通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
若尾文子〝宿命の女〟なればこそ がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

若尾文子〝宿命の女〟なればこそ 単行本 – 2015/7/3

5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,970
¥ 2,970 ¥ 2,011

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 若尾文子〝宿命の女〟なればこそ
  • +
  • キネマ旬報 2015年6月下旬号 No.1690
  • +
  • 女優 若尾文子
総額: ¥6,912
ポイントの合計: 210pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者について

若尾/文子 1933年、東京都生まれ。1951年、大映の第5期ニューフェースとして入社。翌52年『死の街を脱れて』(小石栄一監督)でデビュー。その後、大映映画の良質なプログラムピクチャーを長年にわたり支え、巨匠、名匠の作品にも出演、その数は160本にのぼる。1961年、65年、68年のキネマ旬報主演女優賞を3回受賞など、さまざまな賞を受賞した。大映倒産後はその活躍の場所をテレビや舞台に移し、今なお活躍中 立花/珠樹 共同通信社編集委員。1949年、北九州市生まれ。一橋大学卒。74年共同通信社に入社。ニューヨーク支局などを経て、90年代から文化部記者として映画を担当する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

若尾/文子
1933年、東京都生まれ。1951年、大映の第5期ニューフェースとして入社。翌52年『死の街を脱れて』(小石栄一監督)でデビュー。その後、大映映画の良質なプログラムピクチャーを長年にわたり支え、巨匠、名匠の作品にも出演、その数は160本にのぼる。1961年、65年、68年のキネマ旬報主演女優賞を3回受賞など、さまざまな賞を受賞した。大映倒産後はその活躍の場所をテレビや舞台に移し、今なお活躍中

立花/珠樹
共同通信社編集委員。1949年、北九州市生まれ。一橋大学卒。74年共同通信社に入社。ニューヨーク支局などを経て、90年代から文化部記者として映画を担当する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 253ページ
  • 出版社: ワイズ出版 (2015/7/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4898302912
  • ISBN-13: 978-4898302910
  • 発売日: 2015/7/3
  • 商品パッケージの寸法: 21.4 x 15.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 570,373位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
7
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(7)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 その女優のファンが読む女優本あるいは写真集として期待すると、期待を裏切られるが・・・・この本に関しては、裏切りは許せる。
若尾文子ファンでなくとも「聞き手の妙」で、彼女への興味がわいてくる一冊だ。
 自らを語ったと彼女は言うが、全編を通して言葉の先には「映画監督」との共同作業を語り、優れて「監督論」の入り口ともなっているようだ。読後は再読あるいはDVD鑑賞への好奇心や想像力を喚起させられた。

 著者の前著「岩下志麻という人生」や「新藤兼人の10本」から続く「聞き手の妙」で、今後は若い人が親しみを感じている女優や映画監督へのアプローチを期待したい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日本を代表する大女優である若尾文子さんの貴重な証言を通じて、彼女の女優としてのとてつもない魅力や偉大さ、そして日本映画史そのものをも概観することができる、壮大な一冊でした。

とはいえ、とても読みやすい本です。
大女優から貴重なお話を引き出すばかりではなく、誰にでもわかりやすいように篤く解説。さらには、映画記者としてとの豊富な知識を盛り込んだご自身の見解を展開されている著者からは、「多くの人に映画を楽しんでもらいたい」という姿勢が感じられ、それがこの著作の大きな魅力となっています。映画評論にありがちな、「こんなことも知らないの」的な、高圧的な敷居の高さはありません。

往年の若尾文子ファンの方々は勿論のこと、クラッシックを見始めたばかりで、これからもっと日本映画を知りたいな、と思っている若い方にも、強くお勧めしたい一冊です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本の全編に渡ってインタビュー形式で書かれているので若尾本人の気持ちが率直に伝わってきて
とても面白く読めました。さらに時折ページに掲載されている関連写真や本の最後のほうにある
彼女の出演映画の一覧表もファンの一人としてはうれしいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
表紙の若尾文子さんの写真があまりにステキで、あまりにきれいだから、一気にページをめくりました。
この本で語る若尾文子さんの率直なこと。気さくで、正直で、そしていい意味での誇り高さ。インタビューはどんなに繕ってもその人の本質が出るものだから、この率直な語り口は彼女の本質なんだと思いました。映画女優になるべく生まれてきて、その人生を生きているひとりの女性としての覚悟が伝わってきました。
その時代時代を、真剣に生きてこられた若尾さんだからこそ、「聞かれたことには何でも答えました」と堂々といえるんでしょう。
もちろんインタビュアーである著者が、出演した作品を見ていること、監督や共演者のこと、その時代の映画界を知っているというベースがあるからこそ、これだけのことを聞き出せているんでしょう。
全盛期の若尾さんの作品はあまり見ていなかったのですが、写真がふんだんにあるので作品名は聞いたことがあっても見たことがなかった作品も想像力をふくらませてくれました。機会があれば、ここで語られた作品もぜひ見てみたいと思っています。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告