花嫁は厄年ッ! [DVD] がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★ 国内配送料無料 《お急ぎ便》にも対応 【商品概要】本商品は(国内正規版)中古品です。 ディスク盤面に細かなスレがあります。 その他 収納ボックス、ディスクケースは共に良い状態です。 クリアーな映像・音声でご覧頂けます。【注文確定後の24時間以内の発送】 アマゾン専用在庫の為、在庫切れの心配なし  各種支払い方法に対応済みです。 【商品におきましては、出品前に1つ1つ丁寧にチェックしております】 当店は多数の関連商品を出品しております。 右上に御座います店名をクリックして頂きますと、他の出品商品がご覧いただけます。【万一、不備があった場合には、返品、返金にも誠実に対応致します】
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 16,546
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

花嫁は厄年ッ! [DVD]

5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 24,624
価格: ¥ 15,800 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 8,824 (36%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、okiya_Onlineが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 15,800より 中古品の出品:7¥ 3,323より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 篠原涼子, 矢部浩之, 岩下志麻, 宇梶剛士, 小沢真珠
  • 形式: Color, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 6
  • 販売元: TCエンタテインメント
  • 発売日 2006/12/22
  • 時間: 552 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000ICLXU6
  • EAN: 4582224460700
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 26,924位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

「anego」「アンフェア」の篠原涼子がTBS連ドラ初主演!






内容(「キネマ旬報社」データベースより)

青月ぱそるの人気ブログを、『anego』の篠原涼子とナインティナインの矢部浩之の共演でTVドラマ化。レギュラー番組を降ろされた人気キャスター・麻Z子は、農家の嫁の体験取材を命じられ…。全12話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
女子アナを降板させられた明子(篠原涼子)は復帰をエサに農家の嫁になる体験取材を

3ヵ月間決行するはめになった。偶然、元カレの一郎(矢部浩之)に再会した明子は一

郎の実家である桃農家へ「ニセ嫁」として潜入取材することを思いつくが・・・。

最近の篠原涼子さん出演作にはハズレがないですね。これもなんとなく観てたんですが

だんだん物語に引き込まれて、毎週楽しみに待つようになりました。

最初は明子と格式高い家族の安土家とのギクシャクした関係がつづくんですが、家族そ

れぞれのストーリーがちゃんと用意されていて、終盤には明子は安土家になくてはなら

ない存在になっていきます。安土家の母、岩下志麻さんも独特の語り口が非常に良い。

明子の気持ちの変化、一郎と母との確執、本当に後半からがぜん面白くなるんですよね。

個人的に安土家の香里(小沢真珠)の憎たらしさと最後に豹変!?する演技が大好きで

した。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
首都テレビのベテランアナウンサー武富明子(篠原涼子)がある日、突然降格させられてその理由が後任の彼女が君より若いという理由で、バラエティー番組「農家の花嫁潜入」で明子の学生時代の恋人一郎(矢部浩之)の福島の農家安土家に潜入してルポをするという設定が奇抜でなかなか面白い。
安土家の人々が、純粋で正直な、なにか聞くと「それを私に聞くの」という母親幸恵(岩下志麻)をはじめ火曜日のサスペンス女香里、明子の友達希美(松島尚美)、個性的な一郎の弟次郎(小山慶一郎)など、いろいろと明子を取り巻くからみが非常に面白い。

最初は明子は一郎の母とことばでバトルをしていた明子はこの番組を終わったら、首都テレビ部長の「必ずレギュラー番組を持たせてやる」という約束で首都テレビに帰ることを考えていたが、安土家の温かい人たちと農家の花嫁修業にもなれて、次第に母幸恵を慕うようになり、一郎の自分に対する優しさに触れて、とうとう安土家の嫁になることを決める。

珍しく母親を全面に持ってきて、明子が次第にお母さんと言って慕う場面、終わりに近い場面で母が倒れ入院した時、安土家の明子、一郎、次郎、桃子をはじめ皆が病院にいき、明子が私は花嫁姿をここでお母さんに見てもらいたいといってささやかな結婚式を挙げるところは涙が流れ、最近忘れていた母親の立場と有難味を皆が考えるいい機会になったと思うほど、あたたかで純粋な素晴らしいドラマである
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ストーリーはめちゃくちゃだったり。
素人同然の矢部っちの演技だったり。 撮影が夏真っ盛りだったり。

チカラ入れてないからなんかイイすね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
今のTBSを象徴してる。
主婦やOL向けに作ったらこうなりますよっていういかにも視聴者を見下した全く笑えないお手軽コメディードラマ。
矢部浩之の夫役が終始ウザかった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
カバチタレ・anego・アンフェアなど、いろんな役柄をステキに演じる、篠原涼子サン主演という事で期待してました。
ですが…物語が、パッとしないまま過ぎていって、4・5話辺りになったら徐々に盛り上がるかもっ♪なんて思ったのですがベタに進む一方。しかも最初の主旨としては【農家の嫁を体験させてくれる家を探す】とか言って、手当たり次第に電話して、番組の内容を話して交渉してたのに、一郎(矢部)の家に決定した時には【番組と言う事は内緒で盗撮しながら観察】って…一体何なの?矢部サンの演技を見ていても感情移入しづらかった。オジサン&オバサン役の方の演技とナマリはバツグンに良かった。もちろん篠原サンの演技も最高でした♪ですが小沢真珠の演技も残念な結果だった。ナマリに関しては、私たち福島の住民ですら、何を言っているのか聞き取れず、福島ではかなり評判の悪いドラマでした。なぜあの枠で、あの主役で、こんなにつまらないモノを作れるのか、逆に気になる…。脚本に恵まれず篠原サンが可哀想ιちなみに駅など風景以外の撮影は山梨だったみたいですが…なぜ福島を舞台にしたのでしょう?山梨を舞台にしてやればいいのでは?と謎が残ります。ウェディングドレスで病院に向かう演出もヤバい。
80年代のドラマか昼ドラなら◎だけど。しかもそれだけの事をして、一郎の母が大した事なかったのも…どうかな。このドラマの方程式とし
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック