¥ 453
通常配送無料 詳細
通常2~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

花に染む 6 (クイーンズコミックス) コミックス – 2015/6/25

5つ星のうち 4.7 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 453
¥ 453 ¥ 938
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 花に染む 6 (クイーンズコミックス)
  • +
  • 花に染む 7 (クイーンズコミックス)
  • +
  • 花に染む 5 (クイーンズコミックス)
総額: ¥1,359
ポイントの合計: 45pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「マンガ大賞2017」大賞は柳本光晴 『響~小説家になる方法~』に決定!
2位『金の国 水の国』、3位『ダンジョン飯』、4位『アオアシ』ほか >> 特集ページはこちら

商品の説明

内容紹介

私は、彼を守る人になりたい── その想いは、恋ではない。陽大の「親友」という言葉が、何よりもうれしかった。大切だから、守りたかった。少年の頃、火事で両親と兄が死んで心身に深く傷を負った陽大。花乃は、その忌まわしい記憶を過去ごと封印し、花染で新しい生活を営む陽大のそばで暮らしていた。そんなある日、火事の放火犯が捕まったと連絡があり…!? 急展開の第6巻!



登録情報

  • コミック: 185ページ
  • 出版社: 集英社 (2015/6/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088656733
  • ISBN-13: 978-4088656731
  • 発売日: 2015/6/25
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
陽大の本心が謎だらけで、なかなか掴めない
楼良の出番がどんどん増えてきて、花乃エンドを望む私としてはドキドキ、ハラハラ…たまに苦しくなって泣きたくなる
陽大の楼良に対する接し方は恋が入っているのか、惹かれはじめているのか
陽大と花乃の小中学生時代を無きものとして考えたくないので、楼良と陽大が一緒のシーンは見ていて苦しいし悲しい
きっと、くらもち先生は陽大に今までの伏線を彼の言葉で語らせてくれると信じているのだが…
どうなることやら
先が全く見えない
実は本屋でココハナ最新号を立ち読みし、恐ろしい展開に衝撃を受けたのだが
良い意味での裏切りを期待したい
やはり花乃がヒロインであってほしいのだが、他の方も言われている通り、陽大の出方次第でヒロインが決まるという何とも歯がゆい この作品
本当はいずれ倭舞に帰って比々羅木神社を継ぐつもりなのでは?
花乃に恋愛感情を持っているけど、押さえ込んでる?
何で生まれ育った倭舞の事を封印するの?
楼良のことをどう思ってる?
6巻になっても謎多し
35年以上くらもちさん読んでるのに、今もまだドキドキさせられっぱなしです
小学生の頃、マーガレットを買いに本屋に走ったあの頃と 今も変わらない高揚感を
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
くらもちの持ち味が存分に発揮されている。
薄情な2枚目を描かせたら日本一。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
なんだか、だんだん桜良を応援したくなってくるような今回の展開でした。
もともとは、花乃の抑えた思いが切なくて彼女目線で読んでたお話でしたが
今回は、ちょっと桜良の魅力にやられてしまったみたいです。
どちらかというと、女の子からは敵視されそうな子なんですが。
でも、いじらしいし、可愛い。なんといっても、一途な気持ちがまっすぐ陽大に向かっていて
これじゃ、彼も構わずにはいられないというか、普通の男の子であれば気にせずにはいられないだろうなあなんて。
彼の淹れたコーヒーに感激し、彼の一挙一動を反芻して、どっぷりと想像と想いに浸る彼女は、ちょっと笑えるけど
その気持ちには同感してしまいます。ここまで好きになれるって、ある意味うらやましい。
まあ、陽大は、普通の男の子じゃないから、それでも突っぱねてますけど。
ラストの場面は、もしかして本当は・・なんて思わず想像してしまいました。
これからのお話がますます楽しみになります。
刊行される間が長いので、前の巻を読んでまず復習してからでないと、すぐに話に入っていけないのですが
そこがまた、より深くこの世界に浸ることができて良いのかもしれません。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
今回の巻は楼良メインです。
駅から5分の頃から待っている人にとってはある意味やっと来たか!という巻になるのではないでしょうか。
陽大の手をぐいぐい引っ張って新しい世界に連れて行こうとしているのが楼良
陽大を後ろから支えてるのが花乃
雛に至ってはいまだにつかみ切れていませんが、恋愛面で読むと本当にやきもきさせられるいい漫画だと思います。
陽大の心次第でヒロインが決まるのかと思うと若干癪ですが(笑)
そんな彼の心の内はさっぱりわかりませんが、今回は今まで隠れてた物語の核となるしっぽが見え隠れしているように感じました。
ぎゅっと心が切なくなるような話と様々な謎とが複雑に絡んでいて、次の巻が非常に楽しみです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
陽大、楼良、花乃の3人のアパートでの奇妙な共同生活が始まったきっかけから、その終焉までの巻です。

ほぼ楼良が話の中心になりますが、物語の全体像がおぼろげながらも掴めるようなシーンがいくつか散りばめられています。
改めて作者のストーリー作りの力量、緻密さといったものに驚かされました。
まだまだ多くの謎は残されてますが、それらの謎を絡めながら、どうラストへ結び付けていくのか、非常に楽しみになりました。
また予想を裏切るような展開があるとしたら、それはそれでさらに尊敬せざるを得ない内容になるのではないかと楽しみです。

必見の巻だと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告