芥川賞・直木賞特集について
芥川賞(芥川龍之介賞 あくたがわりゅうのすけしょう)は純文学の新人に与えられる文学賞です。芥川龍之介の名を記念して、直木賞と同時に1935年に制定されました。新聞・雑誌に掲載された純文学の短編作品の中から最も優秀な作品に与えられる賞です。
文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われ、授賞は年2回、賞が授与されます。選考委員は小川洋子・奥泉光・川上弘美・島田雅彦・平野啓一郎・堀江敏幸・松浦寿輝・山田詠美・吉田修一の9名です。
直木賞(直木三十五賞 なおきさんじゅうごしょう)は新人及び中堅作家による大衆小説作品に与えられる文学賞です。芥川賞と同様、授賞は年2回となっており、
選考委員は浅田次郎・伊集院静・角田光代・北方謙三・桐野夏生・髙村薫・林真理子・三浦しをん・宮部みゆきの9名です。
Amazon.co.jpでは、過去の芥川賞、直木賞の受賞作品や受賞候補作も合わせて紹介しています。