Kindle Unlimited読み放題の対象です
ポイント: 7pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 7月28日 - 29日 詳細を見る
最速の配達日: 明日7月 27日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り3点(入荷予定あり)
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
色欲の家 義姉と父と僕 (竹書房文庫) がカートに入りました
お届け日 (配送料: ¥250 ): 7月28日 - 30日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。中古商品のため使用感等ある場合がございますが、品質には十分注意して発送いたします。 【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


色欲の家 義姉と父と僕 (竹書房文庫) 文庫 – 2020/8/28

5つ星のうち3.5 5個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
文庫
¥737
¥737 ¥235

よく一緒に購入されている商品

  • 色欲の家 義姉と父と僕 (竹書房文庫)
  • +
  • 人妻合コン 不倫の夜 (二見文庫)
  • +
  • マジで中出し五秒前 (紅文庫)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

大学生の堂園靖彦は同居する兄嫁の沙弥に惹かれており、いけないと思いつつも兄夫婦の夜の営みを覗いて自慰に耽ってしまう。一方、沙弥も靖彦の覗きに気付くが、義弟を憎からず思っていた彼女は、その熱い視線に高ぶり、夫とのセックスを大胆に見せつけてしまうのであった。そんなある日、兄の浮気が発覚。傷心の沙弥を靖彦が慰めるうちに、二人は禁断の一線を越えてしまう。以来、兄夫婦は家庭内別居状態になり、靖彦は隙を見て沙弥と交わるが、そんな二人の行為を父・達生が覗き見していて…!?淫欲の虜となる一家、禁断ロマンの新傑作!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

霧原/一輝
1953年、愛知県名古屋のベッドタウンで生まれる。早稲田大学文学部に入学後、演劇活動に邁進。2006年に『恋鎖』(双葉社)で霧原一輝としてデビューし、次々と作品を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 竹書房 (2020/8/28)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2020/8/28
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 文庫 ‏ : ‎ 253ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4801923887
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4801923881
  • 寸法 ‏ : ‎ 10.5 x 1.3 x 14.8 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.5 5個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.5
星5つ中の3.5
5 件のグローバル評価
星5つ
51%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
25%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
25%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト500レビュアー
2020年12月19日に日本でレビュー済み