通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
若きウェルテルの悩み (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

若きウェルテルの悩み (新潮文庫) 文庫 – 1951/3/2

5つ星のうち 4.3 51件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 497
¥ 497 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 若きウェルテルの悩み (新潮文庫)
  • +
  • ファウスト〈1〉 (新潮文庫)
  • +
  • ファウスト〈2〉 (新潮文庫)
総額: ¥2,030
ポイントの合計: 63pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ゲーテ自身の絶望的な恋の体験を作品化した書簡体小説で、ウェルテルの名が、恋する純情多感な青年の代名詞となっている古典的名作である。許婚者のいる美貌の女性ロッテを恋したウェルテルは、遂げられぬ恋であることを知って苦悩の果てに自殺する……。多くの人々が通過する青春の危機を心理的に深く追究し、人間の生き方そのものを描いた点で時代の制約をこえる普遍性をもつ。


登録情報

  • 文庫: 205ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1951/3/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102015019
  • ISBN-13: 978-4102015018
  • 発売日: 1951/3/2
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 51件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,885位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
学生時代に読んだ中で、青年の恋愛模様を描いた他の小説は
漱石の三四郎や鴎外の青年なども印象が残っていますが、
それらに比べてもこの小説から受けた影響は甚大でした。

「ちょっぴりせつないラブストーリー」どころではありません。
下手をすると鬱になります。それは、美しすぎる愛情のせいでもあります。
青年の片思いの感情を、ここまで美しく、ここまで激しく描いた小説を自分は知りません。

自分自身、一時的に軽い「ウェルテル現象」に陥りました。
世界が色を失って灰色に染まり、まるで夕暮れが一生続くような思いでした。
この本に出会ったこと、ゲーテに出会ったことは、良かったとか悪かったとか一言で簡単には言えません。

ただこの本の中には、真剣に人生に向き合い、信条に向き合い、愛する人に向き合う青年の姿があります。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 クロネコ 投稿日 2016/10/26
形式: 文庫
自分は恋愛小説(特にフランス文学)が苦手だ
「自分に関係ない」と思ってしまう
小説なんてフィクション(作り話)だから
関係なくて当然だが、「フィクションをフィクションとして」
素直に楽しめないのである
自分は愛について、こだわりがあるので
そのせいかもしれない
ところが本作は違う
なんの違和感もなく読めるし、面白くて大好きになった
素晴らしい作品だ
かつて作者ゲーテは「この小説は自分のために書かれたと
思わない人がいたら、その人は不幸だ」と言った
自分はそうは思わないが、逆なら思う
すなわち「自分のために書かれたと思う人がいたら
その人は、とても幸福な人だ」と思う
その人は「恋をすること、人を愛することの
素晴らしさ」をわかっている人だからである
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/6/8
形式: 文庫
心豊かで優しく繊細な青年ウェルテルの苦悩する日々を叙情的に綴った青春文学。ウェルテルはもうすでに婚約者のいる美しく心のきれいなロッテに激しい恋をし、最後にはその絶望的な恋によって自殺してしまうのですが、ロッテを想うウェルテルの姿にはただもう胸が苦しくなってしまうのです。また恋の事だけでなく青春期における世の中や人生の悩みについても深い考えが示されており感嘆せずにはいられないのです。ああ、ウェルテル、僕はこの本を、ずっと大切にしまっておくだろう。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 大人になった人間、30も超えた人間からしてみたら青春とはいかなる意味合いを持つのであろうか。33である私は振り返ってみて、23あたりまで青春していたと思う。その青春において私は陶酔し、情熱的な恋愛もし、はしゃぎまわっていた。私はなるほどそのころ誤謬の真っただ中にいたであろうが、それでも私は幸福であった。そして私は後悔の念をちっとも抱いていない。
 やがて青春の陶酔は去り、私は現実世界へと没入しなければならなくなった。そしてしばらくの間、私は過ぎ去りし青春を回顧し、懐かしみ、現在を嘆いた状態であった、これは誰しもあることだと思う。
 今現在、私は幸福である。青春を懐かしむことはなくなった。思い出すことはあるにしても。自分で言うのもなんだが、私はかなり成熟の段階に入ったと自負している。

 私はこの作品を大した作品だと思わない。確かに、詩情豊かで、情熱は当然ながら大いに込められている。しかしながら読んでいてウェルテルのロッテに対する思いは、私の胸をときめかせたというよりも、どこか嫌悪の念を抱かせた。最後の部分、すなわちウェルテルが自殺を決意する場面になってくると、私は半分読み飛ばした(一応結末を知っていたこともある)。確かに私自身もウェルテルのような気持になったことは、若かりし頃確かにあり、それ故その若々しい気持ちを描くことに関しては良く出来て
...続きを読む ›
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本を読み、何かを得る時期は一生に違いない
けれど本を読み、自分を作ることができる時は限られている。
この本は自分を作れるときに、そして自分を作った後に、
もう一度読んで欲しい本、時を選ばず何度でも読んで欲しいと
何も知らない人にも薦めてしまう本
もしあなたの好きな人に、
選ばれた人がいたら、
そして選ばれた人と友人でいたいなら、
その時のあなたをこの本の中に見出すことができるかもしれない。
私が同じ立場であったら
何もせず、そのまま時を過ごすだろうけど
私はこの本の中で、ひとつの理想を見つけ
それに憧れを抱く、これは私だと誰かに言いたくなり、
そしてこの本を一番の友人としようする。
あなたが、この本で何かを得たとき、
私は幸福を感じるだろう、きっとあなたを友人と呼びたくなる。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー