色即ぜねれいしょん [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 注)レンタル専用商品でディスクは1枚です。メーカーの承諾を得て販売している正規品です。★ケース交換、クリーニング済み。ジャケット、ディスクに若干のスレがありますが全体的に良好な状態です★レンタル用ラベルなど商品を傷つける恐れがある場合には剥がさずにそのままの形での郵送となります。(ディスクとケースのみの出品で特典等は付属していないのでご了承下さい)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

色即ぜねれいしょん [DVD]

5つ星のうち 3.8 19件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 2,200より 中古品の出品:8¥ 1,390より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 色即ぜねれいしょん [DVD]
  • +
  • アイデン & ティティ [DVD]
  • +
  • ボーイズ・オン・ザ・ラン [DVD]
総額: ¥9,614
ポイントの合計: 49pt (1%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 渡辺大知, 峯田和伸, 岸田繁, 堀 ちえみ, リリー・フランキー
  • 監督: 田口トモロヲ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2010/01/27
  • 時間: 117 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 19件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002W5WRSO
  • JAN: 4934569637383
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 61,106位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

みうらじゅんの自伝的小説を、盟友・田口トモロヲが監督!
青春は、モヤモヤするほど、ドキドキする。

毎回映像特典 予告編、特報、TV-CM、
オーディオコメンタリー<田口トモロヲ(監督)×向井康介(脚本)×渡辺大知(主演)>

優しい両親、平凡な毎日、それが僕のコンプレックス。

安田講堂が陥落し、学生運動も下火になった1974年、京都。乾純は、仏教系男子校に通う高校一年生。ヤンキーたち体育会系が幅を利かせてる学校では肩身が狭く、家では優しすぎる両親にかわいがられ・・・・・・、ボブ・ディランに憧れてロックな生き方を目指しているけど、何かに反抗する勇気もない。おまけに、小学校の頃から片想いしてる足立恭子には告白すらできない。平凡で悶々とした日々を暮らしていた。
「行かへん?旅」
ある日、純は同じく文科系男子の伊部と池山から隠岐島への旅に誘われる。彼らによると、隠岐島のユースホステルにはフリーセックス主義者が集まるらしく、そこに行けば“モッテモテ”になるという。数日後、重いギターケースと旅行バッグを手にした純は、待ち合わせ場所である京都駅でタバコに火をつける。気分はすっかりロックミュージシャン。合流した伊部と池山に「ギターなんてずるい!」とからかわれながら、夜行列車とフェリーを乗り継いで、浮かれ気分で隠岐島へと向かう。
「これがフリーセックスの巣窟・・・・・・?」
想像よりはるかにショボいユースホステルの外観に3人はがっかりする。しかし「世界一自由な場所を作りたい」とデカすぎる夢を熱く語るヘルパーのヒゲゴジラや、母親以外の女性で初めて仲良くなった女子大生のオリーブたちとの自由で気ままな時間が3人を魅了していく。そして知らず知らずのうちに、夏の旅は3人の絆をも深めていく。あっと言う間に島を去る日がやってくる。フリーセックス主義者は結局ひとりも見つけられなかったが、いくつもの出会いと別れを経験した3人はちょっぴり大人になれた気がしていた。
夏休みが明けて二学期。学校も家も何ひとつ変わっていなかったが、純の中には何かが芽生え始めていた。自由を感じた島での時間、オリーブとの再会、ヒッピー風(?)家庭教師からの妙なアドバイス、そして授業で始めて意味を知った“色即是空”という言葉に後押しされ、純は文化祭のコンサートに出演することを決意する・・・・・・。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

