通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
芸人前夜 (ヨシモトブックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★コンビニ決済可能★追跡番号付発送に伴い、発送後追跡番号をメールにてご連絡いたします。★クリーニング済★天地・小口・カバーに多少のスレ・ヤケなどがございますが水ぬれや書き込み等のヘビーダメージは無く読むのには問題ございません★付属品は特に明記が無い場合は付属いたしません。★防水加工後、外見から商品が判別不可能にしてお届けします★ご注文はアマゾンマーケットプレイス保証規約に準拠しております。ご安心ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

芸人前夜 (ヨシモトブックス) 単行本(ソフトカバー) – 2013/11/27

5つ星のうち 4.6 62件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2013/11/27
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 355

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 芸人前夜 (ヨシモトブックス)
  • +
  • 完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)
  • +
  • 大合格 参考書じゃなくオレに聞け!
総額: ¥3,391
ポイントの合計: 103pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

初の自伝的青春小説!!

ゼロ年代、不況真っただ中のニッポンで、彼女ナシ&引きこもりのガリ勉少年が「失われた青春」を手に入れるまで。

鬱屈した学生時代からNSC入学、「武勇伝」が生まれ、すべてが始まった。

いま明かされるオリエンタルラジオ、デビュー前夜の怒涛の青春ストーリー。

好評を博した『マンスリーよしもとPLUS』の連載(2009年10月・9月1日発売号~2012年2月・1月1日発売号)に加筆、修正を加え、待望の単行本化!!

今、一般企業はどの業界も不況だし、大企業だってやばいよね。吸収合併だとか敵対的買収ならまだしも、まさかあそこが倒産するなんてね。
あの有名な銀行も証券会社も、国が尻拭いしてるらしいよ。じゃあ中小企業?もっとやばいよ。企業だめだ。じゃあ資格だ。弁護士? 公認会計士? おい待てよ。金かかるぞ。時間かかるぞ。(中略)
お前、何がしたいんだよ。モテたいなあ。びっくりするくらいモテたいなあ。モテねえよ。モテモテの引きこもりってなんだよ。どこでどう異性と知り合うんだよ。ネットで? あ、ネットのオンラインゲームで結婚しちゃう人いるらしいよ。
まあ、結婚っていっても、仮想現実の話だけど。嬉しくねえよ。そうじゃなくて現実で、この地獄みたいな現実世界で、お前ほんとうは何がしたいんだよ。俺……お笑い芸人になりたい。(本文より)


発行:ヨシモトブックス
発売:ワニブックス

内容(「BOOK」データベースより)

ゼロ年代、不況真っただ中のニッポンで、彼女ナシ&引きこもりのガリ勉少年が「失われた青春」を手に入れるまで―オリラジ中田、初の小説!あっちゃん、かっこわるい!!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 245ページ
  • 出版社: ワニブックス (2013/11/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4847091809
  • ISBN-13: 978-4847091803
  • 発売日: 2013/11/27
  • 梱包サイズ: 18.4 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 62件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 26,703位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 沙々絵 投稿日 2017/6/23
Amazonで購入
あっちゃんと藤森くんのやり取りがとにかく可愛くて、男の子の友情っていいなぁと女からしたら少し羨ましくなりました。
あと二人がコンビを組む前からこんなにも仲良しだったことに驚きました!
一時期は不仲と言われていたけど、今はまた仲良しに戻れたみたいでそれを含めて微笑ましいです。

そしてあっちゃんが陰で、藤森くんが陽でとってもバランスの取れたいいコンビだなと思いました。
たしかに売れている芸人さんでコンビのバランスが取れている人たちってみんなそんな雰囲気だよなと思ったり。
何事も利己的に考える頭の良いあっちゃん。でも考えすぎ+若さ故の尖りを、藤森くんはサラッと受け取めてくれる姿がとても素敵。

大学ではないところ(吉本養成所)で青春しているのがいいなと思った。こんな風にみんなと違う場所で居場所を見つけて、思いっきりやりたいことに向かう姿が素晴らしいと思った。まだ学生の人が読んだらすごく刺激を貰うんじゃないかなぁと思いました。

これは芸人前夜なので、芸人になるまでのお話だけれど、その後のなってからのお話も読みたいなぁと思いました。
特にコンビでラジオで大喧嘩した話から今の仲の良さに戻るまでとかぜひ読みたい!
自分もやりたいこと思いっきりやりたい!と背中を押してくれる作品です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 蛍光 投稿日 2015/1/21
Amazonで購入
文芸書気取りの書き出しであるが、きちんと文芸書になっていた。その文章を書く能力は高く評価されて
よいと思ったし、何よりも、面白かった。

TVの『しくじり先生』という番組のオリラジ出演のとき、この本が紹介されていた。興味を持ったので買ってみた。
内容はうだつのあがらない大学時代からお笑いを目指してNSCに入学し、「武勇伝」ネタが出来上がりつつある
ところ、そしてブレイクする直前までを描いている。
併行して「由美子」というカノジョと出会って別れるまでが描かれている。
特に、NSCでのネタ見せから「武勇伝」ネタが注目されて、上り調子にイケイケの上昇気流を感じさせるところは
すさまじく面白かった。

あとがきによれば、中田は連載したこの原稿の出版を、青くて恥ずかしいから止めていたという。いやいや、充分に
エンターテインメントとして読者を楽しませるだけの努力をして書いたこの作品は、なかなかに才能を発揮している。
それに、本人がいうほど卑怯でも愚劣でも恥ずかしくもない、ちょっとモテない時期をこじらせただけの、むしろ
シンデレラ・ボーイではないか。

本人に届くかどうか解らないが・・・「天下をとってやる」という夢と気迫の大事さは、伝わった。そして
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
面白くて、すぐ読めました。
オリラジのネタと同様の、スピード感と、
あっちゃんのプレゼンの時の 歯切れの良い語り口と同じで。
文芸賞を取るような本じゃないけど、すごく心に刺さった、思い出に残る本でした。
コメンテーターとしてのあっちゃんは、正論ばかりで、大丈夫?って思っていたのですが
あの真っ直ぐな気持ちは伊達じゃないんだな、とこの本を読んで思いました。
あっちゃんは、やっぱりかっこいいです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
「この国の経済は、もうおしまいなんですよ。」
と、授業で国の経済顧問を務める教授が話し出す。
「皆さんが信用していいのは、自分の力だけなんです。」
「私からのお願いです。みなさん、生き残ってください。」
その言葉に、大学生だった著者が放心状態になるところからスタート。

よるべき大樹などどこにもない。
全ての人にとって、人生はリアル「バトル・ロワイヤル」。
それなら、自分の一番好きな道を選ぶのがベスト!
というわけで、著者は「芸人」を選ぶ。

この冒険には、共に命がけで冒険してくれる仲間、「相方」が不可欠だと直感。
相方を得られなかったら、この道をあきらめようと思いつめる。
しかし、そんな著者の思いは、理想的な相方を出現させる。
そこから始まる、熱い疾走感あふれる日々…。

著者はあとがきに、
「あまりに自分の青い時期の青さがきつすぎて。
世にそれを出すことは恥辱の散布でしかない」
と感じて、出版をストップしていたとあるが…
出版してくれて、ありがとう!
人生という冒険を、本気で生きようとする人に、勇気と覚悟をくれる本だ。

続きが無性に読みたい。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー