通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
若林奮 犬になった彫刻家 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 古書高原書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2008年発行/経年並みの商品で特に難ありません
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

若林奮 犬になった彫刻家 単行本 – 2008/2/26


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 5,616
¥ 5,616 ¥ 3,996
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 若林奮 犬になった彫刻家
  • +
  • 対論・彫刻空間―物質と思考 (Le livre de luciole (42))
総額: ¥8,316
ポイントの合計: 195pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「鉄によって彫刻をつくるのではなく、彫刻によって鉄をつくる」
若林奮(1936-2003)は、1950年代から鉄や銅、鉛などの金属素材を使って深い自然観にもとづく思索的な作品を創作し、内外の美術ファンを魅了しつづけた。この彫刻家を若き学芸員時代に「発見」した著者は、文学、哲学、自然科学など多岐にわたる「ことば=思索」をつうじて、無口で気難しいアーティストと心を通わせる。そして《残り元素》《振動尺》など難解な作品名をもつ彫刻に封じ込められた「鍵」を解き明かそうと、その手業のひとつひとつに懸命に心をくだいた。
美術館学芸員として最初期の展覧会を企画、若林奮の存在を日本の美術界に知らしめる一方、著者は新進の評論家として独自の若林論・彫刻論を展開、飯島耕一、加藤郁乎、吉増剛造ら詩人たちとの仲立ちを行う。1980年代にはヴェネツィア・ビエンナーレ日本代表作家として海外に紹介するなど、若林奮が病にたおれるまで、終生の理解者として、その激越な制作現場に立ち会ってきた。
本書は、異才の彫刻家と同時代を伴走した著者の、30年余に及ぶ作家論・エッセイの集成である。「《ヴァリーズ》についての感想」「《緑の森の一角獣座》をめぐる断章」など書き下ろし評論数篇のほか、対談、備忘録、若林奮略年譜、作品写真を加えた。

内容(「BOOK」データベースより)

不思議な作品を遺した鉄の彫刻家・若林奮との出会いと別れ。若き学芸員時代から「ことば=思索」を通じて作家と心を通わせ、内外に紹介してきた美術評論家の30年に及ぶ作家論・エッセイ集成。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 267ページ
  • 出版社: みすず書房 (2008/2/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4622073544
  • ISBN-13: 978-4622073543
  • 発売日: 2008/2/26
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,004,405位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう