Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 700
Kindle Unlimitedのロゴ
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[高橋 琢磨]の苦悩し、変貌するアメリカ ―自動車・住宅に支えられた中産階級民主主義の将来
Kindle App Ad

苦悩し、変貌するアメリカ ―自動車・住宅に支えられた中産階級民主主義の将来 Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 700

【50%OFF以上】書籍・雑誌 サイバーマンデーセール
対象のKindle本が、期間中50%OFF以上の値下げ実施中(12/11まで)。小説、ビジネス書から雑誌まで、全ジャンルがお買い得のこの機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

自由、平等をうたうアメリカ。そのアメリカでボストンマラソン事件が起きたことから説き起こし、自動車が自由を、大きな家が平等を象徴していた工業化時代の中産階級に支えられた民主主義が、筆者のいう創知情報化時代の中産階級、民主主義を求めて苦悩し、その苦悩の中から新しい社会を建設していこうとしている姿を描くアメリカ経済社会論。歴史的な振り返りもあり、アメリカ経済、アメリカ地域研究などの教材にもなり得る。

アメリカでボストンマラソン事件が起きた。アメリカの市民権をとり、奨学金を得て大学にも通っていた弟が、アメリカになじめなかった兄に誘われて二人テロを働いた。移民をアメリカ人に変えてきた同化の力をもつと考えられてきたアメリカが変わってしまったのだろうか。筆者は、ツァルナエフ兄弟が、現代アメリカにおける朝日平吾であったのではないかと疑う。朝日が起こした事件とは、平等が与えられていないとの理由から1921年に朝日が安田財閥の安田善次郎を殺戮したもので、テロの戦前期昭和の始まりを告げた事件である。
 自動車に乗ってやってきたアメリカの世紀は、自動車産業が庶民に車と自分の家を持てる賃金を提供し、その自動車が自由を、大きな家が平等を象徴していた。しかし、時代が工業の時代から、筆者いうところの創知情報化時代に変わり、アメリカ経済社会の風景も変わった。アメリカが創知情報化時代に対応できなかったというのではない。金融を先頭としたグローバル化よって、アメリカはその成果を刈り取ってきたのだ。創知、技術進歩がなかったというのではない。アメリカは、バイオで世界をリードし、ICT技術でも先端を走り、その標準を握ってきたのだ。それが世界に先駆けてGDPは、R&Dや著作権の投資を盛り込んだ創知情報化時代に対応したものにする。集計手法の改訂は93年ぶりになる。
だが、『機械との競争』を著したMITのエリック・ブリニョルフソン教授らも指摘するように、金融やグローバル化の成果の配分は一部のひとに留まり、技術進歩はヒトとの競争の結果として人間からジョブを奪いとってしまったのだ。つまり、大卒見合いのジョブが欠落し始めたのだ。
国家の競争としては効率が求められる。それを追及していけば、リスク社会になり、安全を求めた民間の自主的な動きゲーデッドコミュニティの建設、さらにはシティの分離となりアメリカの分裂が目に見える形になっている。そのアメリカ分裂の危機を救おうとしたオバマ医療改革法(ACA)をめぐっての対立は、アメリカの分裂を象徴するものであり、アメリカの苦悩の象徴だ。
だが、オバマ大統領は再選され、機会均等の追及というワシントンの政治の流れの方向性は確認されたものの、ボストンマラソン事件が意味するところは、遅い平等の回復にアメリカ社会がいらだちを見せているということだ。アメリカは創知情報化時代の自由と平等を求めて前進しなければならず、やはり科学をベースとした経済の高度化が目指すことろだ。幸い、シェールガス革命、3Dプリンター革命などがアメリカの製造業復活の契機となり、アメリカの経済の立て直しの後押しをする。できない言い訳を考えるのではなく、トライして結果を待つ国民性が国の形を鋳直すような変化をもたらそう。

著者紹介:Takahashi Takuma, Ph.d.

慶應大学経済学部卒業後、カルフォルニア大学(バークレー)ハース経営大学院修了。野村総合研究所では、ニューヨーク事務所、ロンドン支店長、経営開発部長、主席研究員などを務め、企業、金融、経済の調査、政策提言などを行った。また、中央大学大学院教授に転じ、北海道大学客員教授、早稲田、明治学院などで非常勤講師を務めた。ロンドン駐在時代にはイギリスの下院での証言、渡航の多かった中国では社会科学院傘下の研究センターの特別招聘研究員になるなどの活動をしたが、現在は日本シンクタンクアカデミー理事で、留学先の日本同窓会の世話役などをしている。著書に『戦略の経営学』ダイヤモンド社、『マネーセンターの興亡』日本経済新聞社、『中国市場を食い尽くせ』中央公論新社など。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2707 KB
  • 紙の本の長さ: 180 ページ
  • 同時に利用できる端末数: 無制限
  • 出版社: ぽから (2013/11/13)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00DJ7V0VO
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 223,244位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク