中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

花雪小雪―裸足の舞姫 (コバルト文庫) 文庫 – 2002/2

5つ星のうち 2.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

平安末期の京の都。当代一の舞姫、静は時の権力者源九郎義経の宴に呼ばれた。傲慢な九郎と大喧嘩し、反発しながらも、惹かれていく静だったが…。運命の恋を描く2001年度ロマン大賞佳作受賞作!

内容(「BOOK」データベースより)

時は平安末期。京には当代一の舞姫と謳われる白拍子・静御前がいた。彼女は勝利者のため、宴で舞を舞い歌を歌う。静にとって、それだけは変わらない日常だった。そんな折、静は宴の席で源氏の大将・九郎義経に出会い、反感を抱く。だが、彼女を気に入った義経は、静を挑発し賭けを持ちかけた。戦に勝ったら自分のものになれと…!?義経と静の出会い、そして別れを斬新に描いた時代ロマン。2001年度ロマン大賞入選作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 315ページ
  • 出版社: 集英社 (2002/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4086000725
  • ISBN-13: 978-4086000727
  • 発売日: 2002/02
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,774,179位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 æ­'史的に有名な人物ã‚'ãƒ'ロインにã-たã"とに興å'³ãŒã‚ãã¾ã™ã€‚一人称でひたすら突っ走るå...ƒæ°-な静ねえさã‚"が主人å...¬ã€‚
 ストーリーでは、義経と弁æ...¶ã®é-¢ä¿‚や奥州è-¤åŽŸæ°ã«æ-¬æ-°ãªé-¢ä¿‚ã‚'加えたã"となど、アイディアは悪くない。欲ã‚'言えばもうå°'ã-突っ込ã‚"で欲ã-かった。惜ã-い。
 ただ、どうã-て義経が静にあれほど執着するのか、どうã-て白æ‹
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
吉野山での静と義経のシーンには泣けました。
あまりにも、思っていたよりも悲しい出来事で。
こそっと言えば、弁慶の秘密には心残り・・・
「それはないでしょう」的に。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
名前と違って気が強く、しっかりした性格の静御前が主人公の話です。
義経との出逢いから話ははじまります!静と義経の気持ちのすれ違いなど、少し切ないところもありますが、作者の静に対する愛情を感じさせる小説です。義経と静のエピソードを知ってる、という方も、この小説はちょっと違う角度から見たものなのでぜひぜひ読んでみて下さい☆
脇役の人達も、魅力があって面白いですよ~!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告