Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,944

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[エディテージ, 熊沢美穂子]の英文校正会社が教える 英語論文のミス100
Kindle App Ad

英文校正会社が教える 英語論文のミス100 Kindle版

5つ星のうち 4.0 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,944

紙の本の長さ: 288ページ
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

どんなに優れた研究内容でも、論文にミスが多ければアクセプトは望めません。本書では、46万稿の校正実績を持つ英文校正会社エディテージが、基本的だけれど日本人研究者がおかしがちなミスを網羅。正しい英語で論文を執筆し、アクセプト率をアップさせたい研究者必携の一冊です。

■100本の英語論文を分析した結果にもとづきミスを紹介
英文校正会社エディテージのもとに集まった100本の論文を分析し、その結果をもとに日本人研究者がおかしやすいミスを厳選掲載しました。とりあげた各ミスには、分析結果にもとづく発生頻度と、校正者の経験にもとづく重要度を3段階で示しており、優先的にとり組むべき項目がわかります。

■論文執筆前と執筆後に注意すべきポイントもカバー
倫理問題、出版計画のたて方、ジャーナルの選び方、英文校正・翻訳サービスの効率的な使い方、ジャーナルへの問い合わせ、査読コメントへの対応といった論文執筆前後に注意すべきポイントを、ケーススタディなどをまじえながら、わかりやすく紹介しています。

■カバーレターのテンプレートやチェックリストも収録
巻末には、論文投稿時のカバーレターのサンプルや、論文出版までのスケジュール表、投稿前に確認したいポイントをまとめたチェックリストを収録しています。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

内容(「BOOK」データベースより)

どんなに優れた研究内容でも、論文にミスが多ければアクセプトは望めません。本書では、46万稿の校正実績を持つ英文校正会社エディテージが100本の論文を分析。基本的だけれど日本人研究者がおかしがちなミスを網羅した英語論文書籍の決定版です。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 118694 KB
  • 紙の本の長さ: 289 ページ
  • 出版社: ジャパンタイムズ (2016/2/5)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B071G59GMZ
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 10,054位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 yukiy 投稿日 2016/12/30
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
英文校閲はエディテージに頼んでいます。
その会社から本が出たので買ってみました。どんだけカモだよ、と我ながら突っ込みを入れつつ。

読んでみた感想、、、これ良いですよ。
英文ライティングになれた人にもお勧めです。習得して当たり前の基本を抑えています。本書に従って作文して、英文校閲に出すと完璧だと思います。本書に書かれていたことですが、基本的な文法ができていると、校閲者に余裕ができるそうで。校閲者はその余裕から、論文の内容まで理解して添削する傾向にあるようで。すると質は上がるようで。

校閲者全員がそうだとは限りませんので、あくまでも確率を上げる努力ですが、時間のある方は本書を楽しめると思います。本1冊読む余力の無い人は英文校閲ダイレクトで出した方が効率的です。

私は気に入りました。独学で身につけたことが載っていたりすると、自分は正しかったんだなぁと自信にもなります。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
実際の校正から例をとっているので現実に即しておりためになった。

やはり冠詞の問題、複数・単数、時制などの問題が、実際のところ、自分には大きく感じた。

ここはやはり最終的には校正でチェックしてもらう必要があると感じた。
(これを読んでそう思ってしまうのはエディテージの思うツボか・・・)

次回はエディテージに校正をお願いしたいと考えるようになった(笑)
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
医学系生物系の科学論文を中心に懇切丁寧に間違いやすいところを指摘してくれいます。以前査読者から指摘されて、なぜそれがダメなのかわからないままになっていた点も、解説が載っておりようやく理解することができました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ksksks 投稿日 2016/4/22
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
論文作成時のtipsをまとめてくれています。知らないこともありそれなりに参考になりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
いつもお世話になっているエディテージさんが出された英語論文作成のためのTips集。46万稿を扱われてきた実績と、その中から選りすぐりの100本を分析されて、よくあるミスから大事な校正に関わる様々な点について書かれています。論文を書いている時に「これってどうなの?」って疑問に思うところがカバーされていて、疑問に思った時に当たれば助けてくれると思います。
一読して、「へぇ」とか「ほぉ」、「なるほどぉ」なんて思ったところに付箋を貼っておくと、後で論文作成時に再チェックしやすいかと思います。読みやすいのですごく参考になりましたし、これからも使わせてもらえそうです!
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
執筆前、執筆中、執筆後のミスを取り上げる3章構成です。なかでも大半(200ページ近く)を執筆中のミスが占めています。基本的な内容ながら、では自分が間違えずに書けるかというと、そんなことはなく、うっかりミスをしてしまいそうなものが多く記載されていました。investigateとmeasure、presentlyとat present、deviseとdevelop、omitとexcludeの使い分けのミスや、as a resultやon the contraryなどの誤用、異なる性質のものを比較してしまう、などはいかにもやってしまいそうです。ところどころ知識を確認する練習問題もついています。
また、英文校正会社のサービスをどう使いこなすかについても言及されており、参考になりました。この価格にしては充実した内容の本だと思います。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover