通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
花の佳音 (メディアワークス文庫 あ 8-1) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

花の佳音 (メディアワークス文庫 あ 8-1) 文庫 – 2012/4/25

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 594
¥ 594 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 花の佳音 (メディアワークス文庫 あ 8-1)
  • +
  • 妖精を呼ぶ本
総額: ¥1,998
ポイントの合計: 61pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

花の桂音


登録情報

  • 文庫: 270ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2012/4/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048865986
  • ISBN-13: 978-4048865982
  • 発売日: 2012/4/25
  • 梱包サイズ: 15 x 10.7 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 667,083位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
メディアワークス文庫で読み逃していた作品が幾つかあったので遡って拝読。作者の本は随分前に
夏月の海に囁く呪文 (電撃文庫 (1178))」というちょっと不思議な作品を読んで「独特の雰囲気の作品を書く人だな」という
印象を受けたのですが…

物語の舞台は花(というか花の精霊)と会話が出来る主人公・草介が営むフラワーショップ「花音」
この店の特徴は「売る花は店長が決める」というある意味とんでもないルールがあるのですが、それ以上に店長が
お客からすると金田一耕介っぽい服装も含めて花と真面目に会話を交わそうとしているとんでもない怪人物

四本の短編と幕間劇からなる構成なのだけど、前半は花を買い求めてきたお客さんの抱える問題に草介が
自分が売った花への過剰な思い入
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
とても幸せな気持ちになりました。素敵な本です。
花を擬人化するストーリーは数あれど、
本作品は擬人化を通り越し人として見えているという
花屋の主人の草介という人が主人公のお話。
短編連作風になっており、各編で登場する花が異なりますが
しっかり話は繋がっており、最後の篇と言わず、
どの篇でも思わず目頭が熱くなってしまうほどに素敵な話です。

雨宮諒さんの本は多く読んでいますが、
本作品も雨宮さんテイストが存分に織り込まれた作品です。
この作品を読み素敵だと思った方は是非他の作品もお勧めできます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
シナリオは私的にはシュプルが1番ですが、
花の佳音も心休まる作品で買ったことを
後悔しないものでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告