花嫁の父 [DVD] FRT-016 がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

花嫁の父 [DVD] FRT-016

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 790 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、WEST onlineが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 花嫁の父 [DVD] FRT-016
  • +
  • 可愛い配当 [DVD]
総額: ¥1,330
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: スペンサー・トレイシー, ビリー・バーク, エリザベス・テイラー, ジョーン・ベネット, ドン・テイラー
  • 監督: ヴィンセント・ミネリ
  • 形式: Black & White, Subtitled
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ファーストトレーディング
  • 発売日 2006/12/14
  • 時間: 93 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000LZ6DZ0
  • JAN: 4560285900168
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 112,326位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

娘のケイを新婚旅行に送り出して、弁護士のスタンリー・バンクスは披露宴の残骸の中へがっくり身を落とした。ケイが、バクリー・ダンスタンという青年と結婚したいと両親を驚かしたのは、何ヵ月前のことだったか。妻は落ち着き払っていたが、スタンリーはダンスタン家が立派な名門であり、バクリーがなかなかしっかりした青年であることを知るまでは、オチオチ眠れもしないのだった。晴れて2人の婚約がすむと、スタンリーの頭痛の種は結婚費用だった。なるべく式も内輪にすませたい彼の意志に反して、妻や娘は一生の願いとして教会で盛大な式を挙げたがった。いっそ、娘が男と駈け落ちしてくれた方が、まだ安くつくではないか。ようやく教会の式も決まり、披露宴招待の人数も折り合って、知人から続々と贈物が届くようになった頃、ケイは突然破談にしてくれと言い出した。新婚旅行の行き先について、バクリーと他愛ない喧嘩を始めたのである…。スペンサー・トレイシーは娘を嫁に出す父親の心情を見事に演じきった作品。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 vadim 投稿日 2011/12/21
かの美女エリザベス・テイラーが若いころ、お嫁に行く娘を演じ、その父親を、父親の良心を演じだら一番ではないか、と思われるスペンサー・トレイシーが演じた、娘が結婚するある中産家庭の悲喜こもごもを描いたアメリカ映画(1950年制作)です。
人生において、かわいがって育ててきた我が家の娘がある日突然よその男と結婚する!!!というのは、頭では分かっていたことでも、実感として親にとって、特に父親にとっては本能としてなかなか受け入れがたい経験でありましょう!それを、あのゆるぎないスペンサー・トレイシーが、まるでお尻に火が付いた、みたいなあわてまくりの演技で、表現してくれます。相手の男についての悪い妄想を数限りなく並べ立てたり(その時の奥さん、ジョーン・ベネットのあきれた顔!)、相手の男に、結婚する男の覚悟、心構えなどを長々と話したり(1950年当時において、子供の歯の矯正にも金がかかる!というところに、アメリカ中産階級のリッチぶりがうかがえますよ、私は今自分で歯を矯正しようかなー、なんて思っているわけですから・・・)、教会での入場で足が前に進まないでもがいている夢にうなされたり・・・もう、この落ち着いた役者さんが、パパのあわてぶりを好演して、いっぱい笑わせてくれます。年取ってくると、どんな人でも、結局人間とは生きてる限りどこかに完璧になれない部分を抱えているものだなー、というか、立派な
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
スティーブ・マーチン主演の『花嫁のパパ』のオリジナルである。『花嫁のパパ』がギャグ満載のコメディで
あるのにたいし、オリジナルは、人情コメディといった感じ。父の職業も弁護士でお手伝いさんもいる家庭である。
娘すなわち花嫁役はエリザベス・テイラー、すこぶるつきの美人の娘、父はスペンサー・トレイシーで
こちらはすこぶるつきの名優である。だからといって重いわけではない。
軽いタッチで低予算で(俳優のギャラ以外は)作ってもほらこんなに面白くなるよと言っているのである。

娘のケイ(エリザベス・テイラー)を新婚旅行に送り出して、
弁護士のスタンリー・バンクス(スペンサー・トレイシー)は披露宴の残骸の中へがっくり身を落とした。
そして語り始めるという始まりはどちらも同じである。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 西村哲也 VINE メンバー 投稿日 2011/9/11
 愛情・哀愁・ユーモアの入り交じった「結婚式への道」を

 描いた作品であります。

 S・トレーシー&E・テイラーの持ち味を生かした父娘のキャラクターが

 作品の魅力を高める調味料となっている点も見逃せません。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す