みうらじゅんの自伝的青春小説を『アイデン&ティティ』の田口トモロヲが映画化。安田講堂が陥落し、学生運動が下火になった1974年の京都を舞台に、ロックな生き方に憧れる仏教高校の1年生・純と仲間たちの平凡で悶々とした日々とひと夏の成長を描く。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
レビューを見て期待して観たがこれはハズレだった。主演の美少女の女の子だけ魅力的だった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
学生時代、無意味な事をやることが自分にとっては、宝物みたいな時間の過ごし方だった。バンドをやろうとしたり、旅にでたり、友人と馬鹿をやったり。そんな事が思い出されて、気持ちが軽くなる映画だった。映画の中で流れる時間はひどくゆっくりで、それでも退屈しなくて、まるで自分がその流れにつれてかされたような心地になった。主人公を演じた子が演技が初めてだったという事はあとから知ったが、それは自分にとって驚きだったし、納得する部分でもあった。きっと、演技の型があればあそこまで揺らぎのある、はっちゃけた演技はできなかったのではないかと思う。出会えてよかった映画だった。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
面白かった只単純に。
主人公の青年の純粋さ人のよさが出ていてほのぼのした。
文科系でおとなしいかと思いきややるときはやる少年の行動にワクワクした。
自分はもう少し後の時代の人間だけれども、自分の高校生の頃と重ねてみる部分があり、懐かしさをそういう部分でも味わえる作品でした。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 キートン砂糖 殿堂入りレビュアー 投稿日 2011/1/25
主演の渡辺大知が思春期の少年の自信のない挙動不審っぷりで神がかり的な演技をみせていた。
かつての自分じゃないか(笑)

家は程々に裕福、酒に酔っ払っても、タバコを吸っても怒らない理解の有り過ぎる両親。
母ちゃんは美人。反抗する余地が無いからこそより悶々としてしまう。
別に勉強を見てもらうことが目的ではなく、一人っ子で学生時代を鬱々と過ごしている息子のために、
お兄ちゃん代わりの家庭教師を提案するシーンはちょっとグッと来たなあ。
おっさんになったからだろうか。

寺の息子という現実に反抗しようとしてヤンキーになる。
しかしこの反抗も学生時代のみであり、現状をいつか受け入れ今は寺を継いでいるのだろう。

隠岐島で若さを必死に謳歌しようとする、そして夏が終わり日常生活に戻るオリーブの姿にも感じ入るものがあった。

あまり注目もされない文化系少年の青春。
ほろ苦さも感じる日本映画の秀作だと思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 DJ TOSHi 投稿日 2010/5/4
新語やブームのパイオニアの彼。
流石はこちらのタイトルも深くてセンスあります。
現在の彼の多岐に渡る才能や発想の豊かさが納得出来る青春群像です。

若いって、青春って素晴らしいと思える作品です。
ユーモアのエッセンスが随所に散りばめられていて笑いが絶えません。
そしてティーンならではの切なさも感じられます。

時代を映す小道具やエピソードが登場してくるので、
彼と同世代の方ならノスタルジーを感じると共にご自身の青春時代に思いを馳せることでしょう。
そうで無い方でも夢のある古き良き時代を感じると思います。
そして時代が変わろうとも男子脳内はさほど変わってないと感じました。

キャスト陣もかなり豪華。皆さん味があって好演されています。
ミュージシャンを多数起用しているのもなかなか観られないと思います。
主役純役の渡辺大知は初々しさがあり非常に役にマッチしてました。
オリーブ役の臼田あさ美さんも色っぽいし、黒い陰り事件を筆頭に果敢にチャレンジ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
いい余韻が味わえます。50代を意識してつくりましたねと
勝手に思いました。広い世代への「うけ」を狙わなかった
ことが味になっています。波乱万丈を予感させる出だしも
終わった見れば、どうしてどうして当時いかにもあった
ような青春話になりました。
ありあまる有名俳優陣が、一瞬だけ登場。
田口監督への敬意、友情でしょうか。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
フォークが加わるとステレオタイプ童貞妄想高校生の青春の舞台は70年代になる
なんやねんな、ちょっと憶えがあることばかりやから、ちょっと笑ろて、ちょっと泣いてもたわ

黒猫、堀ちえみのおかん、岸田繁のヒッピー、いい味出てた
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Rocky Jr. 投稿日 2011/10/30
この映画「色即ぜねれいしょん」で作家と監督は、非行に走るだけが青春じゃない…!と、
メッセージを送っています。そうです、かっこ悪く愚直である事もまた、恥じることのない青春の姿だと。
この映画は青春のかっこ悪さと不器用さもまた、「青春だと」メッセージを伝えています。良い映画でした。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す