通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 ハードカバー – 2013/4/12

5つ星のうち 3.3 859件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,000 ¥ 1
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 788 ¥ 4
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
  • +
  • 女のいない男たち
総額: ¥3,536
ポイントの合計: 108pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

良いニュースと悪いニュースがある。

多崎つくるにとって駅をつくることは、心を世界につなぎとめておくための営みだった。あるポイントまでは……。

内容(「BOOK」データベースより)

良いニュースと悪いニュースがある。多崎つくるにとって駅をつくることは、心を世界につなぎとめておくための営みだった。あるポイントまでは…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 376ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2013/4/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163821104
  • ISBN-13: 978-4163821108
  • 発売日: 2013/4/12
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.7 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 859件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,701位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
比喩表現が独特で少し理解できない感じだった。初めて村上春樹作の本を読んだので全てそうか分からない。
内容は自分の日常とかけ離れていて現実味はなかった。
特に感動はなかった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ドリー 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアー 投稿日 2013/5/3
形式: ハードカバー
 
 満を持して、村上春樹を読んでみました。めちゃ売れてるって評判だし、本屋でも下品なぐらい平積みされてるし、アイフォーンの新作かってぐらいの長蛇の列がテレビで流れていたので、あんまりウザイから読んでみたのです。
 読んでみてすぐに王様のブランチで本仮屋ユイカとかが「うーん・・・なんか難しいとこもあったんですけど・・・最後にすごい村上さんから明るい励ましのメッセージをもらったようで元気になりました!」ってぶりっ子然な感じでなんの生産性もないコメントをしているのがなんとなく目に浮かび・・・。その脇で谷原章介が「うんうんそこが村上作品の魅力だよねー」とスカした感じで頷いてる光景が脳裏によぎりました・・・。王様のブランチで褒められている小説はたいがいろくでもないという相場は決まっております。だから変な期待を持たずに読み終えることができました。あらかじめ言っておくと、ボクは村上作品のいい読者ではありません。ノルウェイの森も途中やめにしてるし、アウターダークも途中退場、まともに読んでるのは象の消滅っていう短編集と風の歌を聞けぐらいで、1973年のピンボールなんか朝おきたらベッドの中にかわいい双子のおんな子がいたー!って時点で床に叩きつけています。言わずもがなカートヴォネガットとかレイモンドカーヴゃーもフィッツジェラルドも読んでいないし、ちょっと周りがもてはやしているから読
...続きを読む ›
546 コメント 29,386人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2016/11/7
形式: ハードカバー Amazonで購入
出版直後に村上氏の新作とのことで話題だったので買いましたが、やはり村上作品はあまり好きではありませんでした。
読みやすいのですが、あまり印象に残ったり感動したりというのがありません。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ずっと読もうと思ていたのですが、やっと読めました。
相変わらずすごい力量というか、文章力ですね。
ただストーリー自体はいまいちしっくり来ず。。。
英語の音楽のように、おとの流れだけを楽しんだような印象です。変な表現ですが。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
毎年ノーベル賞の季節になるとメディアに取り上げられ、新刊が出れば多くの読者に読まれる村上春樹作品。
村上春樹作品の長所は、その作品を読んだ感想について、ああだこうだと、プロの書評家から素人まで、喧々諤々議論ができるところだと思う。
そういう私も、村上作品はそんなに好きではないのでが、批評するために、多くの作品を読んでいる。

「多崎つくる」に関しては、プロの小説家としてよくできた小説だとは思うし、文章表現や描写力はずば抜けたものがあるが、以下の理由で★は2つにした。普通の小説家なら★4つか★5つの作品だと思うが、ノーベル賞候補者であるので、厳しい採点にしている。村上作品の初心者には、オススメしたい作品である。

・メインプロット(=主人公がある日突然絶縁されてそのまま何年も経った)の説得力が弱い
・灰田と緑川のストーリーが、回収されていない
・いろんな設定が古くさく(=平和な時代の昭和の雰囲気)、現代性に欠ける
・密室殺人が、回収されていない
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
切なく、深く、興味持てる作品でした。心の内側と他人から見える心の外側はずれているのだと改めて実感する。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
ジャンル小説とは、ライトノベルしかり、時代劇しかり、お約束小説である。キャラクターもストーリーも場面展開も、読者と作者の間のお約束が成立し、お約束の展開と結末が読者の求めるところである。期待通りの読後感を求めて、読者は作品を読む。
村上春樹の小説は、デビュー作からそれを意図して書いているようだ。村上春樹の場合、それは「哲学ジャンル小説」
彼は哲学を語るために小説を書く。したがって、すべてのキャラクター、場面展開、ストーリーは、それを表現するための類型的なもの。ステレオタイプ。多くの読者は、彼の描くキャラクターがリアリティーを欠いた硬直的な人間であることに気づくだろう。多面性がなく、人としての深みがない。こんなにわかりやすい人間など現実には存在しない。ストーリーも、場面展開も、ご都合主義に走る。村上春樹ファンなら、当然期待するところを、そのままきちんと再現されていることになるだろう。
だがそれでよい。村上春樹にとって、キャラも場面もストーリーも、すべては哲学的思想の帰結に向かっての矢印でしかなく、記号でしかない。つまり単純化された、説明的な単語でしかない。当然リアルな人間、リアルな人生、リアルな運命ではありえない。だから村上小説を読むときには、常に「この記号が何を表現しているか」を注意深く検証しなければならない。いわば謎解きの文学。ゲームでダンジョンを攻
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー