通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
花の生涯〈上〉 (祥伝社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 神戸ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ヤケ、擦れ、軽いヨレ、が見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。【検品担当者より】中古品の為、チェックは万全を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

花の生涯〈上〉 (祥伝社文庫) 文庫 – 2007/4

5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 42
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 802
¥ 802 ¥ 253

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。10/31まで


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 花の生涯〈上〉 (祥伝社文庫)
  • +
  • 花の生涯〈下〉 (祥伝社文庫)
  • +
  • 茶湯一会集・閑夜茶話 (岩波文庫)
総額: ¥2,576
ポイントの合計: 79pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

華麗なる歴史ロマン!井伊直弼、村山たか女、長野主膳。幕末を生きた男と女の激しい愛。

(まだ、明るい。お城があんなに、美しい夕焼にかがやいているうちは……)主馬は、白い天守閣に、落日が7色の焔の様に輝くのを眺めながら、つぶやいた。
──もう暫く、時を消すために、主馬は堤を下りて、廓の中へ入っていった。
暮れかける頃の廓は、一入、色めき立って見える。せまい小路をはさんで、立ち並ぶ娼家の名は、金亀楼、八千代楼、清滝など。いずれも、紅殻格子の奥のふかい、なまめいた色街のつくりである。
主馬には、伊勢で結ばれた妻があるが、この1両年、とかく病がちだ。そのせいというわけでもないが、さっき、堤の上と下で、目と目をかわした窓の女の顔が、無意識のうちに、消えやらぬ……。──本文より

--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

三十五万石彦根藩主の子ではあるが、十四番目の末子だった井伊直弼は、わが身を埋木に擬し、住まいも「埋木舎」と称していた。「政治嫌い」を標榜しつつも、一代の才子長野主膳との親交を通して、曇りのない目で時代を見据えていた。しかし、絶世の美女たか女との出会い、それに思いがけず井伊家を継ぎ、幕府の要職に就くや、直弼の運命は急転していった…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 441ページ
  • 出版社: 祥伝社; 新装版 (2007/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 439633351X
  • ISBN-13: 978-4396333515
  • 発売日: 2007/04
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 80,169位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 ナカムラ君は、島耕作の初芝電産みたいな超有名電器メーカーの幹部社員だ(まかり間違うと、耕作みたいに将来社長になっちゃうかも、と私は秘かに期待してる)。仕事上の係わりで知り合って十年になるのだが、今では飲みながら歴史と歴小説について熱く語り合うことができる唯一の友である。いうなれば「歴友」なのだ。
 その我が歴友ナカムラ君が、「MARUZEN」の表紙を被った文庫本を二冊、差し出して、
 「室長に是非読んでいただきたくて、勝手に買ってきちゃいましたっ。コレいいんですよねぇ。読んでみてクダサイ」
 という。
 みると舟橋聖一著『花の生涯』上下巻ではないか。そういう経緯であったので、かなりの長編なのだが心して丁寧に読んだ。大真面目に考えながら読んだ。なにしろ次に会った時には、ナカムラ君を唸らせるぐらいの感想を披歴しなきゃならない、それが歴友の礼儀というものだ。

 大老井伊直弼の生涯を描いたこの物語は、NHKの大河ドラマの記念すべき第一作目の原作である。大河はこの物語から始まったのだ。その事を、読んでいる途中、定年まじかな先輩社員から聞いた(なにしろ放映当時私は幼稚園児、ナカムラ君は生まれてもいない)。以来今年の『竜馬伝』で51作目(途中1年2作の年もあった)となるのだが、そのうち8作前後が幕末期を舞台にしている。誠に皮肉なこと
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
流れるような文体に一気に読み終えてしまいました。

桜田門外の変を集団テロと断罪する怒りにみちた表現に今までの歴史小説の

読後感にない気持ちになりました。

「歴史は勝者によって作られる」と歴史の多面性の面白さを改めて感じます。

非常にきれいな作品です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
幕末の大老井伊直弼が,味噌っかすのような境遇から一躍大藩の藩主を継ぎ,
大老の重責を負ったまま桜田門に倒れるまでを小説化したもの
私はこれまで,主人公井伊直弼については,ただ傍若無人のワンマンであるかのような印象を持っていたのですが,
なるほどこういう状況ではあのようなやり方も仕方なかったのかな,
むしろそれが必要なことだとよく見ぬいていたのかもしれない,
などと,ややイメージを改めました。
前半のストーリーは,男女関係が前面に出されたやわやわしたもので,
森鴎外の歴史小説のようなドライなのどごしを期待していると肩透かしを食います。
しかし,それが作者自身のねらい通りなのか,読みやすく,そして気軽に楽しめる小説だと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
幕末の大老井伊直弼が,味噌っかすのような境遇から一躍大藩の藩主を継ぎ,
大老の重責を負ったまま桜田門に倒れるまでを小説化したもの
私はこれまで,主人公井伊直弼については,ただ傍若無人のワンマンであるかのような印象を持っていたのですが,
なるほどこういう状況ではあのようなやり方も仕方なかったのかな,
むしろそれが必要なことだとよく見ぬいていたのかもしれない,
などと,ややイメージを改めました。
前半のストーリーは,男女関係が前面に出されたやわやわしたもので,
森鴎外の歴史小説のようなドライなのどごしを期待していると肩透かしを食います。
しかし,それが作者自身のねらい通りなのか,読みやすく,そして気軽に楽しめる小説だと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック