¥ 864
通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
英語の発想 (ちくま学芸文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

英語の発想 (ちくま学芸文庫) 文庫 – 2000/11

5つ星のうち 4.7 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 377

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 英語の発想 (ちくま学芸文庫)
  • +
  • 英文翻訳術 (ちくま学芸文庫)
  • +
  • 英日日英 プロが教える基礎からの翻訳スキル
総額: ¥4,190
ポイントの合計: 127pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

翻訳とは、二つの言語間のギャップを、いちばんのっぴきならない形で乗り超える作業だといえる。日本語らしい自然な表現を探り当てるには、単に個々の単語の処理や言葉のあやといった技術的なことがら以上に、根本的な発想の転換こそが求められる。本書はあくまでも「翻訳の現場から」という立場にこだわり、具体的な翻訳作業の分析を通して、日本語と英語の根本的な発想・認識パターンの違いを鮮明に浮かびあがらせる。「直訳」から「意訳」への劇的な変換を迫る画期的な翻訳読本。


登録情報

  • 文庫: 221ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2000/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480085882
  • ISBN-13: 978-4480085887
  • 発売日: 2000/11
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 24,740位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
英語がどのような「発想」を持って組み立てられているのかを「日本語の発想」と比較してして示している。主語がなかったり、同じ時間軸にいても、時制が現在、過去と飛んだりする日本語だが、それは語り手とその「状況」の関わりによって行われていることだったのだと、この本を読んで改めて気づかされた。また、その違いが明確になったことにより、日本語から英語へ、または英語から日本語への橋渡し(翻訳)が、よりスムーズにできるような気がする。

この本でくり返し述べられている「英語は〈もの〉に注目し...「働きかけ」という動作主性の軸にそって疑念化し言語化するのにたいして、日本語は状況を〈こと〉としてまるごとすくい取る」という記述には脱帽だ。「日本語と英語とは根本的に言葉の使い方が違うな」と漠然と感じていたが、安西氏が言語化してくださり感謝している。著者が長年、翻訳者として実践し、積み重ねてこられた「宝」ともいえる貴重な学びを伝授してくださったことに感謝せずにはいられない。できたら安西先生の授業を受けたいくらいだ。
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/7/21
形式: 文庫
 先に『英文翻訳術』を読みましたが、そちらと合わせて読むことをお薦めします。私は、翻訳者としてはまだ駆け出しですので、『英文翻訳術』で触れられていなかった部分、例えば、
 英語は名詞中心の<もの>的な捉え方をすると同時に、行動中心の<する>型の表現を取るのにたいして、日本語は動詞中心の<こと>的な捉え方と同時に、<なる>型の表現が特徴である……
こういった筆者の指摘に対し、ああ、そうだなと深くうなずきました。また、他にも「無生物主語の構文」、「間接話法」、「受動態」といった翻訳しづらい部分にも話が及んでいます。必ずや翻訳の実践に大いに役立つと思います。 ※タイトルは「文庫版あとがき」より
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
英語を書くときに主語をどうしたら良いのか、しばらく悩んでおりました。何かそこに日本語と英語の大きな発想の違いがあるように感じておりました。何冊か関連する本を読んだ結果、状況⇔因果、動詞⇔名詞、節⇔句、こと⇔ものようなものを漠然と感じておりました。

本書は、翻訳読本という形で、実例を挙げて詳解してくれるています。日本語の「AがXであれば、BがYになる」に対して、英語の「XであるAが、BをYにする」というのがよくわかりました。

「英語の発想」とのタイトルですが、同時に日本語の奥深さについても新たな視点を与えて頂きました。感謝!
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
長年翻訳をやってきて、マンネリ化して困っていたところだったので、この本を読んでリフレッシュした。いままで自己流でやっていて不安だったことも、やっぱり正しかったんだと思えたところもあった。また時間に追われて、しらずしらずのうちに直訳調になっていたところも、ちゃんとした日本語にすべきだなと大いに反省した。

日本と英語で言語表現が違うということは、ものの見方も違ってくるのだろうか(つまり日本人は主観的で西欧人は分析的に世の中を眺めているのか)などということまで考えさせられた。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この本は、英文学研究者が日本語を再発見した過程を案内してくれる本だ。

安西先生は、英語の構文の世界観の観点から、日本語らしい日本語とは
どんな表現なのか、という疑問に対して、丁寧に教えてくれている。
その証拠に、この本で盛んに引用されている言語学者たちはいずれも
日本語の深層を直観した研究者たちである。

「そうか、だから日本語ではそういう表現をするのか!」と合点させられる。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 比較言語学の方法論で、英語と日本語、それぞれの発想法について論じた一冊です。
 2年前に『英文翻訳術』(ちくま学芸文庫)をとても興味深く読んだことがあり、著者が同じというだけで手にしてみたのですが、翻訳のみならず、日本語で文章を綴る上でのヒントが多く、読み応えのある書でした。

 著者は英語と日本語の差異をまず大づかみに、英語は名詞中心の言語である一方、日本語は動詞中心の言語だと指摘します。もう少し突き詰めて言うなら、英語は客体的な<もの>を焦点に文章を組み立てるが、日本語はある状態なり出来ごとなりをもっと状況に即して、全体的、直感的に、<こと>としてすくい取ろうとするというのです。
 翻訳論的にいえば、無生物ですら主語にすることが頻繁な英語文における名詞は、和訳するにあたっては、「動詞によみほどく」こ
...続きを読む ›
1 コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック