通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
芸術起業論 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。■Amazon専用在庫につきキャンセルはありません。 ■全品簡易クリーニング済み。 ■ビニール包装のうえ毎日発送しています。 ■通常はポスト投函なので、不在でも受け取れます(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり)。 ■付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ■シンプル梱包なのでゴミが少なく済みます。 ■Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。 ■不具合がありましたら対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

芸術起業論 単行本 – 2006/6/1

5つ星のうち 3.9 79件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 240
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 芸術起業論
  • +
  • 創造力なき日本    アートの現場で蘇る「覚悟」と「継続」 (角川oneテーマ21)
  • +
  • “お金”から見る現代アート (講談社+α文庫)
総額: ¥3,349
ポイントの合計: 103pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

すべての人(=アーティスト)は起業家である! 芸術には、世界基準の戦略が必要である。「光を見る瞬間」をどう作るか!? サザビーズオークションで1作品1億円で落札された村上隆が説く、超ビジネス書。


登録情報

  • 単行本: 247ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2006/6/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344011783
  • ISBN-13: 978-4344011786
  • 発売日: 2006/6/1
  • 梱包サイズ: 19 x 13.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 79件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 67,289位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
芸術家とはこれまで待ちの姿勢だったりお金とは無縁のスタンスをとるべきだという風潮がどこかしらあったと思うのですが、彼の「起業」という言葉のチョイスにこの本の内容がよく出ていると思います。
実際芸術には多大なお金がかかっているのに、それを支えるパトロンもスポンサーも日本には居ないに等しい。
また芸術大国としてもレベルも高い日本がなぜ大衆芸術でしか成功出来ないのか。
国今後の芸術家のあるべき姿の一つとして彼が示した姿は価値があると思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
芸術家にとって「精神的な芸術に経済は不要と考える」のは一般的な解釈だと思う。私もその内の一人。
ただ、芸術家が現実の経済体制を無視し自己満足で作品を創る事は、現実からの逃避に過ぎない。
筆者は本の中で「芸術は精神の救済」「作品を創る事でしかコミュニケーションが取れなかった」と言う事から
芸術の精神性は全く否定していない、むしろ強調している様に思えた。
「好きな事をやりたければ、偉くなれ」と昔から言う。
経済体制を容認しその中で成功し、はじめて自分らしい作品が出来るのではないだろうか。
経済の中で成功には絶対的尺度の金が不可欠。

著者は成功しているのだから、自己満足な作品を創って「自分の救済」もしてもいいのではないかと
思う。一人突き進む姿に感動し、寂しく痛々しさを感じた。

私は評価に値する人間ではないので、評価3にします。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 NAGATA トップ500レビュアー 投稿日 2013/7/1
形式: 単行本
著者は「オタク文化」をモチーフにした現代美術の作品で知られ、主に海外で評価されています。

本書の要点は「世界のアートのルールを理解しないと、西洋で評価される作品は作れない。自分はルールを理解しているから評価されているんだ」という主張に集約されているように思います。

まるで大学受験生のように「傾向と対策」を分析して振舞う著者の要領の良さに反発を感じる人は少なくないでしょう。しかし問題の真の所在は、著者よりむしろそのような西洋アート世界の風潮にある気がします。

「アート」と「ビジネス」の結びつきに私たちが感じる違和感、および「寺院経営」という言葉における「寺院」と「経営」のミスマッチは、どこか似ている気がします。拝金主義によって、ほんらい結びつくべきでないもの同士が強く結びついているのが(アート界に限らず)現代に広く蔓延している病だと私は感じています。

以下は私の印象に残った部分です。

・アメリカの富裕層には評価の高い芸術を買うことで「成功したね」と社会に尊敬される土壌があります。そういう人たちが商売相手なのです(p37)。
・アーティストにとって作品同様に大切なのは独自のマネジメント哲学の構築なのです(p60)。
・日本の美術教育はデッサンに異様に執着する
...続きを読む ›
1 コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
  ~この本の紹介~
  この本は、議論を励起する、という点で、経験にもとずいた、良い本というか、変な本です。
文も、綺麗ではない。
 確かに村上が言うように、せっかく芸術をやるなら、趣味人として終わることなく、教師の道以外でアーティストとして自立せねばならない、というのは良い意見だ。
 だが、それには、かつてのJリーグ発足時のように、絵画芸術をやる人達のプロ意識を育てねばならない。そういう点では共感できます。
 しかし、その結果が、自己の創作を捨ててまで、キュレーターやギャラリストの言いなりで仕事をするというのでは、意味がない。
 いずれにせよ、絵画界全体の改革が必要なのは確かだろう。その点では彼は、恥も外聞も捨て、よくやったと思う。
 私のような、村上否定派は、特に、彼に反駁、するためにも、読んでいた方が、彼の、やり方から、自分は、どういう方向を向けば、よいか、分かってくるだろう。
 いずれにせよ。彼は現今の欧米アート界で、四天王と言われている人だから、彼が威張るのも仕方ないが、
人間の世界には、こういう不可解なことも起きることもあるものだ。
 *****࿰
...続きを読む ›
4 コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー