく声や深い息が身に付き、英語が一発で通じます。リズムに乗せた発声・発音・早口言葉CDで、楽しく英語の声に変身しましょう。発音できればリスニングも100%(=英語耳)になります。1日20分の練習で1ヶ月で効果を実感。CNNや洋画を字幕なしで見られる日が来ます。子音・母音の出し方を詳しく解説した保存版・発音バイエル付きで、日本人の弱点である子音・母音の発音の仕分けなどを基礎から楽しく学べます。

内容(「BOOK」データベースより)

英語が通じるか否かは声と息の出し方次第。腹式呼吸などのボイストレーニングにより、英米人並のよくひびく声や深い息が身に付き、英語が一発で通じます。リズムに乗せた発声・発音・早口言葉CDで、楽しく英語の声に変身しましょう。発音できればリスニングも100%(=英語耳)になります。1日20分の練習で1ヵ月で効果を実感。CNNや洋画を字幕なしで見られる日がやって来ます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 160ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2008/10/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 404867448X
  • ISBN-13: 978-4048674485
  • 発売日: 2008/10/29
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 53,290位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
私の知人に、生まれも育ちもニッポンの英会話の達人が2人いる。
1人は、米国人の中でも早口で知られるニューヨーカー達と平気でペラペラ
議論できる日本人女性だ。その彼女に、少し前に英会話上達のコツを聞いた。
曰く、「やはり数年のNY留学経験が大きいけど、日本にいる間は文法と
発音を徹底的にやったのが良かった。
私は個人的趣味で発音記号を中学、高校で徹底して極めたので、
それが英会話への苦手意識をなくした。
あまりいろいろな学習法に手を出すよりも、やっぱり文法と発音が大切。
だから発音を極める英語耳や単語耳はおすすめできる。」とのことであった。
もう1人の達人は日本人男性である。彼は英会話の指導者でもある。
かなり昔に、彼にも話を聞いたことがあるのだが、
「高校1年の時に、米国人のボイストレーニングを受けて開眼しました。
日本の英語の授業ではボイストレーニングを必修にすべきですよ。
発音する際の息の使い方が決定的に違ってきますから。」とのことであった。

今回の「英語耳ボイトレ」では、ついに自宅でもネイティブよるボイストレーニングを
体験できる。なおかつそれに「英語耳」の松澤氏、日本人ボイストレーナーの福島氏が
お墨付き
...続きを読む ›
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本の著者は3人いて、担当ページは分かれているものの、担当分野が重複しています。

「理論編」には
 ・松澤氏による理論と実践トレーニング。
 ・福島氏による理論と実践トレーニング。
が書かれています。

「実践編」には、
 ・オコナー氏による実践トレーニング。
 ・福島氏による「補足」
が書かれています。
「理論編」と「実践編」の分け方がよく分かりません。
尚、CDは「実践編」に対応する音声が収録されています。

同じ事項について、3氏が別々に違う表現で書いており、また、
本に書かれている順番は、読者の習得段階での「気づき」の順番と一致していません。
本の、どこから実践すればいいのか、分かりにくい構成になっています。
正しい順番で身に付けなければ、身につかない技術がありますので、気になりました。

著者のうちの松澤氏の担当部分には、息の強さ、腹式呼吸など、体を緊張させる記述が多いのに気がつきました。
読者が響く声を習得するには、発声気管のリラックスが必須ですから、松澤氏の記述部分が逆効果になると思います。
松澤氏が言う「複式呼吸」は、「喉が閉じた」、響かない声を出す方法なんですよ。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
意外としょっぱい評価のレビューが多いですが、そんなに悪い本ではないと思います。著者の主張は、実践的な英語のリスニング・スピーキング力の向上には正しい発音を知ることが重要であり、ボイストレーニングのカリキュラムは正しい発音の習得にも効果的だということです。この本に掲載されている理論や、付録に記載された詳細な発音の解説はちゃんと読めば非常に役に立つもので、付録CDと併せて学習すれば、日本人としてはかなりレベルの高い発音を習得出来ると思います。とにかく、スピーキング力、つまり「自分の発音が通じるようになる」というのがこの本の最大の効果ではないかなと私は思いました。

一方で、問題は何かというと、この著者、わかっててあえて無視して書いているんじゃないかと私は思うんですが。

この本では「日本人の発声は弱い、日本語は強い発声を必要としないからだ、英語はそれでは通じない」という主張が随所に出てきます。ただ、これは米国あたりで仕事すればわかると思いますが、当の(特に米国の)ネイティブスピーカーがこの本のような強くて明瞭な発音をしないのです。米国のネイティブスピーカーはしばしば、口も大して動かさずに曖昧な発音でモゴモゴとしゃべります。人前でのスピーチですらそうです。本書の著者に名を連ねるクレア・オコーナー氏は日本人向け英語教師などではなく、米国で活動する、米
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本はなんと言っても今までの単語耳シリーズとちがって、初級者から上級者までどのレベルの人でも自分が一番今苦手に思っている部分を練習できるというのが評価できる。
ボイトレの部分では、英語は複式呼吸という一番重要な部分が練習でき、初心者や中級はまず、徹底的に大きな声を出すために息を前に出すということを学べる。
特にS音やwordやGirlの発音は息を大量に押し上げるということが必要だからだ。
m音やn音やL音を響かせる練習のCDが今までなかったので嬉しい。
時間はかかるとは思うが必ずネイティブに近い音が出せるようになると思う。

上級者にとっては歌と同じ速さで言えることとR音とL音の練習は今後の目標ができて楽しみだと思う。何回かやっていると最初はスピードに追いつけず無理だと思えたのができるようになってきた。
そうするとリズムにのっていっしょにCDの声と言うのが楽しい!

私にとっては理論が少なく実践が多いので(本が薄い)一冊仕上げるのに達成感があると思う。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告