若草物語 コレクターズ・エディション [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

若草物語 コレクターズ・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.4 41件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,523
価格: ¥ 982 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 541 (36%)
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 982より 中古品の出品:3¥ 1,050より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で若草物語 (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

人気タイトルをまとめ買い!
この商品は「DVD どれでも3枚 3,090円」キャンペーンの対象商品です。※マーケットプレイスの商品は対象外となります。キャンペーン詳細につきましてはこちらのリンクをご参照ください。 対象商品の一覧 へ


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 若草物語 コレクターズ・エディション [DVD]
  • +
  • 秘密の花園 [DVD]
  • +
  • リトル・プリンセス~小公女~ [DVD]
総額: ¥3,947
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ウィノナ・ライダー, スーザン・サランドン, ガブリエル・バーン, トリニ・アルバラード, サマンサ・マシス
  • 監督: ジリアン・アームストロング
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 発売日 2009/09/02
  • 時間: 118 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 41件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002EBW7SG
  • EAN: 4547462059505
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 32,789位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

私たちを勇気づけてくれるのは、少女たちのあの輝き─。

【ストーリー】
南北戦争の最中。
米・マサチューセッツ州に住むマーチ家の四人姉妹は、気丈な母を中心に出征した父のいない家を守っていた。
青春の煌めきの中で希望に燃え、愛と哀しみを分かち合い、身も心も美しく成長していく姉妹たち。
大きな夢に向けて羽ばたく姿を『17歳のカルテ』『オータム・イン・ニューヨーク』のウィノナ・ライダーを主演に、スーザン・サランドン、クレア・デインズなど豪華共演陣で贈る感動作。

【映像・音声特典】
■メイキング・ドキュメンタリー
■未公開シーン(音声解説付)
■コスチューム&セット(音声解説付)
■ゲーム
■若草物語の歴史
■音声解説(G・アームストロング監督)
■ミュージック・スコア
■オリジナル劇場予告編集
■タレント・ファイル

【スタッフ&キャスト】
《製作》 デニス・ディ・ノービ
《監督》 ジリアン・アームストロング
《脚本》 ロビン・スイコード
《出演》 ウィノナ・ライダー、スーザン・サランドン、ガブリエル・バーン、クレア・デインズ

【Copy Right】 (C)1994 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

※ジャケット写真、商品仕様、映像特典などは予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ルイザ・メイ・オルコットによる不朽の名作小説を、ウィノナ・ライダーほか豪華女優陣の共演で映画化。南北戦争に揺れる米国を舞台に、青春の日々の中で身も心も成長していく4姉妹の姿を描く。“CINE STYLE @ SONY PICTURES ドラマselection 第1弾”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
この作品は、かの有名なオルコットの『若草物語』を映画化したものです。

メグ、ジョー、ベス、エイミーの四姉妹の成長を描いた作品です。

誰がこの4人を演じるのかによって、
作品の出来がすごい変わるでしょう。

ちなみに私は、

メグ役の女優さんはピッタリだと思いました。
ジョー役のウィノナ・ライダーは、ジョーの役をやるにしては、
ちょっと可憐過ぎたような気がしなくもないです。
ベス役のクレア・デインズは可もなく、不可もなく、といった感じです。

そしてエイミー役のキルスティン・ダンスト!
私は彼女があまりステキだと感じたことがなかったのですが、
今回、彼女の子役時代の様子をはじめて見て、
なんてはつらつとしていて可愛らしいんだろう、と思いました。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
母親役にスーザン・サランドン、ジョー役にウィノナ・ライダー、ベス役にクレア・デーンズ、エイミー役にキルスティン・ダンストなど、四姉妹のいるマーチ家をはじめ、隣人のローリー(クリスチャン・ベール)やベア先生(ガブリエル・バーン)、メグの婚約者(エリック・ストルツ)などの脇役までも豪華なキャストが揃っていることに驚きました。アニメ『愛の若草物語』を観ていたせいか、ジョーはもっとガサツでも良かったと思うし、ベス役のクレア・デーンズは病弱に見えない。ヒロインはあくまでもジョーであって、他の姉妹達は引き立て役という感じ、・・・とか文句を言いながらも感動してしまうのは、原作を手堅くキッチリとまとめてあるからだと思います。

