苦役列車(通常版) [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,850
通常配送無料 詳細
発売元: ドットコム家電&ホビー
カートに入れる
¥ 3,050
通常配送無料 詳細
発売元: MINORITY RECORDS
カートに入れる
¥ 3,050
通常配送無料 詳細
発売元: libro KURIEMA
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

苦役列車(通常版) [DVD]

5つ星のうち 3.6 37件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,257 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,847 (45%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 1,725より 中古品の出品:13¥ 500より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【キングDVDマーケット】 ももいろクローバーZのライブDVDやアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』ほか、新着タイトルや人気ランキング、キングレコードのミュージックやアニメなどを今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 苦役列車(通常版) [DVD]
  • +
  • 横道世之介 [DVD]
総額: ¥5,432
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 森山未來, 高良健吾, 前田敦子
  • 監督: 山下敦弘
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: キングレコード
  • 発売日 2013/01/11
  • 時間: 113 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 37件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B009KTC258
  • JAN: 4988003816346
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 109,227位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

山未來、高良健吾、前田敦子 豪華キャストで贈る芥川賞受賞作映画化作品 遂にBD,DVD化!
第144回芥川賞を受賞した西村賢太の「苦役列車」。19歳の肉体労働者、北町貫多のどうにもひねくれた青春を綴ったこの小説。その熱狂的な読者を獲得している本作の映画化作品。主演は『モテキ』の超絶的な快演で現代を生きる男子のリアリティをダイナミックに体言した森山未來。孤独と鬱屈にねじり曲がりながら、なぜか憎めない貫多のひそやかな愛嬌を演じる。貫多と友情らしき何かが芽生える同僚、日下部役に透明感のある演技で進境著しい高良健吾。そして、AKB48を卒業した前田敦子が映画オリジナルのヒロイン、康子に扮する。メガホンをとるのは『天然コケコッコー』『マイ・バック・ページ』の気鋭、山下敦弘監督。森山も高良も前田も、山下作品に出演するのが夢だったという。映画ファンの胸を高鳴らせるこの豪華コラボが生み出した、まったく新しい青春映画が待望のブルーレイ&DVD化! !
1986年。19歳の北町貫多(森山未來)は、明日のない暮らしを送っていた。日雇い労働生活、なけなしの金はすぐに酒と風俗に消えてしまい、家賃の滞納はかさむばかり。そんな貫多が職場で、新入りの専門学生、日下部正二(高良健吾)と知り合う。中学卒業後、他人を避け、ひとりぼっちで過ごしてきた貫多にとって日下部は、初めての「友達」と呼べるかもしれない存在に。やがて、古本屋で店番をしている桜井康子(前田敦子)に一目惚れした貫多は、日下部の仲介によって、彼女とも「友達」になる。でも「友達」ってなんだろう・・・不器用に、無様に、屈折しながら、けれども何かを渇望しながら生きてきた貫多は、戸惑いながらも19歳らしい日々を送るが・・・

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

芥川賞を受賞した西村賢太の原作を山下敦弘監督が映画化。1986年、日雇い労働者として働く19歳の北町貫多は、ある日新入りの専門学生・日下部との出会いを機に、戸惑いながらも19歳らしい日々を送るが…。『モテキ』の森山未來主演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
1985年に19歳というのは、自分とほぼ同世代だ。
自分は普通に大学生活を送り、時たまバイトをしながら楽しい
時間だったが、そんな世界の中でこういう同世代がいたことに
びっくりさせられる。

どうしようもないダメ男を演じる森山未來がとにかく秀逸。
金もない、女もお金で解決、友人もいない、汚そうと、
ヤバそうな気配満載の役柄を喜々として演じている。
2013年現在、引き籠りの特性はちょっと変化していると思う。
これだけストレートに性欲を打ち出すパワフルさに脱帽だ。

高良健吾はある意味カメレオンらしい芝居だったが、表情と内面
の差がけっこうありそうな感じが良かった。
山下組はもともと若手女優の使い方が上手いので、前田敦子の演技
もそのぎこちなさがかえって良かった。高良がメイキングで語って
いたが、前田敦子の最初のセリフで「あれ?この娘変わってる」
と思わせるセンスは買える。

無国籍的な雰囲気も良かったが、ロケは高円寺や台東区あたりで
行われているそうだ。また主要な舞台となる倉庫は横浜・大黒埠頭
(メイキングで平和島とテロップが出るが間違い)の丸全昭和運輸の
施設を借りている。
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
私が高校生だった頃に観ていたアメリカの70年代から80年代の映画を思い出させるような映画です。
役者さんも皆素晴らしい演技で、のめり込む程に疲れます・・・若い頃は続々したものですが、この年齢
になるとやはり疲れる映画ではあります。でも、良く出来ているからこそそこまで引きずり回されるんですね。
映画館で観て、今回BD番で購入して良かったです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
作品自体はスゴいです。
間違いなく、観ておいいた方がいい。
面白く作ってあるし・・・
笑わせてくれるシーンも多い。
なのだが、
どーにも、好きになれない。
森山未来、すばらしい芝居です。
見事。
高良健吾と前田敦子も、しっかり脇を支えているし。
見事です。
ですが、好きになれない。
誰にも感情移入できない。
それすら拒まれているように感じる。
森山未来演ずる貫多くん、申し訳ないが
友達にはなれないなぁ・・・
なりたくないなぁ・・・
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
「オレはダメだな〜」と思っている総ての若きボンクラ野郎どもへ、心からの心を込めて、本作を贈る
ーーこれは大槻ケンヂが自身の小説「グミ・チョコレート・パイン」に寄せた言葉だが、映画「苦役列車」にも同じ言葉が当てはまるのではないかと思う。

80年代を舞台に主人公北町貫多の惨めでみっともない青春を描いた本作。ろくでなしのダメ人間である貫多の造形がとにかく出色で、派手なストーリーがないにもかかわらず彼が出ているだけで画面に惹きつけられる。鬱屈とした青春の日々を描きながら笑える箇所も大いにあり、数々の下品な描写に抵抗がなければ(むしろそうした描写が魅力なのだが)、娯楽映画として十分楽しめるのではないかと思う。
原作小説の方はかなり陰鬱とした作風で、同じテイストを期待すると多少の「ぬるさ」は否めないかもしれない。けれどその「ぬるさ」、言い換えるなら「やさしさ」こそがこの映画の魅力だと思う。それはつまり、どうしようもないダメ人間である貫多をそれでも最後まで突き放さなかった山下敦弘監督と脚本のいまおかしんじ氏のやさしさだ。両人のような眼差しを持った人がいるということ自体が救いであり感動なのである。(もちろん「ぬるい」というのはあくまで原作と比較した場合の話であって、基本的にはそんな甘っちょろい映画ではない)

俳優陣の演技もすばらしく、
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nannari-to トップ50レビュアー 投稿日 2014/1/4
形式: Blu-ray
森山のヘタレ男振りダメ男振りは最高!!

NHKはこれ見て夫婦善哉の主役にしたんじゃないかな。

雨中のあのシチュエーションでの心からの「・・ともだちなんかいらないっ・・」は大いに秀逸だった。極まっていた。

原作に比べると肉体労働の日々の体と心の苦役の描き方が少ないと感じた。
でも、これはこれで良いかと思いもしたけど。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す