通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
色彩論 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆[帯無]この商品は使用感少なく綺麗な商品です。書込みやアンダーラインなども無く、中古本として問題なくご使用して頂けると思います。二重チェック方式などを使い慎重に確認しておりますが、万が一検品ミスがありましたらご連絡ください。対応させて頂きます。カバーはエタノールにてクリーニング済みです。注文後、温度と湿度が管理された倉庫より、商品を発送いたします。コンビ二決済もご利用いただけます。万が一、不具合がございましたら、返品返金対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

色彩論 単行本 – 1971/1/16

5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,780
¥ 3,780 ¥ 2,950

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 色彩論
  • +
  • アイデアのつくり方
総額: ¥4,644
ポイントの合計: 188pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテが1810年に出した著書。教示篇・論争篇・歴史篇の三部構成からなり、教示篇で色彩に関する己の基礎理論を展開し、論争篇でニュートンの色彩論を批判し、歴史篇で古代ギリシアから18世紀後半までの色彩論の歴史を辿っている。


登録情報

  • 単行本: 99ページ
  • 出版社: 美術出版社 (1971/1/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4568520045
  • ISBN-13: 978-4568520040
  • 発売日: 1971/1/16
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 20.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,185位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 oiseau 投稿日 2005/12/8
形式: 単行本
現代芸術のひとつの方向を形づくったバウハウス教育。そのなかで行われたイッテンによる色彩論をコンパクトに収めてある。このテキストの実技をまともにやり遂げれば、かなり独自性のある色彩感覚が身につくと思う。色彩感覚は生まれつきのもので変えようが無いという説もたまに聞くが、それだけではない。やはり優れたテキストと学習、経験によって鍛えられた感覚は人を納得させる力があると感じる。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
配色理論の基礎の基礎が書かれた著書。今、沢山の配色理論の本が出版されているが、その原点はこの本にあると思う。
視覚的な配色理論や対比現象といった、ごく基本的な色彩学理論以外に、交流のあった人びとのエピソード、彼の色に対する様々な思い等が綴られていて、読んでいるとまるでイッテンの講義を聴いているようでとても楽しい。
パーソナルカラーのフォーシーズン分類の原点もこの著書の中にある。色彩を学ぶ人ならば一度は目を通したい1冊である。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トクラマ 投稿日 2014/1/23
形式: 単行本 Amazonで購入
ヨハネス・イッテンバウハウス時代の名著です。良いものは変わらず。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
イッテンの色彩論は、色彩理論の「古典中の古典」というべき本です。

本の種別としては専門書に入ります。内容的には少し高度ですが

カラーコーディネーターを目指している方、あるいは検定試験をこれから受ける方にも教養としてぜひ取り入れるべき内容です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告