ポイント: 136pt  (8%)  詳細はこちら
無料配送 6月28日 火曜日詳細を見る
または 最も早いお届け日 配送 本日 8 時間 2 分以内にご注文の場合。 詳細を見る
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
芝園団地に住んでいます : 住民の半分が外国人にな... がカートに入りました
配送料 ¥350 6月 30日-7月 2日詳細を見る
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: ▼ 目立った汚れ・傷み等なく概ね良好 ▲
シェアする
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

芝園団地に住んでいます : 住民の半分が外国人になったとき何が起きるか 単行本(ソフトカバー) – 2019/10/4

5つ星のうち3.8 29個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥1,760
¥1,760 ¥884

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • 芝園団地に住んでいます : 住民の半分が外国人になったとき何が起きるか
  • +
  • 団地と移民 課題最先端「空間」の闘い
  • +
  • 日本の異国: 在日外国人の知られざる日常
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

出版社より

コロナ、移民 多文化共生、新移民時代 5032 変容する移民コミュニティ 4365 自治体がひらく日本の移民政策
アンダーコロナの移民たち 【増補】新 移民時代 変容する移民コミュニティ 自治体がひらく日本の移民政策
内容紹介 コロナ禍で移民たちが直面している困難は、日本人以上に深刻だ。雇用環境が元々脆弱な上、就職差別にも遭遇している。学びやつながりの困難を抱える人も多い。この状況下でなおも「社会の一員」の可能性を奪い、排除し続けることの意味を問う、画期的な試み。 外国人労働者受け入れへの一大転換と言える改定入管法が成立したが、政府の本音と建前の乖離は依然として埋まらない。大反響を呼んだ初刊版に、改定入管法施行前、施行1年後、ネパール再訪の連載を加え大幅増補。共に暮らす隣人を直視した現場からの報告。 戦前に渡来し定住した外国人から2010年代以降の新しい移民まで、日本を目指した多数の外国人、難民・3K労働・研修生・高度人材などさまざまな形態で来日した外国人が形成したコミュニティの成立・定着・変遷の定住過程を国籍別に31のカテゴリーから紹介する。 加速化する人口減少と少子高齢化で労働力不足が深刻化する中、政府もいよいよ、本格的な外国人労働力の受け入れを検討しなければならない段階にきている。本書は、日本の多文化共生政策の歴史を踏まえ、各自治体の取り組みの事例を概観し、地域多文化共生制度の創設など自治体を軸に今後の移民政策の指針を示す。
編者・著者 鈴木 江理子 編著 西日本新聞社 編 駒井 洋 監修、小林 真生 編著 毛受 敏浩 編著
ポピュリズム、ヨーロッパ、EU 4799 フランス人とは何か 4495 外国人の子ども白書 4887 多文化社会に生きる子どもの教育
包摂・共生の政治か、排除の政治か フランス人とは何か 外国人の子ども白書 多文化社会に生きる子どもの教育
内容紹介 西欧諸国において従来人道的見地から論じられてきた「移民・難民問題」が、近年最大の政治争点とされ、右翼ポピュリスト政党が各国で存在感を増している。なぜ大量の人の移動の問題が政治化され、なぜ、誰が排外的な主張を支持しているのか? ヨーロッパ各国を専門とする研究者が、移民・難民の状況と「排除の政治」について実証的に分析し、排外主義に抗する「包摂・共生の政治」の根強い力も視野に入れ、政治的議論・帰結・その意味を検討する。 生地主義、血統主義、帰化の意味を跡づけ、〝危機の時代〟におけるユダヤ人の国籍剝奪、女性・植民地出身者に対する差別や不平等について緻密に検証。膨大な史料を渉猟し、フランス革命以降の国民/外国人の境界線のゆらぎ、平等・包摂の現代にいたる道程を実証的見地から描き出した圧巻の書。 現代日本における「外国につながる子ども」の現状と支援の課題が一冊でわかる画期的な白書。人権、福祉、教育、文化(言語)、家族、滞在条件などの観点から、外国人の子どもの現状を正確に把握、データおよび支援現場の報告からそのリアルな姿が見えてくる。 これまでの外国人児童・生徒の教育施策を踏まえ、外国人の子どもたちを文化間移動とそれに伴う異文化適応という視点で捉え直し、学校における多文化共生教育や人権教育を考察し、さらには海外に住む日本人の子どもの教育から国際バカロレアまで、今後の重要な政策課題を論じる。
編者・著者 宮島 喬 編、佐藤 成基 編 パトリック・ヴェイユ 著、宮島 喬ほか 訳 荒牧 重人ほか編 佐藤 郡衛 著

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本人と外国人が同じ場所で暮らすとき、何が起きるのか。住民には、どのような感情が生まれるのか。そこで起きること、芽生える感情に対して、どうすればいいのか。そんなことを問いかけながら芝園団地で暮らす、一人の住民の記録。日本人住民の間に芽生える「もやもや感」と、見えない壁を乗り越えようとする人々を描いたノンフィクション。

著者について

大島 隆(おおしま・たかし)
1972年、新潟県生まれ。朝日新聞政治部記者、テレビ東京ニューヨーク支局記者、朝日新聞ワシントン特派員、国際報道部次長、GLOBE副編集長を経て政治部次長。この間ハーバード大学ニーマン・フェロー、同大ケネディ行政大学院修了。大学時代に中国人民大学に1年間留学。著書に『アメリカは尖閣を守るか』(朝日新聞出版)。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 明石書店 (2019/10/4)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2019/10/4
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 240ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4750348945
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4750348940
  • 寸法 ‏ : ‎ 13 x 1.7 x 18.8 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.8 29個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

著者の本をもっと発見したり、よく似た著者を見つけたり、著者のブログを読んだりしましょう

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.8
星5つ中の3.8
29 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年2月23日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
VINEメンバー
2021年7月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年11月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年7月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
ベスト500レビュアー
2019年10月17日に日本でレビュー済み
33人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年12月7日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年1月3日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する