この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

花々 単行本 – 2009/3/4

5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,941
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『カフーを待ちわびて』の“明青(あきお)と幸(さち)”の暮らしの傍でくり広げられていた、もう一つの感動ドラマです。島を愛する旅人でフリーターの純子と、故郷の沖縄を捨て、東京のキャリアウーマンとして生きる成子。ひょんなことから、この対照的な二人が出会い、ある目的のために奄美諸島の神秘の島々を旅することに……。しかし二人が見つけた物は、探していた目的以上の大きな物。それぞれの「宿命」だった。

内容(「BOOK」データベースより)

明青と幸が出会ったとき、島では何が起こっていたのか。ダイバーズショップの純子、明青の初恋の女性、成子。さまよえる花々の、美しくも儚い島物語。『カフーを待ちわびて』から3年。奄美諸島の小さな離島を舞台に生まれた感動のサイドストーリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 185ページ
  • 出版社: 宝島社 (2009/3/4)
  • ISBN-10: 4796670009
  • ISBN-13: 978-4796670005
  • 発売日: 2009/3/4
  • 梱包サイズ: 19 x 13.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 223,446位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
5
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(5)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
『カフーを待ちわびて』の続編・スピンオフとか関係なしに、ただサラッといい本でした。

短くてすぐに読み終われちゃうんだけど、ちゃんと完結してる感じが素敵でした。
読後にすっきりするお話に最近なかなか出会っていなかったので。

『カフーを待ちわびて』もそうだったけど、この『花々』も、主人公の二人以外のまわりの人々の在り方がさりげなくすごく素敵に描かれています。

とてもあたたかい気持ちになりました。

『花』をキーワードに繰り広げられる世界観も良かったです。

そして…最後に届くのは『吉報』☆

『カフーを待ちわびて』とは別物として楽しんでいただきたいけど、読後は二つの世界が重なって、『カフーを待ちわびて』がさりげなく完結した感じがしました。

もちろん、あの人たちにとっては『これから』続いていくのですが☆″
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 山科のうし トップ1000レビュアー 投稿日 2012/5/21
形式: 単行本
原田マハは、第1回日本ラブストーリー大賞を受賞した『カフーを待ちわびて』で事実上デビューした。
その『カフー』に、こんな素敵な姉妹編があったのだった。

基本的に別の話ではあるとはいえ、
沖縄の島という場所設定、時間、登場人物は、『カフー』と共通していて、
一種の続編として読める。
『カフー』の主人公の明青たちのことはわずかに言及されるだけだが、
そちらに満足した読者ならぜひ読んでおきたい一冊だろう。

一方『カフー』をまるで知らない読者でも、
この本はこの本で、独立した一冊の物語として、十分楽しんで読める。

岡山の実家を捨てるようにして与那喜島でアルバイトをしている純子、
一流企業に勤めながら離婚して故郷の与那喜島に帰ってきた成子。
この二人の女性を中心に、ほかにも様々な人間像を描きながら、
幾つかの物語が短編としても読める形で結び合わされ、
結果的に一つのまとまった物語になっている。
連作短編集のようでもあり、普通に長編のようでもあるが、
「それぞれ」でありながら全体がつながって一つでもある、というのは、
テーマとも結びついたしゃれた形式だと思う。

この作家には、たし
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「カフーを待ちわびて」のスピンオフ的な作品。厳しい病院勤め、兄との確執、認知症の母のサポートのプレッシャーから故郷を捨てた純子。てぃんさぐぬ花の歌詞の意味を知って母親の自分への愛を想う。一輪のサガリバナが落ちたころ、母と一緒に暮らした故郷に一生暮らそうと決意する。一方で、明青の憧れの幼馴染の成子は与那喜島を出て東京でキャリアウーマンの道を進んでいたが、自分の事ばかり優先してしまい夫に逃げられてしまう。一生懸命仕事をやって誰かに褒められたい成子、だが加計呂麻島で出会った知花子のハンカチ花畑でふと我に返る。沖縄の島の包容力を感じ、読んでいて暖かい気持ちになる一冊だった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
明青も幸も名前は出てくるけれど、
その姿は見えません。
完全に『カフーを待ちわびて』とは別の物語だと考えといた方がいいです。
カフーを待ちわびてで語られた明青と幸の物語と平行して
進んでいた二人の女性を中心にした短編集です。

安住の地を求めていた純子と
与那喜島を故郷に持つ成子。
純子は故郷を捨て旅人になった女性。
成子は故郷を捨て東京でキャリアウーマンとして成功している。
この対照的な、しかしどこか似ている女性二人が
女性一人旅の宿というテーマで奄美の島々を取材しようとするが
そこで彼女たちに運命の出会いが。
彼女たちは
それぞれに自分の道を歩み始める。

心の隅々にまで余韻が染み渡りました。
純子と成子の二人が本当に探していたもの、
それを見つけ、それぞれが満足の行く日々を過ごしている、
そんな最後のシーンがとても印象的でした。
明青や幸は登場しないけれど、
そんなのが気にならないくらいの作品でした。
物語の核となる花々。
物語とマッチしていてとても良かった。

最後の純子の母親の残したメモ。
母親の子を思う気持ちが非常に切なかったです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告