通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
花はどこへいった 枯葉剤を浴びたグレッグの生と死 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【amazon専用在庫】日焼けしみなど中古保管品につき使用感はあります。当日または翌日発送実施します。とっとり書店での同時購入品がある場合2冊目以降100円キャッシュバックサービス中。メールにてご連絡いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

花はどこへいった 枯葉剤を浴びたグレッグの生と死 単行本 – 2008/11/5

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 541

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 花はどこへいった 枯葉剤を浴びたグレッグの生と死
  • +
  • 花はどこへいった ベトナム戦争のことを知っていますか[DVD] (<DVD>)
  • +
  • 沈黙の春を生きて [DVD]
総額: ¥9,223
ポイントの合計: 97pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



夏休みの作文を書くなら課題図書を読もう
第62回青少年読書感想文全国コンクールの課題図書を学年別でご紹介。 2016年 課題図書へ

商品の説明

内容紹介

グレッグの癌は枯葉剤のせい?カメラを手に渡ったベトナムで見た被害者たちの生活、最愛の夫との死別を乗り越えて岩波ホールなどで公開されたドキュメンタリー映画『花はどこへいった』をの完成させる苦難の道程、――亡き夫への愛と鎮魂を籠めた書き下しノンフィクション。

内容(「BOOK」データベースより)

最愛の夫はなぜ急死したのか。哀しみを乗りこえ、ベトナム戦争の枯葉剤被害者を追って、愛と鎮魂の映画を完成させるまで。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 254ページ
  • 出版社: トランスビュー (2008/11/5)
  • ISBN-10: 4901510681
  • ISBN-13: 978-4901510684
  • 発売日: 2008/11/5
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 732,093位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 大寺萌音 トップ50レビュアー 投稿日 2010/7/17
形式: 単行本
著者の夫グレッグさんが癌でなくなった後、著者はなぜ夫が癌で亡くならなければならなかったのかを考えだす。たどり着いたのは、枯葉剤。グレッグさんは、ベトナム戦争に従軍にしており、枯葉剤を浴びていた。疑惑をつのらせた著者が、そこから映画作りを学び、映画に関わる技術やノウハウを習得し、それまでに撮りためていた夫の映像に加え、新たな取材や資料映像によって完成させたのがドキュメンタリー映画『花はどこへいった』です。
本書は、写真家としてのグレッグさんの生前、特に取材で訪れたアジアや中近東の国々について、また著者が映画作りを学び、実際に制作する過程、そしてアメリカやベトナムなどで行った追跡調査や取材などが描かれています。
一人の人間でも、強い決意を持つことによって、大きなことが成し遂げられることに気付かせてくれます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 「ベトちゃんとドクちゃん」として広く知られたご兄弟のお一人、グエン・ドクさんがテュエンさんと結婚されたこと。その翌年にベトさんが植物状態のまま、とうとう帰らぬ人になってしまわれたこと。結合性双生児として生まれたお二人のことはしばしば大きなニュースになりました。また、それを通して猛毒のダイオキシンを含む枯葉剤がもたらした甚大で広範囲な環境破壊と、深刻な健康障害のことも知られています。
 しかし、そのあまりにも大きすぎる影響のためでしょうか、本書を読むまで、全体像が私にはよく分かりませんでした。少なくとも私は、その被害から目をそらし、見ないふり、知らないふりをしてきました。
 著者の亡き夫であり、報道写真家として世界的に活躍されたグレッグ・デイビスさんの次の言葉に心から納得しました。
 「戦争のアクションは誰にだって撮れる。ほんとうに難しいのは、戦争に至るまでと戦争が終わってからの、人々の生活を撮ることだ。」
 ベトナム戦争が終わって40年近くが経っても、今なお拡大し続ける健康被害の実態と、困難な人々の生活。それらを著者はていねいに記録し、映像と文章の二つの作品として私たちに届けることで、亡くなられたグレッグさんの遺志を生かし続けておられます。その真摯な姿勢と、突き動かされるような熱意に強く胸を打たれました。
 本書が出版される前の年
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
1967年19歳で軍役についたグレッグ・デイビス氏は3年間ベトナムの前線で勤務した。前線基地はベトナム人兵士の夜間襲撃を防ぐために、支配地域に大量の枯葉剤(ダイオキシン溶液)を撒き、山野の植物を死滅させた。その量は76,000m3、南ベトナムの国土の12%、人口稠密な穀倉地帯であった。ダイオキシンの半減期は約100年で、今もその被害は膨大な数にのぼり、人々を苦しめている(典型例がベトちゃん・ドクちゃん)。
著者は、グレッグ氏の伴侶となってフォト・ジャーナリズムの世界に入り、伴侶の死をきっかけに映画を作る。
その半生の軌跡に感動した。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック