通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
若きウェルテルの悩み (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

若きウェルテルの悩み (新潮文庫) 文庫 – 1951/3/2

5つ星のうち 4.3 50件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 497
¥ 497 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 若きウェルテルの悩み (新潮文庫)
  • +
  • ファウスト〈1〉 (新潮文庫)
  • +
  • ファウスト〈2〉 (新潮文庫)
総額: ¥2,030
ポイントの合計: 181pt (9%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ゲーテ自身の絶望的な恋の体験を作品化した書簡体小説で、ウェルテルの名が、恋する純情多感な青年の代名詞となっている古典的名作である。許婚者のいる美貌の女性ロッテを恋したウェルテルは、遂げられぬ恋であることを知って苦悩の果てに自殺する……。多くの人々が通過する青春の危機を心理的に深く追究し、人間の生き方そのものを描いた点で時代の制約をこえる普遍性をもつ。


登録情報

  • 文庫: 205ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1951/3/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102015019
  • ISBN-13: 978-4102015018
  • 発売日: 1951/3/2
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 50件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 17,644位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
学生時代に読んだ中で、青年の恋愛模様を描いた他の小説は
漱石の三四郎や鴎外の青年なども印象が残っていますが、
それらに比べてもこの小説から受けた影響は甚大でした。

「ちょっぴりせつないラブストーリー」どころではありません。
下手をすると鬱になります。それは、美しすぎる愛情のせいでもあります。
青年の片思いの感情を、ここまで美しく、ここまで激しく描いた小説を自分は知りません。

自分自身、一時的に軽い「ウェルテル現象」に陥りました。
世界が色を失って灰色に染まり、まるで夕暮れが一生続くような思いでした。
この本に出会ったこと、ゲーテに出会ったことは、良かったとか悪かったとか一言で簡単には言えません。

ただこの本の中には、真剣に人生に向き合い、信条に向き合い、愛する人に向き合う青年の姿があります。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
青春時代に本がぼろぼろになるほど読み返しました。恋に苦しむ心を慰めてくれる本です。叶わぬ思いに苦しむのはあなただけではない、同じように悩み苦しんだ魂がある、ということを知ることにより慰められるはずです。
結末の是非が論議の対象になることがありますがそれ以前に純粋に恋に苦しむ若い心を描いたところにこの作品の類稀なる価値があるのだと信じています。恋しい人を思う1分1秒が身を刻まれるように辛いほど真剣にだれかを思ったことがある方になら必ず心に響く作品です。
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/6/8
形式: 文庫
心豊かで優しく繊細な青年ウェルテルの苦悩する日々を叙情的に綴った青春文学。ウェルテルはもうすでに婚約者のいる美しく心のきれいなロッテに激しい恋をし、最後にはその絶望的な恋によって自殺してしまうのですが、ロッテを想うウェルテルの姿にはただもう胸が苦しくなってしまうのです。また恋の事だけでなく青春期における世の中や人生の悩みについても深い考えが示されており感嘆せずにはいられないのです。ああ、ウェルテル、僕はこの本を、ずっと大切にしまっておくだろう。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私は中学生の時にこの本を読み、大学はドイツ文学科に決めました。
友達には「ただの不倫小説やん」「主人公が暗い」と一蹴されましたが…
確かに、主人公が人妻への片思いに悩むのが本筋となっていますが、それを肉付けしているウェルテルのコンプレックスや、正義感の強さ、美しいものや「ここではない、どこかへ」の憧れなど、ゲーテの描き方は本当に素晴らしいと思いました。
脳ミソが体育会系の人と、鬱っぽい人にはオススメできません。
でも、若い人はにぜひ一読してもらいたいなぁと思います。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トリイミキ 投稿日 2007/6/19
形式: 文庫
20代に読み、思うところあって再読。恐るべき破壊力を秘めた作品であることを再確認した。自分の胸の中にウェルテルの胸が飛び込んできたかのように生々しく伝わってくる。高鳴り、締め付け、ジリジリと焼け焦げる苛立ち、貫く痛み、深い落ち込み、絶望――すべてが脈打っている。恋愛は狂気であるという真実を味わわせてくれる名作。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 (以下、ラストのあらすじに関わる記述が出てきますので、ご存知でない方は読まない方が楽しめます。ご注意ください。)

 芸術を愛するインテリ青年が人妻に恋焦がれるお話で、ゲーテとその友人の実体験がモデルとなっている。ここに描かれた主人公のライフスタイルというのは、例えば、音楽や文学なんかに打ち込みながら大学に通いつつ、恋をして恋に破れ、働いてみては職業人を小馬鹿にして、という具合の、今の時代の普通のインテリ青年の感傷とかなり似通っている。(僕もそんな平凡な学生だった。ただ、当時はインテリ的教養が無かったので、中年の今になって本書を読むことになったのだが。)これは法学を修めたものの今ひとつ弁護士家業に打ち込めなかった若き日の作者の鬱屈が反映されている訳だが、書簡体が採用されているのは一人称で延々とそんな鬱屈を吐露しやすかったからだろう。一方、終盤のパートは友人が人妻への横恋慕を苦にして自殺したことを反映しているのだが、この終盤が一人称だけで構成されておらず、客観的に視点を引いた三人称の導入がされている点は興味深い。

 現代の思春期にも通じる煩悶のリアリティが200年以上前に書かれたこの小説に息吹いている点は、やはり古典に残るだけある。(この小説が出た時、日本はまだ江戸時代だよ。)若いうちに読んでおけば、大きく共感できる作品だろう。だが、そんな
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー