¥1,980
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
英単語イメージハンドブック がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


英単語イメージハンドブック (日本語) 単行本 – 2008/10/4

5つ星のうち4.2 57個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1,980
¥1,980 ¥143

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 英単語イメージハンドブック
  • +
  • 一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)
  • +
  • 英語表現WORD SENSE 伝えるための単語力
総額: ¥5,170
ポイントの合計: 52pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者について

大西泰斗 (おおにし・ひろと)
現在、東洋学園大学教授。筑波大学大学院博士課程修了。英語学専攻。オックスフォード大学言語研究所客員研究員を経る。ポール・マクベイ氏との共書『ネイティブスピーカーズシ
リーズ』(研究社)、『ハートで感じる英文法』(NHK出版)他。
ポール・マクベイ
現在、麗澤大学教授。オックスフォード大学で修士号を取得。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

大西/泰斗
現在、東洋学園大学教授。筑波大学大学院文芸言語研究科博士課程修了。96‐97年、オックスフォード大学言語研究所客員研究員。専攻、英語学

マクベイ,ポール
現在、麗澤大学教授。英国プレスコット出身。オックスフォード大学MA(修士号)取得後、英国、オーストラリア、スペイン、日本で語学教育に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 青灯社 (2008/10/4)
  • 発売日 : 2008/10/4
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 256ページ
  • ISBN-10 : 4862280250
  • ISBN-13 : 978-4862280251
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.2 57個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
57 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年11月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち1.0 日本語解説のイメージがピンとこない!
ユーザー名: Amazon カスタマー、日付: 2018年11月26日
まずは購入前に本屋さんで自分が知りたい単語のイメージの項目を読んでください。
投稿者「どんず」さんに同感。出だしの「冠詞」で解説の理解が出来ず気落ちしました。また、納得しかけたら次の解説や例文で奈落に落ちる。この繰り返し。冠詞の例文で、I hate the dog next door. があるが、冠詞の使い方以前に「the dog next door」は「隣の犬」と訳されていて「next door」の使い方が初心者の域を超えている。上級者からすれば「そんなことも知らないの?」と思われると思うが、同内容の英文でもそんな英文表現じゃなく、もっとさらっと理解できる別の英文表現あるでしょッと思ってしまう。この書籍のほとんどの例文が初心者にはやさしくない。初心者がその「単語」だけにフォーカス出来る(出来れば中学生レベルの)やさしい例文を引用して欲しかったと感じた。また他の単語の例文の多くがネイティブ(?)に特化した例文が使われている。ネイティブが使う英語表現を見に付ける目的で本書籍を購入した訳ではなく例文自体につまずきページが進まない。

単語「but」のイメージのひとつとして「but の感触」があるが例文のAさんとBさんの会話のシチュエイションがまったく理解できない!アメリカン冗句だとしたら冗句にもなっていないのでは。「but」より会話が気になって仕方がない。

本書籍は全体に例文と日本語訳とイメージ解説が、(例えば)冗談を言った本人だけがバカ受けしているような自画自賛のような感じを受け学習意欲がわかない。

単語イメージ解説についてもう少し話すと
解説している日本語文の8割以上が理解出来ない!英語のイメージを掴む以前に著者の日本語解説のイメージが掴めない。本書籍は同著者のいくつかの同様の書籍の総集編とのこと。その中に同著者の「一億人の・・・」というイメージの解説書がありAmazonの商品紹介に著者が書いている「著者からのコメント」が記載されている。このコメント文が理解出来ない方は単語イメージ解説も理解出来ないかもしれない。本書籍の解説はこのコメントよりも理解出来ない日本語文解説ばかり。おそらく他の書籍の解説も同種の解説がされていると思われる。
*商品紹介「出版社からのコメント」の日本語文は十分理解できる。

また例文訳も直訳から発展させ過ぎて違和感を感じる。
この書籍のすべての日本語の解読には頭が痛くなる。
この書籍ではネイティブの感覚は身に付かないかも。個人差あり。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年4月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年7月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年11月15日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年4月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年11月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年10月31日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2011年2月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告