中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

花嫁を手に入れろ!!~南の島のプロポーズ大作戦~ (プラチナ文庫) 文庫 – 2004/1/10

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

目が覚めたら南の島だった―。「春名家の3美人」と名高い椿、柊、柚は花屋の3兄弟。両親亡き後も店を切り盛りしてきたが、突然現れたヘリコプターに、さらわれてしまった!長男の椿が目覚めると、そこは大富豪・西園寺家の有する南の島で―!?天王・海王・地王という3兄弟が、椿たちを「花嫁にする!」と宣言してきたから、さぁ大変!「誘拐犯に恋なんかするか!!」椿は貞操を守って、この島から脱出できるのか?3兄弟×3兄弟の南国パラダイス・ラブコメディ。


登録情報

  • 文庫: 250ページ
  • 出版社: プランタン出版 (2004/1/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4829622296
  • ISBN-13: 978-4829622292
  • 発売日: 2004/1/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 718,265位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
続刊の絵とタイトルにひかれて合わせて買いましたが・・・。
おもしろいです!!!花屋の3兄弟(別名:春名家の3美人(笑))が
油田もち・ダイヤ鉱山もち・温泉もちの超金持ち3兄弟に求愛されて・・・???この金持ち達がまたいい性格していていいです!!
続刊も読みましたが、これもトんでておもしろかったです!!!
この第1巻では兄弟の内面・性格がよく描かれていて、Hも少ない(?)のでBL初心者には向いていると思いますよw
続刊では柊・海王がメインになってますが、私的に椿・天王が好きなので★5つにしましたw
是非合わせて買うことをお勧めしますww
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
タカツキノボル先生のイラストに惹かれて表紙買いした一冊です。

長男同士、次男同士、三男同士でカップルが出来上がりそれぞれに個性があります。

それぞれのカプ設定を大まかに書くと、長男同士は俺様×ツンデレ、次男同士はヘタレな王子×女王様、三男同士は二人ともワンコっぽい感じでしょうか。

この本は長男同士に重点が置かれています(もちろん残り二組も登場しますよ)

お話の設定はとてもおもしろいのですが、登場人物が6人と多いこともあって、ごちゃごちゃした感は否めません。

加えて会話が多いので、それが苦手な方もあまりお勧めできないかなと。

読んでいてこちらが照れてしまうようなクサイ台詞も多いですよ。笑

個人的には点が異様に多い文がいくつか目に付きました。

全体を通して性描写が少なく、BL初心者さんもしくは性描写が苦手な人にはとてもお勧めだと思います。

シリーズ第二作目は次男同士、三作目は三男同士にそれぞれ重点が置かれています。

気に入った方はそちらも読んでみては?
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック