この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

芥川也寸志: オーケストラのためのラプソディ/ エローラ交響曲/ 交響三章

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 7,980より 中古品の出品:9¥ 700より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • 指揮: 湯浅卓雄
  • 作曲: 芥川也寸志
  • CD (2004/8/1)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: Naxos
  • ASIN: B0002FQNEA
  • EAN: 4945604559751
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 156,742位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. オーケストラのためのラプソディ
  2. エローラ交響曲
  3. 交響三章

商品の説明

内容紹介

*日本作曲家選輯* 片山杜秀氏による日本語解説書付き

21世紀にも間違いなく語り継がれる爆発系サウンド
芥川也寸志と言えば、作家・龍之介の子であることや、ダンディな外見なら有名でしたが、肝心の作品は音楽愛好家にも意外と知られていません。最初期の「交響三章」は、彼の憧れであるソ連に持参して大作曲家達の目に止まり、当地で出版されるという快挙を成し遂げた記念作。その迷いの無い前進の眩しさが勇気と感動を与えます。「エローラ交響曲」の随所で聴ける激しい爆発系サウンドは、知らなきゃ損というもの(細かいトラック付けにも注目)。芥川ファンには「ラプソディ」の音源は貴重です。当盤のような立体的なサウンドがあってこそ、芥川の音楽は目映いばかりの光を放ち、永遠の命を与えられるのです。

録音・編集(24bit): 2002年1月 ニュージーランド、ウェリントン、ロワー・ハット・タウン・ホール

★HMV週間ネット・チャート総合 第1位!(8月4日)
★タワーレコード 週間ネット・チャート 総合 第1位!(7月30日)
★レコード芸術誌 特選盤

メディア掲載レビューほか

『オーケストラのためのラプソディ』は、冒頭から力感が溢れ出るような独自の動機や旋律が、聴き手に強い感銘をあたえる。それは演奏が芥川の当時の作風と楽想の性格を熟知した結果といえるだろう。湯浅は、作品の大規模な音構造を驚くほど立体的に構築しており、流動する音楽のフィーリングもあざやかである。楽員の理解も鋭く、フルート・ソロなども実に的確な表情を聴かせる。(中略)『交響三章』も両端楽章では軽やかなリズム処理が特徴的で、芥川の芸術の原点ともいえる作品の容姿を、この上なく端的に伝えている。この『選輯』のなかでも長く記憶に残る名曲の名演と評価したい。 - 小石忠男 --「レコード芸術」 2004/9

『交響三章』の)最終楽章の“前進あるのみ”といった猪突猛進的な動機の積み重ねと反復には一種の爽快感さえ覚える。打楽器、金管がいっせいに炸裂する衝撃的な大音量もキッチリ収めた録音も素晴らしい。 --「ぶらあぼ」 2004/8

商品の説明をすべて表示する

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
 NAXOSが出している、「日本作曲家選輯」の中の1枚。いつもの通り、このシリーズを監修している片山杜秀氏の、詳細な解説がついています。指揮は日本人の湯浅卓雄、オーケストラはニュージーランド交響楽団。初めて聞きましたが、結構いいコンビだと思います。ラプソディ(1971年作曲)、エローラ交響曲(1958年)、交響三章(1948年)の3曲が入っていて、芥川の作風の変化が分かるようになっています。
 聞き物はなんといってもエローラ交響曲。交響曲といっても、複数の楽章に分かれているわけではありませんが、ストラヴィンスキー、バルトーク、ヴァレーズ等々、20世紀の様々な音楽が芥川の中で昇華され、見事なリズムの饗宴になっています。トラックも16に分かれていて(でも全曲で17分ほど)、何かと便利です。
 これをきっかけに、作曲家芥川也寸志の名が、世界に知られるようになればいいと思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
芥川也寸志の主要作品3つがおさめられたアルバムです。演奏は湯浅卓雄指揮
ニュージーランド響で、2002年1月にニュージーランドで収録されています。
収録曲は以下の通り。
1.オーケストラのためのラプソディ(15:03)
2.エローラ交響曲(17:09)
3.交響三章(05:07、10:37、05:55)
芥川也寸志の初期、中期、後期の作品が1つずつということで、彼の音楽の
変遷がよく分かるアルバム構成となっています。楽曲もさることながら、
何よりも演奏がすばらしい。湯浅卓雄のきびきび明確な音楽運びとともに
ニュージーランド響の機動力ある明るい響きが特筆されます。
若書きの交響三章は、旧ソ連の大作曲家たちに認められて現地で出版された
作品であり、若き芥川の爽やかさと音楽的な熱情が凝縮されています。
特に第3楽章の「これでもか!」といわんばかりの突進力!。聞いていて
心地よい興奮に浸れます。もちろん第1楽章も同様。第2楽章は「子守歌」
と銘打たれていることもあり、日本人の心にしみいるような歌にあふれた
作品。エローラ交響曲は、芥川の「マイナスの音楽づくり」にもとづいて
作曲されたもの。エローラ遺跡にインスピレーションを得て書き上
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
芥川也寸志は最初橋本国彦に学び、その後伊福部に学んだ
橋本からはリリシズム、伊福部からはダイナミズムを吸収した
この2つをどう合わせるか悩んでいた所に現れたのがショスタコーヴィチやプロコフィエフなどのソ連音楽
誰でも分かる明るくキビキビとした音楽を目指していたソ連の音楽は芥川の理想となった
芥川はなんとソ連に密入国までしてショスタコらに会い、大きな影響を受けた
「音楽はみんなのもの」を標榜し、分かりやすく魅力的な曲を作り続けただけでなく、クラシックの啓蒙活動も盛んにおこなった
4004140579 も有名

芥川の活動歴は前期(1947~57年)中期(~67年)後期(~晩年)に分けられ、それぞれの代表曲が収録されている
「交響三章」は最初期の曲
ああソビエト大好きだったんだなーというのが良く分かる曲
明るくキビキビ、迷いなく突っ走る!
若くて魅力的な曲だけど2楽章は長い割に味わいが足りずちと退屈

中期の「エローラ交響曲」は前衛に影響を受けてた時期の曲
インドのエローラの寺院に行ったのがきっかけでアジアの交響曲を構想
20の断片が男と女を表しそれらがまぐわい生命を産むというなんともエロティックなイメージの交響曲
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック