通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 sea-lass
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2015年3刷、帯なし。カバーに多少スレありますが、中身は良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新書) 新書 – 2015/7/17

5つ星のうち 4.4 88件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 49

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新書)
  • +
  • 英語の害毒 (新潮新書)
  • +
  • 英会話不要論 (文春新書)
総額: ¥2,355
ポイントの合計: 74pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

【各界の識者が絶賛! 】
●佐伯啓思(『さらば、資本主義』著者・京都大学名誉教授)
公共精神を失ったグローバル・エリートが日本を破壊する。
それが英語化だ。その欺瞞を本書は見事に暴き出した。

●水野和夫(『資本主義の終焉と歴史の危機』著者・日本大学教授)
日本の経済と民主主義を破壊する
「英語化の大罪」を明らかにした力作。凄い本だ。

●中野剛志(『TPP亡国論』著者・元京都大学大学院准教授)
日本人が抱く直観的な不安に
確かな根拠と論理を与えてくれる。これぞ名著。

●白井聡(『永続敗戦論』著者・京都精華大学専任講師)
社会の根底から対米従属構造を強化するのが英語化だ。
本書は、これと闘うための優れた『武器』である

【おもな内容】
グローバル資本を利する搾取のための言語=英語。
気鋭の政治学者が「英語化」政策の虚妄を撃つ!

英語化を進めた大学に巨額の補助金を与えるスーパーグローバル大学創成支援から、果ては英語公用語特区の提案まで。日本社会を英語化する政策の暴走が始まった。
英語化推進派のお題目は国際競争力の向上。しかし、英語化を推進すれば、日本経済は急速に力をなくすだろう。多数の国民が母国語で活躍してこそ国家と経済が発展していくという現代政治学最前線の分析から逆行することになるからだ。
国際政治の力学から見ても、英語による文化支配のさらなる強化は、世界の不平等を拡大するだけだ。グローバル・エリートと国民一般との分断。「愚民化」を強いられた日本国民は、グローバル資本に仕える奴隷となるのか。
TPPで決定的となった日本社会の英語化。その罠を暴き、公正な世界秩序づくりへの処方箋を描く、衝撃作!

【目次】
はじめに 英語化は誰も望まない未来を連れてくる
第1章 日本を覆う「英語化」政策
第2章 グローバル化・英語化は歴史の必然なのか
第3章 「翻訳」と「土着化」がつくった近代日本
第4章 グローバル化・英語化は民主的なのか
第5章 英語偏重教育の黒幕、新自由主義者たちの思惑
第6章 英語化が破壊する日本の良さと強み
第7章 今後の日本の国づくりと世界秩序構想
おわりに 「エリートの反逆」の時代に

【著者プロフィール】
施 光恒(せ・てるひさ)1971年福岡県生まれ。政治学者。九州大学大学院比較社会文化研究院准教授。英国シェフィールド大学大学院政治学研究科哲学修士課程(M.Phil)修了。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程修了。博士(法学)。

内容(「BOOK」データベースより)

英語化を進める大学に巨額の補助金を与える教育改革から、英語を公用語とする英語特区の提案まで。日本社会を英語化する政策の暴走が始まった。英語化推進派のお題目は国際競争力の向上。しかし、それはまやかしだ。社会の第一線が英語化されれば、知的な活動を日本語で行ってきた中間層は没落し、格差が固定化。多数の国民が母国語で活躍してこそ国家と経済が発展するという現代政治学の最前線の分析と逆行する道を歩むことになるのだ。「愚民化」を強いられた国民はグローバル資本に仕える奴隷と化すのか。気鋭の政治学者が英語化政策の虚妄を撃つ!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 256ページ
  • 出版社: 集英社 (2015/7/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087207951
  • ISBN-13: 978-4087207958
  • 発売日: 2015/7/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 88件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 20,012位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
 新自由主義やグローバリズムの問題点,安倍政権の足らざるところを,「英語」を切り口に鋭く分析した好著。

『日本が本当に目指すべきは,日本人の英語力強化ではない。目指すべきは,非英語圏の人々が,安心して日本人と同じくらい英語が下手でいられる世界の実現である。』(P236)

『明治の近代化の始まりから150年が経とうとしている今,英語化を推進するのは,先人の努力への冒瀆である。』(P239)

