この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

若葉のころ ~ベスト・オブ・ビー・ジーズ

5つ星のうち 5.0 14件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の ザ・ビージーズ ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (1996/5/17)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ポリドール
  • 収録時間: 78 分
  • ASIN: B000007VSC
  • EAN: 4988005179906
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 7,076位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 若葉のころ
  2. ニューヨーク炭鉱の悲劇
  3. ラヴ・サムバディ
  4. ホリデイ
  5. マサチューセッツ
  6. 獄中の手紙
  7. ワールド
  8. ジョーク
  9. 想い出を胸に
  10. ロンリー・デイ
  11. メロディ・フェア
  12. 傷心の日々
  13. イン・ザ・モーニング
  14. マイ・ワールド
  15. ラン・トゥ・ミー
  16. ジャイヴ・トーキン
  17. ユー・シュッド・ビー・ダンシング
  18. 愛はきらめきの中に
  19. ステイン・アライヴ
  20. 恋のナイト・フィーヴァー
  21. 失われた愛の世界
  22. ラヴ・ユー・インサイド・アウト

商品の説明

Amazonレビュー

   67年のデビュー以来、数々の名曲を生み、トータル1億枚以上のセールスを誇るビージーズ。97年にはアメリカのロックの殿堂入りも果たしている。そんな彼らの選りすぐりのナンバーをアソートした本作では、バリン、ロビン、モーリスのギブ3兄弟の美しいハーモニーとメロディが奏でる珠玉の22タイトルを取り上げている。
   96年に、日本のTVドラマの主題歌となった<1>や、ヴォーカルのアプローチをガラリと変え、サウンド重視の作りとなった映画『サタデー・ナイト・フィーバー』の<19>なども収録。(春野丸緒)

メディア掲載レビューほか

TV:TBS系ドラマ『若葉のころ』の主題歌を含む、全22曲収録のベスト・アルバム。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
14
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(14)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 sasabon #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/8/23
形式: CD
マーク・レスターとトレーシー・ハイドの可愛い姿が印象的な映画「小さな恋のメロディ」が多くの日本人に愛された頃、挿入曲の「メロディ・フェア」と「若葉のころ」は、当時大ヒットしました。
最近発売されたベスト・ヒットのアルバムには収録されていなかったので残念でしたが、数年前に発売のこのCDに収録されていて、とても懐かしかったですね。弦楽アンサンブルの流れるようなバックにのせて歌われたビー・ジーズの優しいハーモニーがとても素晴らしいかったですね。1960年代後半のビー・ジーズのサウンドを知るには最適の曲です。
でも、もっと懐かしかったのは中学生の頃、聴いていた「マサチューセッツ」に再び出合えたことです。ライナー・ノーツによりますと1968年の作品だそうで、37年前のことになります。ビー・ジーズの出発点の曲です。「ジョーク」や「ホリディ」も同時代のヒット曲でよく聴きました。当時はビートルズの全盛の時代でした。ビートルズとは一味もニ味も違った個性を持ち、優しいハーモニーのグループの出現を当時の音楽シーンは歓迎しました。
時代は下り、1970年代後半、日本では「ディスコでフィーバー!」という言葉が流行りました。その流行の元になったのは、ジョン・トラボルタの主演映画「サタデー・ナイト・フィーバー」でした。映画の冒頭、ビー・ジーズが歌う「スティン・アライヴ」の音楽にのっ
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
本アルバムは1996年に日本版だけのリリースとなった、Bee Geesのベスト・アルバムである。他方2008年リリースのベスト・アルバム『Number Ones』もあるが、右アルバムでは70年代以降が主体であるのに対して、本アルバムは60年代のヒット・ナンバーを多くフィーチャーしているところに特色がある。前掲アルバムにはない、日本ではお馴染みの「First of May」(69年)、1971年の映画『小さな恋のメロディ』(原題は“Melody”)のテーマ曲となった「Melody Fair」(1969年のアルバム『...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ビージーズはなんて名曲が多いのだろうか。このアルバムを聴けば日本でももっと人気が出るはずだ。聴かず嫌いの方がいたなら、このアルバムはオススメだ!ビージーズの事をよく分かっている人が選曲したと思う。ビギナーの方も昔は聴いてたけれどCDを持っていない方には必需品。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 romarin 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2003/5/24
形式: CD
TWENTY-TWO HITS OF THE BEE GEESという原題どおり、22曲のヒットを
うまく集めたコンピ盤。
彼らの長いキャリアの中から22曲を選ぶのは至難の業だったかもしれない
が、このCDは非常に選曲が良く、誰もが知るヒットナンバーをおさえつつ
ビージーズのキャリアを大雑把に振り返ることができる内容。
きれいなメロディーとハーモニーで、キャッチーな一枚。
「ジョーク」は、ジェット機のエンジン音から思いついた曲、「ジャイヴ・
トーキン」の始まりのギターを叩いてる部分は、車で橋を渡った時にする音
からきているそう。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
「マサチューセッツ」
「ジョーク」
「ホリデイ」をはじめ、
「小さな恋のメロディー」
「若葉のころ」
「マイワールド」そして、
「ナイトフィーバー」
「恋はきらめきのなかに」
「ステインアライブ」
他、全22曲など。ビージーズのbestCDはたくさんありますが、何か欠けているものが多い。
このCDは、私の好みがすべて網羅。これベストでしょう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック