¥4,400
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
英国レコーディング・スタジオのすべて 黄金期ブリテ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
7点すべてのイメージを見る

英国レコーディング・スタジオのすべて 黄金期ブリティッシュ・ロックサウンド創造の現場 (日本語) 単行本 – 2017/10/27

5つ星のうち3.8 2個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2017/10/27
¥4,400
¥4,400 ¥6,956
この商品の特別キャンペーン プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。
    プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。今なら本をお得にご購入いただけます。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。今なら本をお得にご購入いただけます。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 英国レコーディング・スタジオのすべて 黄金期ブリティッシュ・ロックサウンド創造の現場
  • +
  • ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実
  • +
  • ザ・ビートルズ・サウンドを創った男:耳こそはすべて
総額: ¥12,100
ポイントの合計: 136pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


アウトレット本から掘り出しものを見つけよう!
「エンターテイメント」カテゴリーの商品をお手頃価格で販売中! 詳しくはこちら

商品の説明

内容紹介

黄金期ブリティッシュ・サウンドが生まれた「現場」を知る!

1960~70年代のロック名盤を生んだ、45の録音スタジオと7つのモービル・スタジオの詳細なデータを収録。
コンソール、マイク、テープマシン、アウトボード、ルームの様子、スタジオ固有の音響テクニックなどがわかる!

エンジニアやスタッフが回想する名盤誕生にまつわる逸話(数多のドタバタ、ひらめき、冷や汗)も掲載。
ハワード・マッセイは『ビートルズ・サウンド 最後の真実』の共著者。
日本語版は、国内外で活躍するレコーディング・エンジニアの井上剛氏とKenji Nakai氏が監修。

「レコーディングについて書かれた本のなかで間違いなく最重要の一冊……
爆発的発展期の英スタジオシーンに関する情報の宝庫だ」マルコム・アトキン(APRSチェアマン)

本書“イントロダクション"より
ポップミュージックの“黄金期"――ロックンロールがけたたましくシーンに登場した50年代半ば頃から、70年代後半、ドラムマシンといったデジタルオーディオ機器が音楽の非人間化に向けて、
情け容赦のない行進を始めるまでの間――には、これは大英帝国で作られたレコードだと教えてくれる、米国で作られたものとは一線を画する“英国の音(ブリティッシュ・サウンド)"が紛れもなく存在した(中略)。

音の相違は如実な場合もあれば、微妙な場合もあるけれど、大英帝国のスタジオ(大半はロンドンにあった)で生まれたレコードと、ニューヨークのA&RやナッシュヴィルのRCAスタジオB、
ハリウッドのキャピトル・タワーで作られたものとの間には、間違いなく客観的な違いが存在する(後略)。

先導役はザ・ビートルズであり、彼らはジョージ・マーティンやEMIエンジニア陣による協力の下、聴衆の受容力の限界を試し、押し広げるレコードを絶えず創造し、既成概念の枠を止むことなく超えていった。

彼らのあとに他の英アーティストたちも続き、新たな要素を次々に自らの音楽に組み入れ、手持ちの道具の限界を試し、押し広げていった。そして60年代半ば、英国の録音は革新性に関していえば、
米国で、いや世界中のどこでなされたどれと比べても遜色のない、あるいはどれよりも優れたものになっていた。

端的に言えば、“英国の音(ブリティッシュ・サウンド)"は、いるべき人がいるべきときにいるべき所にたまたまおり、彼らの創造的構想を実現するのに必要な道具が手元にたまたまあり(あるいはなく)、
相反する技術的“標準"の数々が途方に暮れるほど膨大に存在するのが当たり前という激動期をどうにか乗り切れるだけの力が彼らにたまたまあった、という偶然の積み重なりから生まれた
――そしてそこにはさらに、偶然の幸運と不運もたっぷりとあった。つまり、語るに足る物語なのだ。

登場する主なスタジオ
アビイ・ロード/デッカ/フィリップス/パイ/IBC/ランズダウン/アドヴィジョン/CTS/ザ・ミュージック・センター/304ホロウェイ・ロード/オリンピック/トライデント/AIR/
サウンド・テクニクス/モーガン/アップル/アイランド/マナー/RAK/ローリング・ストーンズ・モバイル/LMS…ほか

序文:サー・ジョージ・マーティン

内容(「BOOK」データベースより)

史上類を見ない録音スタジオ解剖学。大小39ヵ所のスタジオと7台のモービルを徹底研究し、「英国の音」の核心に迫る。『ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実』の著者による集大成!

続きを見る

登録情報

  • 単行本: 376ページ
  • 出版社: DU BOOKS (2017/10/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4866470313
  • ISBN-13: 978-4866470313
  • 発売日: 2017/10/27
  • 梱包サイズ: 25.6 x 20 x 2.4 cm
  • カスタマーレビュー:
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 405,459位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.8
星5つ中の3.8
評価の数 2
星5つ
42%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
58%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2019年1月12日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年4月13日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告