通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯つきです。状態は良好です。迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書) 新書 – 2006/9/15

5つ星のうち 3.9 231件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)
  • +
  • 3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 (ちくま新書)
総額: ¥1,534
ポイントの合計: 48pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

年功序列は終わったと言われて久しい。いまや、上場企業の約9
割で成果主義が取り入れられている。とすれば、やる気と才能、そしてハッキリ
したキャリアビジョンさえ持ち合わせていれば、若くても活躍できる時代になっ
たのだろうか。いや、そんなことはない。状況はむしろ逆だ。いまの時代、汗
水たらして働いても、若いときの苦労はけっして報われない。下手をしたら、一
生下働きで終わる可能性もあるのだ−−「3年で3割辞める」新卒離職率、「心
の病」を抱える30代社員の急増、ニート、フリーター問題......。ベストセ
ラー『内側から見た富士通 「成果主義」の崩壊』の著者が、若者の視点で、い
まの若者をとりまく問題の核心に迫る。

出版社からのコメント

仕事がつまらない。先が見えない。
努力しても、成果をあげても、一向に報われない。
やらされるのはいつまでも単純な作業だけ。
「若い」というだけで権限は与えられない。
成果主義なのに初任給から横並び。差がついても、数千円程度。
「若いうちがむしゃらに頑張れ」って言うけど、
いったい、いつまで頑張ればいいのだろうか?

座っているだけの上司、年配者を食わせるために、
クタクタになる若者たち。
その閉塞感の正体に迫る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 231ページ
  • 出版社: 光文社 (2006/9/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334033709
  • ISBN-13: 978-4334033705
  • 発売日: 2006/9/15
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 231件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 133,862位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 お気に召すまま トップ500レビュアー 投稿日 2006/9/26
形式: 新書 Amazonで購入
著者は73年生まれ、東大法卒、富士通の人事部で「成果主義」の導入に関わった専門家。日本における給与体系の原則である年功序列制が直面している矛盾を鋭く指摘する。年齢とともに昇進・昇給する年功序列は、経済が拡大してポストが増えるならば合理的な制度だが、不況下では、人件費削減という至上命令のために、昇進も昇給も大幅に遅れる。若い世代の社員に鬱屈した閉塞感が広がるだけでなく、新卒の正社員採用が大幅に減って、代わりに派遣社員が増え、低賃金で使い捨てされる若者が急増した。中高年社員の雇用を守る代償として、若者に二重のシワ寄せがいっており、これが未婚率の増大や少子化の原因だ。

大学新卒で就職した社員の35%が3年以内に辞める背景には、このような職場の大変動があり、今の若者はワガママで忍耐力がないという批判は当たらないというのが、著者の主張のポイント。しかし著者はまた、ただ状況に押し流されて、自分が働くことについての「内的な動機」を持てない若者の弱点を批判しもする。全体的に議論は説得的だが、「全員の給料を一度ガラガラポンして」(p161)、年功序列を覆えそうというなら、まだ一つ重要論点が未検討のまま残されている。すなわち、中高年社員は妻子を養っているだけでなく、子供の教育費など大きな負担があるから、若い世代より高い給与を必要とするのではないか? この問題にまったく触れていないのが、唯一の不満。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
 新規大卒入社で3年以内に会社を辞める社員の割合は、厚生省の発表では2000年度で36.5%、1992年度が23%なので90年代の間に1.5倍に増えている。

 「若者はなぜ3年で辞めるのか」といった声が、90年代当時、企業の人事部を中心に中高年層からよく聞かれるようになったが、そのほとんどが若者の「根性のなさ」を槍玉に挙げるものばかりだった。(馬鹿な社会ガクシャが「パラサイトシングル」とか言う言葉を作って安易な若者批判に迎合していたような時代だった。)

 しかし、こうした統計的に大きな変化が現れている事実を精神論で語ること自体が馬鹿げている。こうした変化の背後には必ず社会的、経済的な変化がある。著者はその背後にある社会的な要因として年功序列を指摘し、理路整然とした論証でそれを明らかにしている。(大企業だけを議論の対象にしているとか統計調査が不十分だとか批判はあるようだが、問題の所在を明らかにした功績は大きいだろう。)

 今や年功序列や終身雇用を保証することを公言する企業はほとんど皆無だ。どの企業も個人の適性や能力を評価し、成果主義を導入することを標榜している。しかし、それがまったく実体を伴わず、若者だけに負担を押し付けているだけだ、という事実を新たに社会人となった若者たちは感付き始めているのだ。それが新入社員たちにと
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
こりゃ相当世代によってとらえ方が異なるだろう。

あえて筆者と同年代の自分から言えることは以下だ。

自分は普通に日本企業に入社し、「マックのバイト並みの仕事」に嫌気がさして二年で

ドロップアウトし、その後数社を経て、今では某ベンチャーで経営に携わる仕事をしている。

一応上場はしているが、その選択肢が良かったのか悪かったのか、今はまだわからない。

ところで、最初に入社した会社にまだ残っている同期と会うと、彼らの話の半分以上は

“愚痴”である。「仕事がつまらん」「残業で死にそう」「上は無責任」など、これでもかと

いうくらいぶちまけてくれる。

一ついえるとすれば、私は久しぶりに会った知人に対し、いきなり愚痴を言うことはまずない

ということだ。それだけでも、自分の選択肢は正解だったように思う。

彼らと話していて思うのは、彼らはまるで、待っていれば誰かが必ず解決してくれる風に

考えているらしいこと。結局、彼らは一生自分からアクションを起こすことはないだろう。

年功序列というシステムが崩れた以上、レールを降りてどこへ行くかは自分の価値観
...続きを読む ›
コメント 113人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
外国人だから少し考える立場は違いますが、本書を読んで一番ためになった点を幾つかまとめます。

1、会社の人事制度について認識させてくれます。なんやかんや怪しいと思う自分の将来についてどうして、どのように危ないのかを考えさせてくれます。
働く経験が短いし外国人だし言い切れることはできませんが、10年以上存在している日本企業(大企業・中小企業か問わず)はたいてい壊れた年功序列
の人事制度が存在する気がします。私の会社と取引先のお偉いさんを見ればなんとなくそんな雰囲気を感じます。本書を読み終わったらテレビを見る
  ときも特に企業の社風を観察する、ある程度見分けられるようになったと思います。中途採用者ばかりの企業ならオープンとは限らない、平均年齢が
一番重要だと思います。若者はやはり年功序列のあり方を気づいいているから、人事制度は自由、正しく評価できるように持っていく会社を作ってい
くと思います。

2、自分は何のために働くかを考えるのは本当に大切、いや一番大切です。今の御時世では。
決して今の日本がとてもいい社会だから日本にいるわけではないが、少なくともアジアでは最高な社会だと思います。日本人の必要以上の矛盾している
民族性を除けばとても楽しい国だと思い
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー