通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
花鬼の記~赤い瞳のみづは~ (ぶんか社コミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし、若干の使用感がありますが、全体的な状態は良いです。なお、店頭販売を行っておりますので、売り切れの際は早急に返金致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

花鬼の記~赤い瞳のみづは~ (ぶんか社コミックス) コミックス – 2012/8/17

5つ星のうち 3.3 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 299
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 花鬼の記~赤い瞳のみづは~ (ぶんか社コミックス)
  • +
  • 白雪人形 (ぶんか社コミックス)
  • +
  • 悪い舌 見せしめ刑の町 (ぶんか社コミックス)
総額: ¥1,948
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 154ページ
  • 出版社: ぶんか社 (2012/8/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4821173441
  • ISBN-13: 978-4821173440
  • 発売日: 2012/8/17
  • 梱包サイズ: 18.3 x 13.1 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
もう30数年来、曽祢氏のファンです。
大好きな作品も多いし、「呪いのシリーズ」以外の作品は久しぶりだったので、期待して購入したのですが…。
氏に敬意を表して1つをオマケして星3つです。

八百比丘尼伝説をヒントに創作したストーリーということですが、どう見ても、元になったのはT氏の漫画、人魚ものの人気シリーズですね。似たエピソードがチラホラ登場します(「人魚」は出て来ないけれど…)。

主人公のみづはは、美しくはあるのですが、何と言うか、凄みがありすぎて感情移入出来ず…。物語の軸になるはずの恋人との別れのエピソードも、どこか中途半端で共感できませんでした。
何より、みづはに恋する相手役の男性キャラクターに魅力が感じられません。
最近、とりわけ氏の描く男性の絵に迫力がなくなって来た気がします。今回は登場する男性が血縁者ということもあるのでしょうが、みんな同じような顔や性格でメリハリに欠けました。

せっかく不老不死なのですから、もっとがらりと違う時代背景で生きるみづはの物語を読んでみたかった気もします。
今後を予感させる終わり方になっていますが、どうやら続きはなさそうかな…?
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
神秘的な魅力をたたえた「みづは」に魅了された男の物語…なのだけど、みづはにも主人公にもその祖父にも主人公の彼女にも、誰ひとり魅力を感じませんでした。
内容は、みづはの物語本編が実はどこかにあって、そのサイドストーリーという感じです。
(みづはには運命の相手が他にいて、主人公は横恋慕と言う状況なので)
みづはの過去は最後の方で駆け足ぎみに説明しているけれど、能力については(髪や目の色と好不調とか、能力の実態とか)説明不足でした。
ヒロインが説明不足なので、その彼女に魅了される二人の男の心情が納得いかない。
物語の最後で、視点が主人公の彼女に移っているのも良くないなー。
(細かいところを言うと、祖父の時代に田舎はともかく街はもう洋装も多いと思う)

設定におもしろそうな部分はあるのだけれど、ちょっと良さは伝わってこなかったです。
残念。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
レビューは悪いですが、
なかなかファンタジーなお話でした!
永遠の少女を好きに
なってしまった主人公のお話です♪
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 月光仮面 投稿日 2012/11/24
形式: コミック Amazonで購入
書きたいことがあまり伝わらなかった。
呪いのシリーズの方が入り込める気がします。
でも昔の風景やそういったものを伝えるには
こういうのもアリだと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告