中古品
¥ 649
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★帯なしです。★表紙に、スレ等若干の使用感が見られます。★中身は、書き込みや破れ等もなく、状態良好です。★発行年等により、表紙がアマゾンイメージと異なる場合があります。★ご不明な点などございましたら、お気軽にお尋ねください。★ご注文後、防水のためクリスタルパックにて梱包し、ゆうメールにて迅速に発送いたします。★Amazon専用在庫ですので、ご安心してお買い求めください。☆コンビニ決済可能。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

芭蕉庵桃青 (中公文庫) 文庫 – 2012/1/21

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫, 2012/1/21
¥ 616

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

俳聖芭蕉の芸術感に浸り、自らの境涯と共鳴して、その孤客の風骨を、死の床にありながら余すところなく描破した義秀文学畢生の力作。〈解説〉縄田一男

内容(「BOOK」データベースより)

俳聖芭蕉の芸術観に浸り、自らの境涯と共鳴して、その孤客の風骨を、死の床にありながら余すところなく描破した義秀文学畢生の力作。芭蕉の句とその背景を重ね合わせて読み解き、彷徨の生涯を知る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 406ページ
  • 出版社: 中央公論新社; 改版 (2012/1/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4122055814
  • ISBN-13: 978-4122055810
  • 発売日: 2012/1/21
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 839,880位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 保武佳吾 トップ500レビュアー 投稿日 2008/2/8
形式: 文庫 Amazonで購入
 芭蕉をやるなら、この一冊ぐらいは読んでおかなければならない、という先輩の言に従い、かつて読んだことはあるが、今回また読み直し、著者畢生入魂の一書という感を強くした。
 実によく作品と資料と研究を読み、芭蕉の実像に迫ろうとして苦心している思いの深さが見えてくる。いわゆる創作をしようとして面白おかしく膨らまして書こうとしていない。むしろ、芭蕉の風雅の誠に、人生と自然の連関に肉迫し、収斂しようとする求心性があるとみられる。
 芭蕉の秀句のひとつに「明月や池をめぐりて夜もすがら」がある。それについて述べる。

 古池を前にひとり明月を眺めながら、この句をよんだ。/その折の彼の感慨は知るよしもないが、先の蛙の句で芭蕉は、一瞬の水音に、永劫の時の寂静をつたえ、これにあっては一夜の明月に、悠久輪廻の相をとらえている。まさに素堂のいう、明星の輝きによって真如の悟りをえた出山の釈尊と、趣を一にするところがあるかもしれない。

 ただ甘い感傷的、文学的抒情表現をするのではなく、芭蕉という風狂詩人の本質に対して宗教的、人生哲学的迫り方をした小説である。芭蕉作品及び関連文学作品の語学的解釈をするよれははるかに、その本質・奥義に迫ることができる上質の芭蕉入門書であると言いたい。
「今二回で終るところであるけれども、それも是非ない」と食道癌再発で亡くなった中山義秀の遺作。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 保武佳吾 トップ500レビュアー 投稿日 2006/6/24
形式: 文庫 Amazonで購入
 江戸深川の芭蕉庵に移ってから始めて、晩年まで発句・連句の作られていく過程を小説家の想像力で追究している。俳諧史をひもとき、それも十分考慮に入れながら、一つ一つの作品の発想されていく姿を浮き彫りにしている。あとがきに「病と戦ひながら書き続けてきたけれど、苦しさの中にも楽しさがあった。未完に終はったけれけれども、日本人の美しい情操を伝へるものとして贈りものとするに恥ぢない」(口述筆記は娘日女子)(雅)
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック