通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
花もて語れ 7 (BIG SPIRITS COMI... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■ご覧いただきありがとうございます■ご注文後できるかぎり24時間以内の発送をしております■●全体的にキレイな状態です 汚れ 書き込み等はありません日焼けも少ないですが中古品なので若干の使用感あります■万一説明と違う場合や不良があった場合は返金にて対応いたします■ご注文後は丁寧に梱包し郵便局のゆうメールで確実に迅速発送を心掛けてます■納品書 領収書ご一緒に同封しております
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

花もて語れ 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) コミックス – 2013/2/28

5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 66
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 花もて語れ 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
  • +
  • 花もて語れ 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
  • +
  • 花もて語れ 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
総額: ¥1,922
ポイントの合計: 46pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 195ページ
  • 出版社: 小学館 (2013/2/28)
  • ISBN-10: 4091850898
  • ISBN-13: 978-4091850898
  • 発売日: 2013/2/28
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 有閑子 トップ1000レビュアー 投稿日 2013/2/28
形式: コミック
「注文の多い料理店」の前半をはさんで、いよいよ朗読会。メインは満里子の「おきなぐさ」です。率直な感想をいうと、作品が難解、作中人物の解説がないと作品理解が難しいと思います。しかも解説そのものが朗読の間にかなりのスペースで入ってくるので、朗読自体が細切れな感じになりその中になかなか入っていけず、朗読が心に響いてこないのです。

以前はもっと朗読と画のイメージがマッチしていてすっと話の展開に入っていけたのに、画も朗読に無理に合わせたような感じがします。正直言って読み通すのがしんどかった。そこに満里子の作品への思いが絡んだりするのですが、これも以前なら話の展開にうまくマッチしていた作中人物の思いがなにかこじつけたようなチグハグになってしまったような感じがします。

飽くまで個人的感想ですが、朗読作品の選択とその見せ方に無理があったのではないかと思います。作者は前巻のあとがきで6〜8集で一つの話として見てほしいと書いていましたが、商品として出す以上描き手として一冊ごとにきちんと結果を出すべきでしょう。6巻もイマイチ、7巻もどうかなという状況で8巻で逆転ホームランが打てるでしょうか。

週刊連載に移行して作品の本来のよさがだんだん損なわれているように思います。週刊というリズムに合わないのか、編集サイドの注文が入るのか、ストーリーの細
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
この作品に影響されて朗読を始めました。
50近いおっさんが、こんど2度目のステージに立ちます。
この作品は、朗読の奥深かさと同時に楽しさを教えてくれます。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
今巻は、
はなちゃんがスランプに苦しみながらも幼馴染の路上ミュージシャンの谷村君と朗読を作り上げていったり、
朗読会の仲間の山吹さんに告白されたりという前半と、
朗読会での満里子さんの「おきなぐさ」の朗読の後半からなっています。

前半は楽しく読めたのですが、後半の朗読はちょっと以前の花ちゃんの朗読よりパワーダウンしている感じでした。

以前は「花さき山」や「やまなし」などは朗読の場面の前に話の概要と難しさ(クラムボンとは何だろう? など)についての解説があって、
それがきっかけに朗読に興味がもてたのですが、今回は自分が「おきなぐさ」という作品をよく知らないこともあり、
ちょっと唐突に始まって、読んでいて置いてきぼりになってしまいました。

解説を朗読の中に挿入するようにスタイルを変更されたのは、週刊向けの工夫なんでしょうが、
コミックス派の自分としては、読みづらかったです。

週刊の読者だけでなく、単行本の読者も楽しませる工夫をしてくれるとうれしいなぁというのが正直な感想です。

次巻ではなちゃん谷村君コンビが「注文の多い料理店」をどう表現するのかを楽しみにしています。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告