中古品
¥ 465
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◎中古本としては並程度の状態で、汚れや傷みのダメージが少量ある本です。本文への書き込みやライン引きはございません。帯、はがきは付属しておりません。◎アルコールクリーニング後、日本郵便のゆうメール(追跡不可、発送日時の指定不可、サイズの大きい物は直接受け渡し、日曜・祝日の配達無し)で発送致します。複数の商品を同梱する場合は予告無しに発送方法を変更させていただくことがございます。予めご了承くださいませ。◎商品に不備がございました時は、メールに画像添付と不備内容を記載の上ご連絡くださいますようお願い申し上げます。◎なお、住所不備などにより弊社に返品されました商品は、メールにてご連絡の後1週間保管させていただきます。ご連絡をいただけない場合、商品キャンセルとして代金を返金させていただきますが、配送料はご返金致しかねますのでご注意くださいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

英国お菓子めぐり 単行本 – 2004/12

5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 190
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

英国のフリーペーパーで大人気!英国各地を旅して出会った伝統菓子31種を紹介します。


登録情報

  • 単行本: 133ページ
  • 出版社: 新紀元社 (2004/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4775303481
  • ISBN-13: 978-4775303481
  • 発売日: 2004/12
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 753,380位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2005/1/19
形式: 単行本
英国のお菓子がこんなにたくさんあることに驚きます。お菓子のレシピは殆どが現地でのオリジナルのままで、日本で手に入らない食材には代用のアドバイスもあります。このまま作るだけでイギリスの田舎のティールームで食べたケーキとおんなじ味を家でも楽しむ事ができました。
また、レシピ本でもありながら数十種類に及ぶお菓子ひとつひとつと、その発祥の地にまつわるエピソードも充実していてお菓子を焼かない人にも充分楽しめる1冊だと思います。たくさんではないけれどティールームの紹介などもあるので、旅のお供にもお勧めです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/10/2
形式: 単行本
イギリス的なものも簡単なお菓子作りも好きなので、思わず中身を見ることなく注文した本ですが、星3つで。わたしはイギリスに行ったことはない、あちらでお菓子を食べたことがない。そんなわたしが「作りたい!食べたい!」と思うお菓子の写真はあまりなくて残念。イラストも味はあるのですがあまり好みではないし、レシピの説明としては読みづらいです。星5つのレビューが多かったのでちょっと期待しすぎたのかもしれません。この本がよくない、と言うつもりはないのです。好みの問題だと思います。
お菓子のレシピの本、と言うよりイギリスの素朴なお菓子とその背景の本、と言う感じでエピソードもたくさん。そこは読んでて楽しかったです。わたしのような中途半端ではないイギリス好きな人、イギリスについていろいろ知りたい人、イギリスで暮らして向うで食べたお菓子が懐かしい、自分で作りたい方にはもっとうれしく思える本なのかなとも思います。
長尾智子さんの「英国アフタヌーンティーのお菓子 」も持っているのですが、そちらはお菓子のエピソードは少ないですが、レシピはわかりやすいし実際に作りたい、食べたい写真と説明いっぱいでした。(実際にいろいろ作りました)
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/12/28
形式: 単行本
とても可愛らしい1冊でした。
英国の田舎のほのぼのとした雰囲気と、そこから生まれたお菓子のもつ温かみと歴史が感じられました。
単なるお菓子の紹介だけでなく、紹介されているすべてのお菓子のレシピが載っているのは嬉しい限りです。日本でも材料の調達ができるようアドバイスもあり助かります。
手書きの挿絵と写真が素敵で、切り取って飾っておきたい感じです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告