『私の知人にフィリピン出身で日本に20年以上暮らす方がいる。(中略)母国フィリピンの言語状況を次のように説明し,身を切るような言葉で,近年の日本社会の英語化に警鐘を鳴らしている。「英語化や英語の公用語化を実施しても,英語を高いレベルでこなせるようになるのは一部のエリートのみであって,しかもそのエリートが国民のことを考えるより,外国企業などの『手先』と化してしまうことがあります。(中略)フィリピンはもっともグローバル化,つまりアメリカ化してきた国のひとつです。日本で英語化を推進するにあたって,フィリピンがどうなってしまったのかを参考にしていただきたいと思います。』(P246)

 多くの箇所で深く納得,共感をしました。 是非,ご一読ください。
コメント 90人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ミヤコ トップ500レビュアー 投稿日 2015/12/28
形式: 新書
英語公用語化、早期英語教育の教科化、スーパーグローバル大学にハイスクール、
国際バカロレア認定校の早期増加要求…。それまでの政策への検証が十分になさ
れることなく次々に英語化への改革がなされている。しかも近年は「政府の方針
に沿ってグローバル化を進めればお金をつけるけれど、それ以外の学校の補助金
はカットしますよ」という政治姿勢で、学校間の競争を煽らせている。

その背景には、楽天の三木谷氏に代表されるビジネス界からの影響があることは
周知のことである。本書は、こういった流れが「愚民化」を進めるという少々過激
な副題で、政治学をご専門とされる著者が学術的にNOを突き付けた本である。

著者は、近年の英語化の背景には、グローバル化こそ歴史の必然であり進歩である
という「グローバル化史観」があることを指摘する。そして、この史観の背景には
新自由主義的な発想があることも指摘している。本書では、こういった流れは進歩
ではなく「中世化」であることを、中世のラテン語使用状況を例示しながら主張し
ている。

すなわち、ラテン語を各言語に翻訳し、土着化したからこそ、各国の興隆が起こった
こと、明治時代の先人たちが欧米の書物を翻訳し
...続きを読む ›
1 コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
誤解を恐れずにいえば、英語は日本国内では必要では有りません。

私は、アメリカに2年、マレーシアに3年住んで英語だけで生活してきました。英語はビジネスで使う文意はどんなシーンでも何とかなる自信があります。ですが、日本国内で生活をするにあたり英語を使う機会はほとんどありません。

確かに、海外に出ると英語ができると便利でしょうが、それは英語が語学の中では比較的簡単に習得できるということと、会話できる人口が一番多い言語であるということに過ぎません。

このような私も常々不思議に思っていた事があります。英語で日本語の微妙なニュアンスをどのように伝えるのだろうかということです。日本語は小学生レベルで2~3千の漢字を覚えます。大学に入る頃までには、漢字は5千以上。熟語まで入れると数万のレベルを頭に入れます。

しかしながら、英語は通常5千、上級でも1万語ぐらいしか使いません。これでは、本当に細かいニュアンスは決して伝わりません。また、英語と日本語は概念の幅があるのでぴったりとした訳語が見当たらない場合も多いのです。つまり、日本人が英語を話すとどんなに流暢に話せようとも、完全に同じ概念を共有することが難しくなります。

世界的に見ても、母国語で初等教育から博士課程まで一貫して教育ができる国は、数
...続きを読む ›
10 コメント 520人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
普段私達が何気なく使っている言葉の中に明治維新後の近代化の過程で、西洋の言語から翻訳したものが数多くある(哲学、経済、近代など)。
日本は古来から、近代以降は特に外来の文物を多く取り入れて来たけれども、言語に関して言えば、それら外来語を翻訳し日本語化して来た。
著者は現在推進されている「社内英語公用語化」「小学生からの英語科履修」などはそれとは異質であると指摘する。
読み進めるうちに、先人達の血の滲むような努力で築き上げられて来た近代日本を「グローバル化、英語化は歴史の必然」などとして、現在進行形で推し進められている政策が日本社会を根底から破壊するものであると感じられ、暗澹とした思いに駆られる。そして、文面からは著者の歴史や蓄積されて来た日本文化を慕う繊細で熱い思いとまさに今が重大な国の行く末を分かつ岐路にあることへの意識と危機感が伝わってくる。
このままグローバル化・英語化の形が強化されてしまい、また自分で考え、思いを伝えることができる母国語を無邪気にファッションや流行で自らすすんで蔑ろにすることは、先人たちや将来の日本人を裏切り、現代の我々自身をも想像以上の悲劇に追い込んでしまう気がしてならない。
将来世代を育てる全ての人に是非読んでいただきたい。
コメント 164人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー