通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
花福日記――お花屋さんの春夏秋冬―― がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

花福日記――お花屋さんの春夏秋冬―― 単行本(ソフトカバー) – 2009/5/14

5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 花福日記――お花屋さんの春夏秋冬――
  • +
  • 続 花福日記 お花屋さんのあたふた毎日
  • +
  • 花福ねこ日記
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 99pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

実在のお花屋さんによる、ほんわかコミックエッセイ。
180万ヒットの人気イラストブログを描き下ろし多数で書籍化!

内容(「BOOK」データベースより)

四季折々の花たちと、仲良し夫婦+猫のフローラルな毎日。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 160ページ
  • 出版社: イースト・プレス (2009/5/14)
  • ISBN-10: 4781601278
  • ISBN-13: 978-4781601274
  • 発売日: 2009/5/14
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 397,260位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
小学校のときの宿題に「季節だより」というのがあって
季節を感じたときに絵日記で表して、学校に持っていくのですが
今年初めてツバメを見たとか、クチナシの花のにおいがしたとか
入道雲を見たとか、ヘチマの花を見たとか、
キンモクセイの良いかおりがしたとか・・・・
「花福日記」を読んでいてそんなことを思い出しました
なので「兄弟」や「コマツさん」が好きです
2巻を待ってます
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
お花大好き猫大好き!で読み始めた「花福日記」。
可愛らしい絵と、時にシュールなSTORY。謎の多いキャラクターたち。
そのまんま、モーニングに4コマ連載してても不思議はない世界観&完成度。
歳時記ポジションでは「ひなちゃんの日常」、シュールさでは「エレキング」、日常エッセイでは「とりぱん」、猫大好きでは「くるねこ」に近いのですが、近いだけで似てはいない。
エッセイ的なマンガで、特にさりげない日常を描くには、95%の暖かさと5%の冷静さが必要と思うのですが、作者のこざるさんは、その絶妙なバランスをうまく保っていらっしゃる。
優しいまなざしの中に、どこか客観的な分析をしていて、その「世界との誠実な距離感」が本当に心地良い。
余談ですが、現実世界で営業しているリアルの「花福」さんで何度かお花を買わせていただきました。
作品にあるように、花福のお花は本当に長持ちします。そして、びっくりするくらい安い。しかも、リアル店長とリアルこざるさんも超キュート。本もお勧めですが、お店もお勧めです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ブログを見ててプロの漫画家さんなみに
うまいなあと思ってたら案の定書籍化!
嬉しくて買いました。
こざるさんは昔、少女漫画家を目指していたそうで
納得です。
花の豆知識も分かるし
かわいい絵柄で和みます。
そしてご夫婦の仲の良さがほほえましい!
お二人の馴れ初めも収録してほしかった。。。

私は、みけこちゃんが一番好きです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック