無料配送: 3月6日 - 7日 詳細を見る
最速の配達日: 3月 6日の土曜日, 4PM-6PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り3点(入荷予定あり)
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
若ゲのいたり ゲームクリエイターの青春 がカートに入りました
+ ¥351 配送料
お届け日 (配送料: ¥351 ): 3月7日 - 10日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
発売元 book鳳
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: カバーに目立たない小キズはございますが、書き込みはございません。(1頁づつ検品しておりますが、もし見逃しがあった場合はご容赦下さい)●記載ない限り帯・特典などは付属致しません。●迅速にゆうメールにて発送致します。ゆうメールには追跡番号は有りません。ご了承お願い致します。●発送に要する時間は遅くても翌日には発送致します。●注文後のキャンセルはご遠慮お願い致します。●発送時の梱包は簡易防水(ビニール袋)に封筒を予定しております。●領収書がご必要な場合は購入後、アカウントサービス→注文履歴を見るから印刷お願い致します。【E5】
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


若ゲのいたり ゲームクリエイターの青春 (日本語) 単行本 – 2019/3/28

5つ星のうち4.3 28個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥1,100
¥1,100 ¥489
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 若ゲのいたり ゲームクリエイターの青春
  • +
  • ゲームの企画書(1) どんな子供でも遊べなければならない (角川新書)
  • +
  • ゲームの企画書(2) 小説にも映画にも不可能な体験 (角川新書)
総額: ¥2,992
ポイントの合計: 29pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

1980~90年代、ゲーム業界は「青春期」だった。そんな時代に大奮闘したゲームクリエイターたちの熱くて、若くて、いきすぎた思い出をたずねたい―。『うつヌケ』『ペンと箸』とレポート漫画を描いてきた田中圭一が今回、話を聞いたのは誰もが知るあの有名ゲームの生みの親たち!!!!

著者について

●田中 圭一:1962年5月4日大阪府枚方市生まれ。近畿大学法学部卒業。大学在学中の1983年小池一夫劇画村塾(神戸校)に第一期生として入学。翌1984年、『ミスターカワード』(『コミック劇画村塾』掲載)で漫画家デビュー。1986年開始の『ドクター秩父山』(『コミック劇画村塾』連載)がアニメ化されるなどの人気を得る。大学卒業後はおもちゃ会社に就職。パロディを主に題材とした同人誌も創作。著書に『田中圭一の「ペンと箸」』(小学館)、『うつヌケ~うつトンネルを抜けた人たち』(KADOKAWA)などがある。

登録情報

  • 出版社 : KADOKAWA (2019/3/28)
  • 発売日 : 2019/3/28
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 168ページ
  • ISBN-10 : 4041070732
  • ISBN-13 : 978-4041070734
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 28個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
28 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年3月28日に日本でレビュー済み
146人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年4月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
38人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年3月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 表紙装丁がカッコ良い。(書籍はモノクロ仕様・電子書籍版はカラー)
ユーザー名: @roomzjp、日付: 2019年3月29日
※書籍版は「モノクロ仕様」として再加工されており(トーン加工など)、道理で見やすい。

2017年5月より「電ファミニコゲーマー」内にて「田中圭一」氏がweb連載中の
「若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜」の中から
有名ゲームタイトル等を軸とした各クリエイターへのルポ漫画
(「ゲームクリエイターの青春」とありますが対象は「ゲーム」だけではなく「ゾイド(玩具)」や「初音ミク(音声合成DTM)/VOCALOID」もあり)
2018年6月7日配信の第11話迄を配信順にて収録。(1話1人)

書籍版、amazonの商品説明内にある
「●製品情報(資材及び加工)●」の部分が無駄に詳しく表記されている通り、
表紙装丁がやたらとカッコ良い。(良い意味です)

本編はweb版がオールカラーに対し、清いくらいに※「オールモノクロ」な書籍化。
(Kindle版は【電子書籍限定フルカラーバージョン】)
販売価格を抑えるための苦渋の決断?カラーが必要では?と思えた部分は多少あります、
(キャラクターカラーアイコン等)が、そこまで重要ではないかも。
「ぜったいカラーだ。」って方はweb掲載版、「Kindle版(フルカラー)」でドウゾ。

装丁デザインを重視したためか、「帯」で「タイトル」の確認は出来るが
[表・裏]紙で各話対象の「人物名」が確認出来ない。
(カテゴリ的には厳選されたちょう有名人なので不必要との判断?)
ジャンル初心者への配慮がもう少しあっても良いのかな?と。「書店員の腕が試される」書籍。
+「紙の本」として出来るコト、もっともっとあったのではないのかな?と。
((例えば:欄外注記などで「要らない情報(ムダ知識)」を書き込む等。))

第 1話 『ファイナルファンタジーVll(1997)』坂口博信(さかぐち ひろのぶ)2017年5月31日配信
第 2話 『アクアノートの休日(1995)』 飯田和敏(いいだ かずとし)2017年6月30日配信
第 3話 『メカ生体ゾイド(1982・1983)』 徳山光俊(とくやま みつとし)2017年7月27日配信
第 4話 『龍が如く(2005)』 名越稔洋(なごし としひろ)2017年8月31日配信
第 5話 『MOTHER(1989)』 糸井重里(いといしげさと)2017年10月26日配信
第 6話 『星のカービィ(1992)』 桜井政博(さくらい まさひろ)2017年11月30日配信
第 7話 『初音ミク(2007)』 佐々木渉(ささきわたる)2018年1月2日配信
第 8話 『プリンセスメーカー(1991)』 赤井孝美(あかい たかみ)2018年3月1日配信
第 9話 『電脳戦機バーチャロン(1995)』 亙重郎(わたりじゅうろう)2018年4月5日配信
第10話 『どこでもいっしょ(1999)』 南治一徳(なんじかずのり)2018年5月10日配信
第11話 『ぷよぷよ(1991)』 仁井谷正充(にいたに まさみつ)2018年6月7日配信

基本的に学習マンガ的に読む構成、応用的にも「マジメ」な内容。
安心して人にオススメ出来る内容。

ところで・・・初音ミクさんの前身「MEIKO(2004年)」の部分に登場する
シンガーソングライター「拝郷メイコ(はいごうめいこ)」さん、
表現上「ツンキャラ」的に描かれているカンジですが
「ゆる」「ふんわり」それでいて「THE シンガソングライター」な歌のおねえさん。なので、あしからず。結構重要。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年5月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年4月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年5月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年4月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2019年5月18日に日本でレビュー済み
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告