いつも寄り添って助け合うマーチ家の仲睦まじさ。それぞれ成長して恋や夢に向かっていく少女たち。その描き方がやさしくて、あたたかくて、物語の結末を知っているにも関わらず、ホロリときてしまいました。特に自分に自信をなくし、どうしていいのかわからずに葛藤するジョーの姿には説得力があって、お母さんにジョーが諭される場面では、思わず私も号泣してしまいました。古典名作と聞くと何だか古臭いイメージがあるけれど、マーチ家のお母さまが教えてくれる「生きる姿勢」は現代の私たちにも十分通じるものがあります。女の子向けと敬遠されている方にも観てほしいです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 waka 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2013/11/20
形式: DVD
1949年のジューン・アリスン主演の「若草物語」と比較しての感想。

良い点
原作に比較的忠実。エミーがジョーの原稿を燃やして、激怒したジョーがエミーをひっぱたき、翌日エミーを無視してローリーと出掛けたジョーを追いかけたエミーが、氷が割れて池に落ち、ジョーがエミーを救出して仲直りするエピソードや、メグが社交界デビューのパーティーで、気取った金持ち連中に振り回されて嫌な思いをするエピソードや、後半、成長したエミーとローリーのやり取りが描かれている点が良い。1949年版は、エミーとローリーが結ばれる過程が描かれていなかった。
おしゃまな子役のエミーがイメージ通り。また1949年版のローリーは、俳優の年齢が高過ぎる上、存在感がなかったけど、今回は若くて存在感があって良い。
メグ役と母親役もイメージに近い。ベア教授役もこちらの方が私のイメージに近い。

悪い点
ベスの出番が少なく、ベスの心優しさがあまり描かれていない。ベスとローリーの祖父とのエピソードが抜けているのが残念。ベス役とローリーの祖父役は、1949年版の方が断然良い。ベス役は、もっと線の細い儚げな俳優を使ってほしい。
ジョー役も、他のレビュアーが言っているように、ウィノナ・ライダーはちょっと可憐で私のイメージと違う。年齢が高過ぎるという点を
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
母親役にスーザン・サランドン、ジョー役にウィノナ・ライダー、ベス役にクレア・デーンズ、エイミー役にキルスティン・ダンストなど、四姉妹のいるマーチ家をはじめ、隣人のローリー(クリスチャン・ベール)やベア先生(ガブリエル・バーン)、メグの婚約者(エリック・ストルツ)などの脇役までも豪華なキャストが揃っていることに驚きました。アニメ『愛の若草物語』を観ていたせいか、ジョーはもっとガサツでも良かったと思うし、ベス役のクレア・デーンズは病弱に見えない。ヒロインはあくまでもジョーであって、他の姉妹達は引き立て役という感じ、・・・とか文句を言いながらも感動してしまうのは、原作を手堅くキッチリとまとめてあるからだと思います。
いつも寄り添って助け合うマーチ家の仲睦まじさ。それぞれ成長して恋や夢に向かっていく少女たち。その描き方がやさしくて、あたたかくて、物語の結末を知っているにも関わらず、ホロリときてしまいました。特に自分に自信をなくし、どうしていいのかわからずに葛藤するジョーの姿には説得力があって、お母さんにジョーが諭される場面では、思わず私も号泣してしまいました。古典名作と聞くと何だか古臭いイメージがあるけれど、マーチ家のお母さまが教えてくれる「生きる姿勢」は現代の私たちにも十分通じるものがあります。女の子向けと敬遠されている方にも観てほしいです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック