通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
英国庭園の謎 (講談社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■ご注文通知から1営業日以内に発送。■水ヌレ、ヨゴレ、キズ防止の為、エアキャップまたはクッション封筒に入れて発送いたします。■万が一、こちらの商品説明及びガイドラインで認められている範囲以外に不良点がございましたら送料及び商品代金を全額返金いたします。■商品の状態 【カバー】多少のキズ・ヨゴレあり。【本体】カキコミなし。多少のキズ・ヨゴレあり。【付属品の不足】問題なし。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

英国庭園の謎 (講談社文庫) 文庫 – 2000/6/15

5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 617
¥ 617 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 英国庭園の謎 (講談社文庫)
  • +
  • ブラジル蝶の謎 (講談社文庫)
  • +
  • ペルシャ猫の謎 (講談社文庫)
総額: ¥1,809
ポイントの合計: 120pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

資産家の人知れぬ”楽しみ”が、取り返しのつかない悲劇へとつながる表題作。日本中に大パニックを起こそうとする”怪物”「ジャバウォッキー」。完璧に偽造された遺書の、アッと驚く唯一の瑕疵(かし)を見事に描いた「完璧な遺書」―─。おなじみ有栖川・火村の絶妙コンビが魅せる全部アタリの絶品ミステリ全6編を収録。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

資産家の人知れぬ楽しみが、取り返しのつかない悲劇を招く表題作。日本中に大パニックを起こそうとする“怪物”「ジャバウォッキー」。巧妙に偽造された遺書の、アッと驚く唯一の瑕疵を描いた「完璧な遺書」―おなじみ有栖川・火村の絶妙コンビが活躍する傑作ミステリ全六篇。待望の国名シリーズ第4弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 344ページ
  • 出版社: 講談社 (2000/6/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062648911
  • ISBN-13: 978-4062648912
  • 発売日: 2000/6/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 69,426位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 pfs7 殿堂入りレビュアー 投稿日 2003/1/14
形式: 文庫
国名シリーズ第4作、火村&有栖川コンビの第7作で第3短編集。正に、紹介にもある通り、ハズレなし。どれも恐ろしく質の高く、夢中になって読める。第1短編集『ロシア紅茶の謎』第2短編集『ブラジル蝶の謎』に続く傑作集だ。
気鋭のエッセイストの死の真相を、電話の会話から解き明かす「雨天決行」。「家の者が、用済みになった私の命を狙っている」と主張する、スランプに陥った作家から犯人探しの依頼を受けた火村と有栖川の調査を描く「竜胆紅一の疑惑」。殺人犯のアリバイがかかった1枚の写真に写っている有栖川、果たして写真に焼き付けられた日付は・・・「三つの日付」。有栖川ではなく犯人の一人称で語られる珍しい作品「完璧な遺書」。かつて火村によって犯行を暴かれた男の復讐「ジャバウォッキー」。そして、資産家のほんのお遊びが惨事を招いた事件「英国庭園の謎」。どれも趣向と謎に満ちた大満足の6作品。第4短編集『ペルシャ猫の謎』もおすすめ!
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「箱の中に収まったいろいろな形のチョコレートを眺めて、おいしそうだな、何から食べようか、と迷うのは楽しいものです。そんなミステリの詰め合わせを作ったつもりですので、ご賞味ください。はずれなし。毒入りも混じっていない……はずです。」・・・著者の言葉より。
作者の言葉どおりの、楽しめる作品集。謎解きの楽しみを味わえます。
個人的には「言語意味のクラッシャー」ジャバウォッキーがお気に入りです。「英国庭園の謎」は、クリスティ張りの長編でもいけそうな設定と内容でした。「完璧な遺書」は、手に汗握る感覚があります。「三つの日付」は小技のきかせ方が楽しい。
火村とアリスの掛け合いがさえるさえる!ジャバウォッキーを捉えるあたりのコンビネーションがとても楽しくて、本!当に「名コンビ」だと痛感してしまいました。小気味よい短編集です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 ミステリの短編で、これほど質が高いものばかりを集めたものは非常に少ない。大体消化不良だったりご都合主義だったりして不満が残るものである。しかしこの本においては、そういうものを全く感じさせない(ただ、純粋なロジックというより登場人物の感情などといった側面に基づいた謎解きが多いような気もしないでもないが)。短編ミステリは大したことないと思っている諸氏、ぜひこれを読んで考えを改めていただきたい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
タイトルになっている「英国庭園の謎 」は
なんか、いまいちでした。
英国庭園の美しい描写とかも、予想外にありませんでしたし。
他の短編集が面白かったです。
特に、「完璧な遺書」は、
なるほどなっと。
他にも「ジャバウォッキー」なんかも
暗号チックで面白いです。
相変わらず、推理作家有栖川&火村教授コンビです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgar トップ500レビュアー 投稿日 2016/2/22
形式: 文庫
英国庭園の謎、と聞いて僕がすぐに思い出すのは…ピーター・グリーナウェイ監督の映画『英国式庭園殺人事件』ではなく、アンソニー・シェーファーの傑作戯曲の映画化『探偵〈スルース〉』だ。このマニアックな意見に同意してくれる人がいたら、その人はかなりのミステリファンだろうと思う。果たせるかな、本作を読むと『探偵〈スルース〉』への言及があって、思わずニヤリとしてしまった。

というように、有栖川有栖は本書においても、本格ファンの本格ファンによる本格ファンのためのメニューづくりに余念がない。一読して、小粒だが粒ぞろいという印象を受けた。表題作の『英国庭園の謎』だけ少し長めなので、中編小説といってもいいけれど。

おおむね楽しく読んだが、ひとつ不満があるとすれば、本編中の思わせぶりなユニオンジャックの解説だ。それが結局、ラストの謎解きにおいて…おっと、この程度のことでも書いてしまうと、未読の人の興を削いでしまいかねないから、本格ミステリの感想というのは難しい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
面白い作品ばかりで驚いた。火村が活躍するだけの殺人事件だけではなく、様々な事件が面白い捉え方で描かれる。『竜胆紅一の疑惑』『完璧な遺書』『ジャバウォッキー』なんかが該当する。これらは設定が面白すぎて中編、いや長編でも読んでみたくなる快作だった。表題作がこれらと比較してページ数の割には「ん〜…」という出来だったのが悔やまれるところ(いやしかし、英国庭園について勉強してしまったのは事実)
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー