花筐 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

花筐

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,086
価格: ¥ 1,039 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,047 (66%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、☆Remedia OUTLET★【アマゾン倉庫より年中無休で発送】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 加藤登紀子 ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • CD (2002/10/23)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ユニバーサル インターナショナル
  • 収録時間: 52 分
  • ASIN: B00006JOQL
  • JAN: 4988005314987
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 285,485位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 青い月のバラード
  2. 花 -Memento‐Mori-
  3. サボテンの心
  4. 花筐 ~Hanagatami~
  5. からたち野道
  6. 桜坂
  7. 灰色の瞳
  8. 棘あるバラ
  9. サルビアの花
  10. 球根
  11. さくらんぼの実る頃
  12. 百万本のバラ

商品の説明

Amazonレビュー

   何の創作であっても、そこにはなんらかの形でその人の人生の破片が反映されてゆくものではないだろうか。夜明け前の海原を思わせる「青い月のバラード」で始まるこの「花筐」はそのキーワードを「花」に設定、セルフカヴァーからMr.Children、福山雅治ら若手アーチストの名曲まで、すべて加藤登紀子の視点から選りすぐられた曲で構成されている。「夢、愛、叫び、孤独、永遠」それらが残されたものと彼女は言う。そしてその現実の中、「花」こそが「生命であり」、「生と死をつなぐもの」だと彼女は実感している。静かに時に激しく、彼女の声が人生を歌う。(花 香)

メディア掲載レビューほか

女性ボーカル、加藤登紀子の`花`をキーワードに録音したカヴァー・アルバム。「花~momento Mori~」「桜坂」、コーラスにゴスペラーズが参加したオリジナル曲「花筐」他、全12曲を収録。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
曲としては、林檎さんが以前カバーされてた「灰色の瞳」および「サルビアの花」をくり返し聴いてます。あと、「さくらんぼの実る頃」の日本語歌詞も素敵ですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 今思えば、本当の偶然だった。
 ラジオから流れた「灰色の瞳」に惹きつけられ、普段なら、1曲のためだけにアルバムを買うことは躊躇ってしまうが、何故かそのようなことはなく、気が付いたらCDを手にしていた。
 一通り聞いて、「参りました」と言いたくなる内容。
 花をテーマにしたカバー集ではあるが、全てに無理がない。
 特にイエローモンキーの「球根」は私にとっては非常に驚きだった。吉井和哉の持つ世界観は独特なものがある。それに違和感なく溶け込み、かつ加藤登紀子の持つ力強さを出す、まさに、球根の本来持つような力強さで歌い上げるところに参ってしまった。
 「本来、花の持つ力強さ」それを、今この時に歌う加藤登紀子の姿勢。何度も言うようですが参ります。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 人生の節目で出会う歌があります。2002年10月、新たに「花筐」が私の魂に宿りました。
 お登紀さんは、このアルバムを、誰よりも伴侶であった藤本敏夫氏に手渡したかったに違いないと思います。先週「徹子の部屋」で、病室からレコーディングに向かっていた頃の心境を切々と語られました。
 「花筐」は、離別の歌を超え、生命力にあふれた、とても不思議で魅力的な歌です。聴いた後、「あなたの行く朝」や「帆を上げて」が、記憶の彼方からよみがえりました。
 歌詞カードの序文には、「『花』は生命であり、輪廻であり、生と死をつなぐもの」と記されています。アルバムの中に咲く花々を思いうかべながら、出逢いと別れをかみしめました。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す