中古品
¥587
+ ¥250 配送料
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 中古品につき多少のキズ・シミ・ヤケ・オレ等の使用感は容赦ください。※ご購入時の登録住所へ配送いたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

芸術新潮 2006年 07月号 [雑誌] 雑誌 – 2006/6/24

5つ星のうち4.1 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
雑誌, 2006/6/24
¥587
¥501
お届け日: 9月26日 - 28日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

小特集

【タイトル】
民芸と暮らす家 よみがえった旧柳宗悦邸

【リード】
日本民藝館とは道ひとつをへだてるだけの旧柳宗悦邸 長く荒廃にまかされてきたが、民藝館の開館70周年にあたる今年、修復を終えて一般公開された 民藝という思想を、柳はみずからの家の中にどう生かしたのだろうか?

撮影・・・・・・・・・・・・筒口直弘[本誌]

【本文】
ちょうど1年前の小誌7月号で日本民藝館の特集を組んだおりには、「東京でいちばん居心地のよい美術館」をうたい文句にしたのだけれど、すぐそばにある旧柳宗悦邸については紹介することがなかった。まだ改修前で、荒れはてていたからだ。
 駒場東大前駅から西へ歩いて5、6分。道なりにカーヴを右へまがりこむと、両サイドに風変わりな和風建築がむかいあわせにあらわれる、その右側が日本民藝館の本館で、左側が西館。西館は旧柳宗悦邸の玄関棟でもあり、日光街道の豪農の長屋門を、昭和9年、この地にうつした。建築としての民藝館の核というべく、ふんだんに大谷石をもちいたその意匠は、翌々年に開館した本館のデザインに影響をあたえているし、邸宅の母屋もこの建物とのつりあいをかんがえてつくられた。柳の執心は、とりわけ屋根にあったらしい。『大体石屋根は日本で極めて珍しく、越前や紀伊に多少あると聞いたが、それは皆普通の屋根瓦を模した形である。所が栃木県下のは全く石と云ふ材料から生れた形であつて、それだけ必然さがあり、石の持味がよく活かされてゐる。』
(続きは本誌でお楽しみください)


登録情報

  • 発売日 : 2006/6/24
  • ASIN : B000G5S10U
  • 出版社 : 新潮社 (2006/6/24)
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.1 2個の評価